せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

カヤネズミの観察会を行いました

先日は御調町の小学生と、
カヤネズミの観察会を行いました。

といっても、例年は晩秋に行っているこの観察会。
今年度は雨天のため延期となってしまい、
観察会の適期は逃がしてしまいましたが、
ぜひカヤネズミのことを知ってほしいので実施しました。

カヤネズミはススキ等の“カヤ”が茂る草地にすむ
日本で一番小さなネズミです。
カヤの生葉を細く裂いて、野球ボールほどの球状の巣を作ります。

草地にすむ動植物の多くが絶滅のおそれのある現在、
カヤネズミの巣の有無を調べることは、
地域の草地・カヤ原の状態を知る手がかりになります。

観察会では、カヤネズミや御調町の哺乳類等について話した後、
以前に確保していたカヤネズミの球巣を観察。
巣の分解もしてみました。


カヤネズミ観察会

この巣は、中からススキの穂・綿毛がたくさん出てきました。
ふわふわで、子育てに活躍した巣でしょうね。

せっかくなので地域も散策。


カヤネズミ観察会

球巣はその年限りで壊れてしまうので、
実際に巣が見られるか不安、というか見られないと思っていましたが、
散策を始めて早々に子どもたちが見つけてくれました。


カヤネズミ観察会

下見時には見つからなかったので、
子どもたちの観察眼×大人数の探索力はやはりスゴいです。
全部で3個の巣を発見し、
この時期でも球巣が残る例のあることが分かりました。

次回はアカガエルの観察会を実施予定です。



広島ブログ
  1. 2014/02/26(水) 19:06:56|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

早春の湿地観察会を行いました

23日(日)には、観察会
早春の湿地観察会~両生類編~」を行いました。

まずは湿地で先日から産んでいる
アカガエルのたまごを観察


アカガエル卵塊

おたまじゃくしの形に少しずつ近づいています。
アカガエルの親は姿が見えるも捕まえられず。
湿地のヒヨセを網ですくってみると、
ツチガエルのおたまじゃくしやクロスジギンヤンマのやご、マツモムシ、
ミズムシのなかま(甲殻類)などが見られました。


観察会

子どもたちも実際にすくって楽しく観察。
水路でもオニヤンマのやごや、カワニナが見られました。


オニヤンマやご他

冬でも水の中に生きものが暮らしていることに驚きです。

がま

ため池に生えるガマの穂。
綿毛を飛ばして遊んでいました。


がま

きれい!
だけど種が飛んでガマが増えすぎないか少し心配です・・・。


クロゲンゴロウほか

下の富栄養湿地のヒヨセでは、
クロゲンゴロウ(オス)やオオコオイムシも発見!

多様な生きものを育む水辺環境の大切さを学びながら、
少しずつも着実に春の訪れを感じた観察会でした。



広島ブログ
  1. 2014/02/24(月) 17:44:43|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新聞記事:世羅台地の希少生物保護

今日の中國新聞に、
世羅台地の希少生物保護についての記事が載っていました。



中國新聞記事


世羅支所の記者さんが今月で転勤ということもあり、
その集大成という意味合いも込めてか、載せて頂きました。
ありがとうございました。

せら夢公園も、記事にある通り、
保全活動の担い手養成の一翼を担えるよう、
これからも前進していきたいと思います。
またみなさんのご支援よろしくお願い致します。



広島ブログ
  1. 2014/02/23(日) 17:52:46|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

せら里山楽校を行いました

22日(土)には、
せら里山楽校が行われました。

1時間目の理科、
カエルのたまごをさがそう!では、
湿地でたまごを産むアカガエルやカスミサンショウウオのお話。
このところの寒さの影響か、この湿地では
まだアカガエルたちの卵塊が見つからず残念でしたが、
湿地と里山をこれから整備していく
目的を知って頂くことができました。

2時間目は、前回の続き、
湿地のわくわく道づくりをしながら、
ノコギリの使い方を実習しました。


里山整備

ノコギリで楽しくギーコギコ。
10cmくらいある太い木を切り倒した子もいました。

3時間目は里山で食べるお弁当。

ジョウビタキものぞきに来てました。


ジョウビタキ

4時間目も湿地のわくわく道づくりの続き。
みなさんのがんばりで、一応
湿地を一周する観察道が開通!!


里山整備

人数が集まれば仕事もはかどります!
次回の里山楽校では、観察がしやすいように
もう少し整備を進めていきたいですね。


湿地

終わりの会前の休憩時間に、スタッフの方が
湿地の水辺で、カスミサンショウウオの卵塊を見つけてくれました!


カスミサンショウウオ卵嚢

かたまりが2つも!
もう産まれていたのですね。
最後にみなさんに見て頂くことができてよかったです。


次回のせら里山楽校は3月22日(土)
ぜひご参加ください。



広島ブログ
  1. 2014/02/23(日) 09:29:03|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セラという名の珪藻

“セラ”という名を持つ珪藻(ケイそう)がいるそうです。
珪藻 E. serra
Eunotia serra (エウノチア・セラ
という学名の珪藻。
serraとはラテン語で「鋸(のこぎり)」という意味、
英語のserrate(のこぎり状の、ぎざぎざの)にあたります。
名前の通り、ギザギザでのこぎりみたいな形に見えますね。

この顕微鏡写真は、昨年11月にせら夢公園に調査に来られた
琵琶湖博物館の大塚泰介氏より頂きました。
せら夢公園の湿地から得たサンプルで見つかったものです。

E.serra は、栄養分の少ない、貧栄養な湿地やため池でよく見つかるそうで、
世羅台地の湿地の特徴と一致しています。

世羅台地の湿地に「セラ」という名前の珪藻がいる。
なんとなくロマンを感じますね。


日本一小さなトンボ、ハッチョウトンボもいる夢公園の湿地ですが、
それよりももっと小さないのち、微生物たちも生態系の一員なんだと、
改めていのちのつながりを想いました。



広島ブログ
  1. 2014/02/21(金) 09:33:05|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たまご産んでます

先日の雪がまだ残る夢公園

トンボ池

19日から、二十四節季の
“雨水”に入り、今日はだいぶ温かです。

湿地では、アカガエルたちが
たまごを産み始めているようです。


卵塊

ヤマアカガエルの卵塊でしょうか。

卵塊

こちらは4卵塊、
かたまりになって産んでいます。


卵塊

自然観察園の湿地に産んでいるアカガエル類の卵塊数、
今日のカウントでは計61卵塊となりました。
3日の初確認からすれば、大雪の影響もあってか
ややスローペースかもしれません。

この土日にはアカガエルのたまごの観察もあります。

これからが楽しみですね。



広島ブログ
  1. 2014/02/20(木) 17:45:31|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

里山整備体験を行いました

今日は「せら夢公園サポーターズクラブ」で
里山整備体験を行いました。

トンボ池横の
里山の散策道の入り口付近を整備


里山整備

雪などで倒れかかっていたソヨゴなどを切り倒しました。
倒した木は参加会員さんの薪ストーブに有効活用
有機物をトンボ池の水系外へ持ち出すことにも寄与し、
一石二鳥です。


里山整備

モウソウチクも1mほど下を残して伐倒しました。
2011年度よりこのやり方で竹の整理を始めて、2012年度
今年度と、タケの勢いがそがれているのを感じます。


里山整備

まだ残っているモウソウチクがあるので、
この春までにもう少し切っておきたいですね。

散策道
<作業前>

里山整備


<作業後>
里山整備

作業前よりだいぶ明るくなりました。

県民みんなで守り育てる自然観察園の里山

またこの春もいろいろな草花・生きものが見られるといいですね。



広島ブログ
  1. 2014/02/16(日) 12:39:14|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイエンスカフェみつぎ6が行われます

2月16日(日)の午後、
サイエンスカフェみつぎ6 ~御調の冬鳥~
が行われます。


サイエンスカフェみつぎ


今年最初のサイエンスカフェみつぎは、フィールドにて開催。
御調町の歴史民俗資料館を起点に
御調川で冬鳥を主に観察します。


●日時:2014年2月16日(日)13時~15時
●会場:御調町歴史民俗資料館と近くの御調川周辺
 ※駐車場は資料館の近くにある河内公民館北側いきいきロード駐車場をご利用下さい。
●参加費:大人=300円/子供=200円
 ※お茶とお菓子代(資料館でお出しします)
●準備物:双眼鏡、望遠鏡など
 ※お持ちでない場合は貸し出しもあります。
●講師:原 竜也さん 他(世羅・御調の自然史研究会)
●主催:世羅・御調の自然史研究会
●共催:みつぎさいこう実行委員会
●お申込み・お問い合せ:0848-36-5866(まるみデパート)まで


カモ類や運が良ければミサゴに遭遇できるかもしれません。

せら夢公園も双眼鏡の貸出等で協力しています。

ぜひご参加ください。




広島ブログ
  1. 2014/02/13(木) 09:09:09|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テン

センサーカメラ
テンが写っていました!


テン


1匹でもテン!


テン


ふさふさとした尻尾が特徴的な
後ろ姿です。

昨年6月には、夢公園近くの農家さんで
テンの子どもを見る機会がありました。


タヌキ

元気に巣立ってくれたでしょうか?


広島ブログ
  1. 2014/02/10(月) 12:32:35|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄その3

先日の沖縄
最後は、首里城にて

きれいな青の
イソヒヨドリ (オス)

イソヒヨドリ

せら夢公園でもよく見かける
シロハラ

シロハラ

沖縄にも冬鳥として渡ってきているようです。

ヒヨドリ
亜種のリュウキュウヒヨドリでしょうか。

ヒヨドリ


これは世羅では見たことない鳥

シロガシラ

シロガシラ (白頭)という
見た目通りの名前、ヒヨドリ科の鳥。
沖縄県の八重山諸島には自然分布していたそうですが、
近年、沖縄本島でも増えているらしく、
日本の侵略的外来種ワースト100にも選定されていました。
島ごとに固有種のいる沖縄では、
在来種との競合のほか、農作物被害の問題があるそうです。

これも初めて見た鳥


バリケン

バリケンという名前の
南米原産のカモ科の家禽だそうです。
近づいても逃げずに堂々と日向ぼっこしているのもいました。
飼育していたのが逃げ出して広がっているようです。

私用で訪れた沖縄で、
ディープに生きものと接した旅ではありませんでしたが、
それでも、いつもと違った場所で
生きもののおもしろさを感じ、また
少し違った角度から世羅台地の自然を考える機会にもなりました。

またいろいろな地域を訪れてみたいと思います。



広島ブログ
  1. 2014/02/05(水) 18:19:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄その2

先日行った沖縄のつづき。

豊かな自然や生きものを観光PRしている沖縄。
宿泊したホテルの部屋においてある冊子にも、
天然記念物やロードキル(生きものの交通事故)についての
注意喚起がちゃんとありました。


しおり

実際に、やんばるの道を走ってみても、
ヤンバルクイナ注意の道路標識や、減速させるデコボコ、
道路の側溝にも、落ち込んだ生きものが這い上がれるような工夫が
随所に見られます。


側溝の工夫

やんばるの道でよく見かけたのが
ジャコウアゲハ


ジャコウアゲハ

ロードキルなのか、単に力尽きただけなのかは不明。
沖縄では身近なチョウのようです。
世羅でも、ジャコウアゲハの食草
ウマノスズクサが見られます。

サトウキビの収穫風景


サトウキビ収穫

収穫機の通った後にサギ類が群がるようすは、
世羅でも見られる稲刈りの風景を思わせました。
サギたちは、驚いて出てくる虫たちを狙っているのでしょうね。

歴史探訪、今帰仁城では、日本一早く咲く桜
カンヒザクラが満開


メジロ

花の蜜が大好きなメジロもたくさんいました。
沖縄には亜種リュウキュウメジロがいるそうです。

こちらのハシブトガラスも、沖縄なので、
亜種リュウキュウハシブトガラスかもしれません。
世羅にいるのよりやや小ぶりに思われました。


ハシブトガラス

おなじみな鳥も多かったです。
キセキレイ


キセキレイ

沖縄本島の北端で見た
ミサゴ


ミサゴ

スズメ

スズメ

ジョウビタキのオス

ジョウビタキ

沖縄にも冬鳥として渡ってくるのでしょうね。


南北長い日本。
南の沖縄の自然は、もちろん世羅とは違いましたが、
似ているところもありました。
異なるところ同じところがあって多様性。

当たり前の生きものにも
改めて地球規模の物語を感じました。




広島ブログ
  1. 2014/02/05(水) 12:35:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

沖縄でサシバ!

電柱にとまる
サシバ


サシバ

先日、私用で訪れた沖縄(本島)で見かけました。

サシバ

世羅台地にも夏鳥として渡来、繁殖している
サシバ
冬季には沖縄で過ごしていたのですね。
元気に鳴いていました。
春になったらまた世羅にも来てね。

ツバメもちらほら飛んでいた1月の沖縄

渡りをする鳥たちのことを考えるには、
もっと広い、地球規模の視点もないと、と
改めて感じました。




広島ブログ
  1. 2014/02/04(火) 18:11:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アカガエル産卵!

昨日はぽかぽか陽気、
今朝は雨後の霧が濃い夢公園


湿地

自然観察園では、昨日、
ヤマアカガエルの鳴き声が聞こえてきていたので
行ってみると・・・


アカガエル卵塊

ありました!
アカガエルのたまご(卵塊)です!!


アカガエル卵塊

ゼリーの粒立ちがはっきりしていますが、
産みたてのようなので、
ヤマアカガエルのかもしれません。

数えてみると、貧栄養湿地エリアに
13個!
例年、産み始めの時は2・3個ぐらいしかなかったのですが、
今年は温かい日が続いたためか、幾分多いような気がします。

産み始めの時期は、昨年は2月2日なので、
例年並みでしょうか。

立春も過ぎ、これからひと雨ごとに温かくなっていきますね。

今年はどのくらい出てくるか、
楽しみです。




広島ブログ
  1. 2014/02/03(月) 10:45:55|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

受賞!

世羅町黒渕の「黒渕農地と水を守る会」さんが、
平成25年度 農地・水保全管理対策
中国四国農政局長最優秀賞を受賞しました!



中國新聞記事


せら夢公園も、稲刈り体験での生きもの調査
希少動植物の保全活動等、連携して取り組んでおり、
とても嬉しく思います。

世羅台地では、それぞれの活動団体がゆるやかなつながりの中で、
お互いに連携しながら取り組みを続けているのが特徴です。
今後も、より良い取り組みとなるよう、
せら夢公園としてもがんばっていきたいですね。



広島ブログ
  1. 2014/02/02(日) 17:50:19|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月のイベント

昨日は旧正月。
今日から2月。
気温も温かく春めいてきましたね。

2月のイベントのお知らせです。

22日(土)には、
せら里山学校が行われます。


せら里山楽校ちらし


23日(日)は、
早春の湿地観察会 ~両生類編~


観察会ちらし


ぜひご参加ください。


これからひと雨ごとに春が近づき、
アカガエルたちが水辺で産卵をしていくはずです。
温かい春が待ち遠しいですね。


風二月顔よごれきる塞の神 (原 裕)



広島ブログ
  1. 2014/02/01(土) 18:03:32|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0