せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

ふれあい田んぼ教室

昨日は黒川地区で行われた
ふれあい田んぼ教室へ行ってきました。


稲刈り体験

赤トンボも飛んでいました。

こちらは
ナツアカネのメス

ナツアカネ

アカマツの日陰で休んでいたのは
ノシメトンボのオス

ノシメトンボ

捕まえたノシメトンボのメスからは
たまごがぽろぽろ出てきました。

ノシメトンボたまご

トノサマガエルをかごいっぱい捕まえて
得意気な子が何人も。

トノサマガエル

みんな楽しそう!

小さなカナヘビの子は
今年たまごから孵ったばかりのサイズ

カナヘビ

田んぼ脇の小さな水路“ヒヨセ”には
メダカがたくさん

メダカ

ガムシもいました。
ガムシ

ミズカマキリもいて良かった。
ミズカマキリ

タイコウチが出てこなかったのが少し残念。
今後の観察会でも注目です。

<この日見られた生きものたち>
ナツアカネ、ノシメトンボ、マユタテアカネ、オニヤンマ、オオアオイトトンボ、
ガムシ、ミズカマキリ、オオコオイムシ、
オオカマキリ、ハラビロカマキリ、コカマキリ、
ショウリョウバッタ、ツチイナゴ、ハネナガイナゴ、ツユムシ類、コオロギ類、
トノサマガエル、ヌマガエル、ニホンアカガエル、ニホンアマガエル、
メダカ、イモリ、カナヘビ



広島ブログ
  1. 2013/09/30(月) 12:48:32|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クヌギハマルタマフシ

昨日は福山市新市町の方に、
テレビ撮影の対応ということで行ってきました。


クヌギハマルタマフチ

クヌギ(アベマキかも?)の葉についている
丸い虫こぶ
「クヌギハマルタマフシ」がテーマ


撮影

たくさん付いてたのがあったそうですが、
草刈りされたらしく、撮影時には少なくなってました。

近くには
クロヒカゲ

クロヒカゲ

クヌギハマルタマバチという
タマバチのなかまがつくる虫こぶ。
中に幼虫、さなぎがいるはずです。


クヌギハマルタマフシ

地域の人たちの記念撮影。
虫こぶをこんなにまじまじと見る機会も少ないかもしれません。


虫こぶ

テレビ撮影のことや、分かりやすく伝えるということ。
いろいろと勉強になりました。

虫こぶの世界、奥深い!



広島ブログ
  1. 2013/09/29(日) 10:24:15|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうすぐ『せら・里山笑コフェスタ』

今年も、
『せら・里山笑コフェスタin夢公園』が
10月6日(日)に行われます。

笑コフェスタちらし

笑コフェスタちらし

当日は、世羅町役場周辺でも、
「せらマルシェ」「食育フェスタ」が行われています。


ちらし

イベントめじろ押しの世羅台地。
役場―夢公園 間で送迎バスも運行されるようです。


ちらし


昨年も大いに盛り上がった
せら・里山笑コフェスタ

世羅台地の秋をお楽しみください!



広島ブログ
  1. 2013/09/26(木) 06:17:02|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋のビオトーチ

先日の田打地区での農業体験
あの後、参加者と一緒に久しぶりのビオトーチを楽しみました。


ビオトーチ

相変わらずメダカとガムシの多い
ビオトーチのメダカ池。
ただ、地元の方が、
今年はタイコウチとミズカマキリをほとんど見ない
と嘆いていたのが気になります。
タイコウチは今後も要注目!

ヒヨセにはたくさんの
キクモ

キクモ

ヒシがいっぱいのため池には
ミズオオバコの花が!

ミズオオバコ花

小鳥の森エリアの水辺では
オニヤンマの産卵に出くわしました。

オニヤンマ

三つ巴となって大空を舞う
アゲハ蝶

アゲハ類

ツマグロヒョウモン
ツマグロヒョウモン

この日はゆったりと散策。
やっぱりいいところ。

“こつこつ無理せずビオトーチ”です。



広島ブログ
  1. 2013/09/25(水) 12:40:51|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コアシダカグモ

観察園の管理棟にいた大きなクモ

コアシダカグモ

家によくいるアシダカグモかと思っていましたら、それとは別種の
「コアシダカグモ」というクモだそうです。
頭胸部のもようや、お腹の黄色い斑点などが違っています。
主に樹林内等にすんでいるようです。


ワイナリーの方には、
オオヒカゲもいました。


オオヒカゲ

周りの自然も豊かなワイナリーです。


広島ブログ
  1. 2013/09/24(火) 21:36:44|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気孔

先日は、地域の中学校で理科の授業に参加してきました。
植物の気孔の観察

教科書では、
“気孔は植物の葉の裏に多い”と習うようですが、
世羅台地のため池で見られるような
水生植物(浮葉植物・浮葉)ではどうか?というテーマ。

プレパラートづくりに苦戦しながら
顕微鏡で観察。

マルバオモダカ、浮葉の

倍率は忘れました・・・
マルバオモダカ葉表の気孔

気孔がたくさん観察できました。

マルバオモダカ、浮葉の

上のと同倍率
マルバオモダカ葉裏

気孔は観察できず。
表面のようすも表側とは違うようです。

陸上植物もツユクサやセイタカアワダチソウで
気孔を観察。


水草授業

水生植物の浮葉では、陸上植物と異なり
葉の表側に気孔が多い
となりました。

予想の段階では、
中学1年生の多様な考え・発想に楽しませてもらいましたが、
実際に自分で観察・確かめてみることが一番大切です。

身近な自然だからこそ、
ドキドキワクワクの世界が待っています。



広島ブログ
  1. 2013/09/23(月) 22:10:23|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイエンスカフェみつぎvol.2

土曜日の夜には
『 サイエンスカフェみつぎ vol.2 』
が行われました。


サイエンスカフェみつぎ

今回で3回目となるサイエンスカフェみつぎ
この日は“農薬”や“特別栽培米”といったキーワードで
「かたよらず」「やさしく」「まじめに」濃いトーク。


サイエンスカフェみつぎ

管理人も、パラタク帽シリーズの赤とんぼ帽子をかぶって、
赤とんぼの話をさせて頂きました。

このような機会を他にも広げ増やしていきたいですね。

次回は10月26日(土)、講師に
生きものに配慮した農業に取り組む地域の方をお招きして、
里山の生きものたちの世界に迫ってみたいと思います。

お楽しみに!



広島ブログ
  1. 2013/09/23(月) 10:59:50|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

農業体験で生きもの観察

昨日は世羅台地2ヶ所で稲刈り農業体験

農業体験

生きもの観察も行いました。

生きもの観察

黒渕地区では、
田んぼ横の川・水路の生きもの観察

ドジョウ

ドジョウ

カワムツ
カワムツ

メダカ
メダカ

スジエビ
スジエビ

他に、
コオニヤンマのヤゴ、カワニナ、トビケラの幼虫などが見られました。

地域の方から、
戦時中に子どもたちが農作業の手伝いに出ていたこと、
“やごつかみ(魚採り)”のこと
などの話が聞けたのも良かったです。


田打地区では、
地元の方が、近くの川やビオトープから採ってきた生きものたちの
タッチプール

タッチプール

ヒメゲンゴロウもいました。
ヒメゲンゴロウ

他にも、
クサガメ、イモリ、トノサマガエル、ツチガエル、
メダカ、カワムツ、ドジョウ、ドンコ、
ガムシ、コシマゲンゴロウ、ミズカマキリ、
オオタニシ、カワニナ、
ヒシ、ヤナギスブタ
生きものたくさん!

秋の草花もステキに飾られていました。


草花

ハギ、ススキ、ワレモコウ、ツリガネニンジン、
サワヒヨドリ、クリ、チカラシバ、ヒガンバナ

世羅台地の多様な魅力を感じてもらえたら嬉しいです。



広島ブログ
  1. 2013/09/22(日) 10:48:38|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川の生きもの観察

昨日はおとなり御調町で、子どもたちと
御調川の生きもの観察を行いました。
7月末に行った田んぼと水路の生きもの観察の続き。
御調町の水辺の生きものたちを観察します。


生きもの観察

やや水量が多いようにも見れましたが、
子どもたちは元気いっぱい
川での活動をがんばりました。

見つかった生きものたちを一部ご紹介。

オイカワ

オイカワ

ドンコ
ドンコ

ヨシノボリのなかま
ヨシノボリ類

ヌマエビのなかまも。
カワニナや
外来種のタイワンシジミなどの貝類もいました。

外来種では他にも
アメリカザリガニが

アメリカザリガニ

外来の水生植物、オオカナダモもたくさんありました。
外来生物をこれ以上広げないよう注意喚起です。

続いて昆虫類
クロスジギンヤンマのヤゴ

クロスジギンヤンマ

砂粒などで石のあいだに巣を作る
トビケラのなかま(右)や
カワゲラのなかま(左)

水生生物

同じく
カワゲラのなかま(左)に
カゲロウのなかま(右)など

水生生物

水生生物もたくさん見ることができました。
こうした小さな生きものたちが、魚のエサになるなどして
川の生態系を支えています。

帰りに川にいた
コサギやカモ類たちも。

コサギほか

いたるところ美しく
ヒガンバナが咲いていた御調川


ヒガンバナ

眺めるだけの存在でなく、
より自分たちの身近な存在に川を感じてもらえる
きっかけになれたらと思います。


空澄めば飛んで来て咲くよ曼珠沙華 (及川 貞)



広島ブログ
  1. 2013/09/21(土) 10:10:55|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アレチヌスビトハギ

山ぎわにきれいなピンク色の花を咲かす
アレチヌスビトハギ


アレチヌスビトハギ

花はきれいですが、
実は厄介者
気づかずにそばを通ると、
服にたくさんひっつかれてしまいます。


アレチヌスビトハギ

手を伸ばして待ち構えているようです。

北アメリカ原産の外来種。
誰もが種の運び屋になってしまう可能性があり、
駆除も厄介な植物です。


草は実に旅の一日を雄物川 (目黒十一)



広島ブログ
  1. 2013/09/17(火) 06:42:02|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クルマバッタ

管理センター近くにいた
クルマバッタ


クルマバッタ

赤と黒のまだらもようのは初めて見ました!
周りのブロックの色にまぎれているのでしょうか。

それにしても・・・
こんな感じのマスクをしたヒーローいませんでしたっけ?


クルマバッタ

クルマバッタの名前
翅に半円、車輪もようのあることが由来です。


クルマバッタ



はたはたのとべるや渚までとほし (岡田貞峰)


広島ブログ
  1. 2013/09/16(月) 22:27:51|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の湿地観察ウオーキングを行いました。

昨日は観察会
「秋の湿地観察ウオーキング」を行いました。

朝の雨もなんとか上がり、台風接近による風も涼しく感じます。

公園植栽の
こぶし

こぶし

こぶこぶの赤い実が目立っています。
中を割ってみると、かすかに熱帯のフルーツのような甘い香り。
来春の花芽ももう準備できています。

トンボ池も秋の景色


トンボ池

ススキの穂、秋の七草で言えば
尾花が開いてきました。
今週には十五夜ですね。

湿地では、
ハッチョウトンボも見られました。


ハッチョウトンボ

だいぶ遅くまで残っています。
サギソウの果実もだいぶ熟していました。

水溜りには羽化したばかりの
オオコオイムシ


オオコオイムシ

白くやわから
体がまだ固まっていません。
これから冬に備えていくのでしょうね。

整備して6度目の秋を迎えた貧栄養湿地


ホシクサ類

ホシクサのなかまもかなり増えて、
当初目標にしていた姿に近づいてきています。


ホシクサ類

漆黒の夜空にうかぶ天の川で、
あまたの小さな星々が輝いているように
みどりの湿地の中で、
ホシクサの白く小さな花が一面に咲いているようすは
感慨深いものがあります。

他にも、サワギキョウなども増えて見ごたえ出てきました。

ため池の
オグラコウホネもいい感じ。


オグラコウホネ

ミズオオバコアサザマルバオモダカクログワイなど
水草たちの織り成す色の世界もまたステキです。


ため池

秋の里山
雨が多く涼しい今年は
キノコたちも活き活きしています。

こちらはホウキタケのなかまでしょうか?


きのこ

来月19日(土)は「きのこ観察会」、
今年はどうなるのか、また楽しみです。

秋の七草の1つ
クズの花


クズ

先週は上の写真のようにきれいな花が見れましたが、
当日は下の写真のように、ほとんど実になっていました。


クズ

場所によってはまだ咲いていましたが、
クズの生長の早さを感じます。

こちらの実はまた充分に
秋を楽しませてくれますね。


クリ

公園の植栽
大きなクリの実です!

いろいろな秋の自然を楽しんだ観察会になりました。


寺掃けば日に日にふかし秋の声 (中川宋淵)



広島ブログ
  1. 2013/09/16(月) 12:11:19|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メスグロヒョウモン

里山の散策道を歩いていると
ひらひらと大きなチョウが


メスグロヒョウモン

メスグロヒョウモン
のメスでした。
名前の通り、メスが黒っぽくなるチョウ。
オスはちゃんとしたヒョウ柄のチョウのようです。


メスグロヒョウモン

ひらひらと小刻みにはばたきながら、
樹のまわりをなめるように飛んで、
産卵場所を探しているのでしょうか。


メスグロヒョウモン

木の葉の裏にとまりました。

幼虫はスミレ類を食べるそうですが、
卵は、そうした食草が近くにありそうな里山の
木の幹に産みつけるそうです。



広島ブログ
  1. 2013/09/15(日) 06:38:24|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダルマガエル記事

今日は愛媛県の大三島からの団体が
自然観察園の見学に来て頂きました。

大三島にいるとされている
ダルマガエルを再発見しようとがんばっておられます。
世羅のダルマガエルの取り組みを参考にと
昨年も来て頂きました。

大三島、愛媛県は海をはさんでお隣さん。
これからもゆるやかな交流・連携が続いていくといいですね。

先日の中國新聞に
ダルマガエル保護の取り組みの記事が載っていましたので、
スキャンを貼り付けておきたいと思います。



中國新聞記事



広島ブログ
  1. 2013/09/14(土) 15:40:02|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマトシジミ

ひらひらと舞う
青紫色のチョウ

ヤマトシジミ


ヤマトシジミ

とまる時は翅を閉じている時が多いので、
きれいさをブログでお伝えできないのが残念。

ヤマトシジミの幼虫はカタバミを食草としているそうです。


同じく青紫色のチョウ
こちらは
ルリシジミ


ルリシジミ

秋の七草の1つ
ハギの花で吸蜜中。
幼虫もハギを食草の1つとして利用しているそうです。



広島ブログ
  1. 2013/09/11(水) 12:49:18|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キリギリス

草刈り作業中に見つけた昆虫

キリギリス

キリギリス

キリギリス

おしりに立派な産卵管の無い
この子はオス


キリギリス

キリギリスは本州に
「ニシキリギリス」と「ヒガシキリギリス」の2種いるそうです。
前ばねに黒斑の無いこの子は
ニシキリギリスでしょうか。
隣県岡山ではヒガシキリギリスが確認されているようです。


キリギリス

秋の鳴く虫の季節ですね。


きりぎりす一身に負う松の影 (岩田昌寿)



広島ブログ
  1. 2013/09/10(火) 18:21:32|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の虫たんけん

今日は「せらにし青少年旅行村」で
地元小学校1年生と“秋の虫たんけん”に行ってきました。

旅行村のトイレで見つけた
ヤモリのこども


ヤモリ

足の裏のギザギザ
これで壁もらくらく移動できます


ヤモリ

コシアカツバメもたくさん

コシアカツバメ

秋空を元気に飛び廻って
これから南へとまた旅立ってゆくのでしょうか


コシアカツバメ

子どもたちが集まったところに
ヤマカガシのこどもが現れました。
みんなにもじっくり見てもらいます。


ヤマカガシ

今日の“秋の虫たんけん”は芝生広場で
バッタやコオロギをつかまえます


秋の虫たんけん

近づいたら跳んで飛んで逃げるバッタ、コオロギたちに
苦戦する子どもたち
すぐゲットする子どもたち
自分の身体で虫たちを感じてもらいます


エンマコオロギ

エンマコオロギ
コオロギはほとんどの子が捕まえていました。
メスの方がよく捕まってたような気がします。


ツチイナゴ他

手前の大きいのはツチイナゴかな。

<この日観察した生きものたち>
トノサマバッタ、クルマバッタ、クルマバッタモドキ、
ショウリョウバッタ、オンブバッタ、ツチイナゴ、
ハネナガイナゴ、エンマコオロギ、
ウスバキトンボ、トノサマガエル

子どもたちはコオロギを何匹か持ち帰って飼ってみることに。
きれいな鳴き声聞けるかな?



広島ブログ
  1. 2013/09/09(月) 18:11:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水辺のレジャー利用と生物多様性

水辺のレジャー利用と河川の生物多様性について
中國新聞に先日掲載されていた記事。


中國新聞記事


生物多様性、
生きものたちの豊かさ、豊かな自然によって
私たちの豊かな生活が支えられています。



広島ブログ
  1. 2013/09/09(月) 06:39:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フルーツ王国せら高原夢まつり

9月のイベント

9月22日(日)・23日(月祝)には
フルーツ王国せら高原夢まつりが行われます。


夢まつりチラシ


夢まつりチラシ


広島ブログ
  1. 2013/09/08(日) 12:51:24|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲンノショウコ

道ばたに
ゲンノショウコが咲いていました。


ゲンノショウコ

下痢止めなどに効果があるとされ、
薬草の代表格。
“現の証拠”です。


ゲンノショウコ

フウロソウ科 フウロソウ属の多年草。
同属では他に、北アメリカ原産の
アメリカフウロを確認しています。


ゲンノショウコ

ほのかに赤みのさした白花がきれいです。


比良に雲げんのしょうこは白なりき (吉岡三枝子)



広島ブログ
  1. 2013/09/07(土) 17:48:11|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツクツクボウシ

植栽のケヤキにとまり鳴くセミ

ツクツクボウシ

ツクツクボウシ

ツクツクボウシ

雨上がりの公園
秋の音色です


隣る木の声をうけつぎ法師蝉 (木内彰志)



広島ブログ
  1. 2013/09/04(水) 17:40:34|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカタテハ

公園のトイレに
アカタテハが迷い込んでいました。


アカタテハ

幼虫はイラクサなどを食べるようです。

アカタテハ

近似種のヒメアカタテハは以前にも何度か確認していました。


長く続いている雨。
秋晴れが待たれます。


刈り残す牧草に花秋の雨 (井沢佐江子)



広島ブログ
  1. 2013/09/03(火) 18:34:19|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里山自然体験会

8月31日(土)には、
里山自然体験会がありました。

雨の中でしたが、それでも
いろいろな生きものに出会うことができました。


ショウリョウバッタとオオカマキリ

ショウリョウバッタとオオカマキリ
草地はもう秋の虫たちです。



オンブバッタ

小さなアカマツの枝先では、
オンブバッタの羽化も見れました。



イナゴ

ススキにとまるイナゴのカップル。
ハネナガイナゴでしょうか?



ショウリョウバッタモドキ

下見の時には、
ショウリョウバッタモドキ
も見つかりました。


こちらも下見の時の写真
ナミテントウ

ナミテントウとさなぎの脱け殻。
テントウムシがたくさん!!のヨモギ。
テントウムシのアパートです。
葉や茎がスス汚れになるほどアブラムシがいました。


午後からは、
新聞ちぎり絵にチャレンジ!


新聞ちぎり絵

古新聞の色ページなどをちぎって、貼り付けて
絵をつくります。
秋をテーマにみんなで作品づくり。


新聞ちぎり絵

先生役の方がつくったキノコのちぎり絵。
さすがです。

子どもたちの作品もそれぞれ持ち味を出していました。


新聞ちぎり絵

こちらは柿。
思わず柿が食べたくなりますね。

夏休みの最後をしっとりと楽しんだ体験会になりました。



広島ブログ
  1. 2013/09/02(月) 17:48:39|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月のイベント他

雨でスタートの9月。
長く待たれた雨ですが、こう続くとまた心配ですね。

9月の観察会、イベントのお知らせです。

15日(日)には、
「秋の湿地観察ウオーキング」を行います。


観察会ちらし


28日(土)には、夢公園のボランティアグループ
せら夢公園サポーターズクラブの里山整備体験活動。
午前9時からで、10月に行う「きのこ観察会」の下見をします。
観察会のルートを点検しながら、里山の散策道を整備。
これだけ雨が降れば、きのこもたくさん出てくれるはず!?
関心のある方なら、どなたでもご参加OKです。
きのこ観察会と併せてぜひご参加ください。


観察会ちらし



また、
9月21日(土)には、尾道市御調町の「まるみデパート」にて、
サイエンスカフェみつぎ』が行われます。
今回のテーマは
「赤トンボはどこへ行った!? ~化学農薬50%減という特別栽培米の秘密~」
です。
田んぼの生きもの赤トンボやタガメたちと
農薬や減農薬の取り組みについて考えてみたいと思います。

●日時:平成25年9月21日(土)18時から[1時間程度]
●場所:まるみデパート(尾道市御調町 市1200)
●参加費:無料 ※ カフェメニューから1オーダーをお願いします。
●主催:世羅・御調の自然史研究会
●お問合せ:まるみデパート(TEL:0848-36-5866)

ぜひご参加ください。


茶畠のひかり手強き九月かな (飯島晴子)


広島ブログ
  1. 2013/09/01(日) 17:55:53|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0