せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ソヨゴ

ソヨゴ

ソヨゴ

ソヨゴ


青い空にソヨゴの赤い実がきれいです。


広島ブログ
スポンサーサイト
  1. 2013/11/30(土) 17:52:44|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カヤネズミの巣

昨日は雪もちらつき、
本格的な冬が訪れようとしています。
この時季、自然観察園をはじめ、
世羅台地の自然再生の現場も草刈りなどで大いそがし。

草刈り中に見つかると嬉しいものの1つが
これ


カヤネズミの巣

カヤネズミの巣です。
よくもこんなにきれいにつくるなと感心。
自然の芸術です。

昨年行った観察会では、12月中ごろでも
まだ中に子どもがいた巣もありました。

ススキなどのカヤが生える里山の草地が
カヤネズミが生きていくのに欠かせません。
里山の草地を見直すきっかけにできればいいですね。



広島ブログ
  1. 2013/11/29(金) 19:02:46|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然再生講習会 2日目

11月5日(火)は、
日本生態学会 第6回 自然再生講習会」の2日目、
“地域の生物多様性のこだわり巡り”を行いました。

最初は、尾道市御調町の“源五郎稲作の里山”
地元の方に源五郎米の取り組みの経緯についてお話頂きました。
防火水槽に仕掛けていたトラップを引き上げると、
クロゲンゴロウ、ガムシ、ツチガエルがたくさん!
この地域のすばらしさの一端を実感してもらうことができました。


源五郎米の里


続いては、世羅町小谷の“ビオターニ
前夜の“ダルマガエル・ナイト”に続いて、
ダルマガエルの移植保護の話題を中心にお話頂きました。


小谷

“ビオターニ”近くの川は、
八田原ダムにともなう改変工事を
生きものに配慮した工法でしています。


小谷

こちらも先進事例とのことです。

小谷


午前の最後は、世羅町田打地区の“ビオトーチ

田打

こつこつと無理なくゆっくりと続いてきた
ステキな取り組みに、みなさん楽しまれていたようでした。

移動して、せらワイナリーでの昼食後は、
「生態学的リテラシーに沿ったこだわり方とは?」と題して、
BEANS BEEの奥宮さんをコーディネイターに、
生態系ゲームを交えたワークショップ


エコロジカル・シンキング

奥宮さんが開発した環境学習ゲーム
「エコロジカル・シンキング」を体験しました。


エコロジカル・シンキング

プレイヤーがそれぞれの生きもの、
シロツメクサやオギ、コバネイナゴ、ヤマトシジミ(蝶)、モズ、ダルマガエル
の役になって行う
生態系シュミレーション型ボードゲーム


エコロジカル・シンキング

ゲームをしながら、共生やすみわけといった生態系の仕組みを
楽しみながら学べます。
ぜひまたせら夢公園のイベントでも実施してみたいゲームです。


エコロジカル・シンキング

管理人自作の生きもの帽子パラタク帽”も登場して、
みなさんにコラボで楽しんで頂けました。


エコロジカル・シンキング


この後、自然観察園にもご案内し、
湿地再生や希少動植物保護の取り組み
みなさんにも見て頂くことができました。

タイトなスケジュールでしたが、
充実した内容となった自然再生講習会。
多くのみなさんにご協力を頂いて、無事に終了することができました。
本当にありがとうございます。
今後も、この講習会の成果を活かしながら、
進めていければと思います。

ブログへのアップ、遅くなりましたが、
みなさま、お疲れさまでした。
ありがとうございました。



広島ブログ
  1. 2013/11/28(木) 18:13:36|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然再生講習会

11月4日(月祝)には、
日本生態学会 第6回 自然再生講習会
が行われました。

詳細が決まるにつれて修正をかけてきた
ちらしの最終版はこちら

自然再生講習会ちらし

自然再生講習会ちらし

世羅町で働いていたこともある管理人の友人に作成してもらったちらし。
何度も修正をお願いして、忙しいところを応えてもらいましたが、
おかげさまで、ちらしも好評を得ることができました。
ありがとうございます。

講習会の会場は、
世羅町甲山自治センターの大集会室。


自然再生講習会

久しぶりにJAの「世羅高原のこだわり米ガイド」「稲麦大豆2年3作ごよみ」や
ヒョウモンモドキ保護の会のパネルなどが一同に並びました。

講習会では、
世羅台地の生物多様性やそれを守る取り組み、
源五郎米などのブランド米の展開、
多様な生きもの、多様な主体をつなぐ場としてのせら夢公園の取り組み、等
世羅台地の事例を紹介。
世界農業遺産(GIAHS)の現場からは、
能登での生きものブランドの取り組み、
静岡の銘茶と“茶草場”の生態系ブランド
の事例をご紹介頂きました。


自然再生講習会

全体討論も白熱。
これからは企業との協働が大切
価値付けのアイディア、ストーリー性が大事
なりわいと環境をセットで考える
生きものブランドの寿命はどれくらい?
などなど。
“生きものブランド”について、
これまでの取り組みや今後の方向性について、
多様な方々がいる中で、一つ整理する
よい機会となったのではないかと思います。

今回も、多くの方々にご協力を頂いて、
何とか無事に終えることが出来ました。
みなさま、ありがとうございました。

講習会のようすは中國新聞でも取り上げて頂きました。


中國新聞記事
講習会の後は、あわただしくも
みなさんお楽しみの
“ダルマガエル・ナイト”!


ダルマガエル・ナイト

せらワイナリーレストランのディナーを楽しみながら、
ダルマガエルの話に花を咲かせ、
交流を深めることができました。

こちらも、みなさんのご協力で
無事終了できました。
本当にありがとうございました。



広島ブログ
  1. 2013/11/27(水) 16:18:17|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒョウモンモドキ記事

今朝の中國新聞に
ヒョウモンモドキの記事が載っていましたので、
スキャンを貼り付けておきます。


中國新聞記事

これからが正念場。
まだまだ手が足りていない状況です。
ぜひみなさんのご参加ご協力を
よろしくお願い致します。



広島ブログ
  1. 2013/11/26(火) 17:22:38|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイエンスカフェみつぎ5

先日、11月3日には、
サイエンスカフェみつぎ 5』が行われました。


サイエンスカフェみつぎ

数年前に、世羅町・御調町をはじめ広島県の中山間地で
キキョウの分布調査をされた方からの話題提供


サイエンスカフェみつぎ

「1970年に比べ耕地が残ってるほど、
 また区画整理面積が少ないほど、
 キキョウが残存する確立が高い」
「集落の農業衰退の進行や区画整理事業による
 キキョウへの影響が示唆された」等、
里山の植物の代表格であるキキョウと農業との関わりについて、
改めて学ぶ機会となりました。

単に草刈りといっても、それぞれのケースでテクニックというか、
そこにしかない技能があり、それがその土地の生物多様性を
育んできたのだと思います。
今後、それらをどう引き継いでいけるのか、引き継いでいくのか、
議論に上げることも、私たちの役割ではないかと思いました。

そんな時、またこの研究は大きな足がかりとして
ますます重要になってくるのではないでしょうか。


さて、会場の「まるみデパート」さんの“まるみ”ですが、
旧御調町の町章の愛称だということを知りました。


サイエンスカフェみつぎ

サイエンスカフェみつぎの取り組みも
地元に根ざした活動になっていければいいですね。


桔梗の空のひろがる信濃なり (阿部誠文)



広島ブログ
  1. 2013/11/13(水) 17:47:01|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コウノトリの記事

先日の中國新聞の記事

中國新聞記事
先月何度か紙面をにぎわせた
コウノトリについて、まとめた記事が出ていました。
昨年はお隣の御調町でも目撃されていましたね。

世羅台地にもやって来るかもしれません。
今後もやさしく見守っていきたいですね。



広島ブログ
  1. 2013/11/12(火) 18:33:41|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒いけど“秋の虫たんけん”

今日は地元の小学生が“秋の虫たんけん”に来てくれました。
秋の台風や長雨で延び延びになってしまい、
立冬も過ぎ、お天気も曇りで寒く、少しかわいそう。
お天気なら、小春日和で気持ちよかっただろうにね。

けれども、こんな日だからこそ、
生きものたちもちゃんと生きているんだよってところを
見てもらわないといけません。

自然観察園に入ると早速
鳥の声


ホオジロ

ホオジロがお出迎えをしてくれました。

センブリやナツハゼ、ススキにキクバヤマボクチ
秋の植物を手で舌で楽しんで。

ハギの先っぽに、種とは違うなにかが!


ほうねんだわら

“ほうねんだわら(豊年俵)”と呼ばれてるもの。
ヒメバチという小さな寄生蜂のなかまの繭だそうです。
小さくともかわいい自然の芸術。

秋の虫たんけんの楽しみ
バッタさんもまだまだいました。


ショウリョウバッタ

大きなショウリョウバッタです。
寒かったからか動きもゆっくり。
草原をよ~く探せば見つかりますよ。

冬でも楽しめる昆虫観察は
水の中


オニヤンマ

大きいのと小さいの、どちらも
オニヤンマのヤゴです。


観察会

オニヤンマのヤゴ、たくさん見つけていました。

少し寒かったけど、晩秋・初冬の
秋の虫たんけん
自然の中で楽しんで笑顔で学ぶ子どもたちは良かったです。



広島ブログ
  1. 2013/11/11(月) 18:28:14|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほしぞら観察会を行いました

昨夜はほしぞら観察会。

お天気も心配されましたが、
なんとか晴れ間に恵まれました。


ほしぞら観察会

講師陣に広島天文協会の方々を迎えての観察会。
望遠鏡や双眼鏡を準備して頂き、
月や星の姿も楽しむことが出来ました。


ほしぞら観察会

空には夕月。
一番星に輝いたのは、宵の明星
金星


ほしぞら観察会

望遠鏡をのぞくと、半月状に光る姿を見ることが出来ました。

夜空を横切る人工衛星も見えました。


ほしぞら観察会

後半には雲が出てきましたが、
流れる雲間に見える星が動いて見えたりと、
天文のおもしろさを十二分に感じた観察会となりました。

<この日、観察した主な天体や星座>


金星(宵の明星)
夏の大三角(アルタイル、ベガ、デネブ)
アルビレオ・はくちょう座
北極星・こぐま座
カペラ(ぎょしゃ座)
カシオペア座
アンドロメダ座・アンドロメダ銀河
ペガスス座・秋の四辺形
すばる
フォーマルハウト(みなみのうお座)


ほしぞらを皆でながめながら、
神話や星々の世界に思いを馳せる
ステキな時間
ありがとうございました。


凍星(いてぼし)も星座を組めば煌(かがや)けり (野澤節子)



広島ブログ
  1. 2013/11/10(日) 11:33:17|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤とんぼを探そう!2013

木曜日には、御調町の小学生と一緒に赤とんぼ調査の観察会を行いました。

お天気が心配でしたが、
今年も、例年通り行うことが出来ました。

地元、御調町の自然再生の取り組み紹介や
赤とんぼのお話をした後、
みんなで赤とんぼを捕まえました。


赤とんぼ観察

今年は雨や寒さもあって、しかも
当日は立冬と、
赤とんぼが捕れるかどうか心配でしたが、
そんな不安もなんのその!
よいお天気となり、
5年生児童43人で約30分間、
80匹もの赤とんぼを捕まえることが出来ました!
過去最高記録!
おまけにオオアオイトトンボ4匹も捕まえていました。

今年もこの地域では赤とんぼが出ていて、
とりあえず良かったと思います。

さて、チャック袋に捕まえた赤とんぼたちを持ち帰って
赤とんぼの分類にチャレンジ!
秘密兵器の“アカネちゃん”が大活躍です!

今回は
(1)羽のもようがある
  (2)胸のもようの長さ
     長い→ノシメトンボ
     短い→リスアカネ
(1)羽のもようがない
  (2)胸のもようの線のちがい
       →ナツアカネ
       →アキアカネ  
  (2)胸のもようの線がはっきりしない
       →マユタテアカネ、ヒメアカネ
といった感じで、分類をすすめていきました。

小学生には難しいチャレンジだったとは思いますが、
オスメスの違いも含め、
分かる子も10人ほどはいて、
実践して、より赤とんぼについての
理解を深めてくれたのではないでしょうか。

自分でトンボの図鑑を持参してきた子もいて、
大変心強く思いました。

ちなみに、捕れたトンボ84匹の内訳は、
ナツアカネ:オス27匹、メス11匹
ノシメトンボ:オス15匹、メス9匹
アキアカネ:オス5匹、メス3匹
リスアカネ:オス8匹
マユタテアカネ:オス1匹
ヒメアカネ:メス1匹
オオアオイトトンボ:オス2匹、メス2匹
でした。


昆虫館音なく冬に入らんとす (橋本鶏二)



広島ブログ
  1. 2013/11/09(土) 16:03:50|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

返り花

キシツツジの花

キシツツジ


普通は5月頃に花が見られます。
季節はずれに花が咲く、返り花です。


返り花蝶蜂を呼ぶ賢治の碑 (津田清子)



広島ブログ
  1. 2013/11/02(土) 18:23:09|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月のイベント

今日から11月。
周りの里山もいよいよ秋色が深まってきていますね。

今月の観察会やイベントのご案内です。

3日(日)は、定例観察会
「自然観察園ウオーキング」

ちらし


3日(日)夕方18:30からは
サイエンスカフェみつぎ 5』

サイエンスカフェみつぎ

今回は、キキョウや秋の七草のお話です。
お楽しみに。

4日(月)・5日(火)は、日本生態学会 主催の
自然再生講習会

自然再生講習会チラシ

自然再生講習会チラシ


2日(土)~4日(日)には、
「ヌーヴォーまつり」も行われています。

ヌーヴォーまつりチラシ


9日(土)夕方17:00からは
ほしぞら観察会

ほしぞら観察会ちらし


11月24日(日)は、
湿地の守人(もりびと)養成講座

湿地の守人養成講座ちらし

湿地の守人養成講座ちらし

第4回のテーマは
~保全計画を立てよう~です。


ぜひご参加ください。



あをあをと十一月の蓬かな (山口いさを)



広島ブログ
  1. 2013/11/01(金) 07:27:41|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。