せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

大人気!

トンボ池のカメさんいかだ

カメさんいかだ

イシガメ3匹にクサガメ4匹
計7匹
大人気です!!


亀の子や灯に曝されてもたれ合ひ (水銭)



広島ブログ
  1. 2013/05/31(金) 22:55:40|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トキソウ

湿地のトキソウも咲き始めています。

トキソウ

ハッチョウトンボも飛びだして、
湿地も賑やかな季節になってきました。


傾きて太し梅雨の手水鉢 (高浜虚子)



広島ブログ
  1. 2013/05/30(木) 20:41:16|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サワオグルマ

黄色い花がきれいな
サワオグルマ

サワオグルマ

花期のピークは過ぎましたが
もう少し見られます。
これからはわた毛の時期かな。


サワオグルマ

田のあぜや休耕田一面に咲くようすは
とてもきれいです。



広島ブログ
  1. 2013/05/29(水) 18:14:26|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナラメリンゴフシ

コナラの木についている真っ赤な実のようなもの

ナラメリンゴフシ

コナラの実はドングリなので、これは実ではなく、
“虫こぶ”です。
中に小さなハチのなかまの幼虫がいて、
ゆりかごのようになっています。
この虫こぶは、ナラ類の芽にできて、リンゴのような形をしているので、
ナラメリンゴフシと呼ばれています。


ナラメリンゴフシ

スポンジ状の虫こぶを割ってみると、
虫こぶをつくった犯人、
ナラメリンゴタマバチの蛹が出てきました。

植物と昆虫がコラボしてできた不思議な自然の作品です。



広島ブログ
  1. 2013/05/27(月) 18:41:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カキツバタ

5月もあと少し。
季節はすっかり夏になりました。

湿地には
カキツバタが花を咲かせています。


20130526164608.jpg


湿原に水の道つく燕子花(かきつばた) (上田五千石)


広島ブログ
  1. 2013/05/26(日) 17:57:27|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コウガイビル

自然観察園のトイレには時々おもしろい生きものが迷い込んできます。
以前にはジネズミを確認することができました。

今日も初めて見る生きものに出会いました。


コウガイビル

コウガイビル(のなかま)です!

コウガイビル

名前に“ヒル”がついていますが、ヒルとは別のグループの生きもの。
生物の教科書に出てくるプラナリアに近いなかまです。
頭の形が“こうがい(笄:昔の女性の髪飾り、髪を掻き揚げて髷を形作るもの)”に
似ていることから、この名があるようです。


コウガイビル

頭の部分を裏側から見ると、こんな感じ。

コウガイビル

体はぬめぬめべたべたしています。
ミミズやナメクジなどを食べているそうです。

身近な自然・さとやまにも、まだまだ
おもしろい生きもの、実際に見たことの無い世界があるんだなぁと
改めて感じた出会いでした。



広島ブログ
  1. 2013/05/20(月) 18:08:11|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミヤマカラスアゲハ

公園植栽のひらどつつじの花も満開です。

ミヤマカラスアゲハ

ミヤマカラスアゲハが蜜を吸いにやってきていました。

ミヤマカラスアゲハ



一つとび一つとまるや花の蝶 (正岡子規)


広島ブログ
  1. 2013/05/19(日) 17:53:40|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒョウモンモドキ関連

中國新聞の出している
ちゅーピー子ども新聞にヒョウモンモドキ関連の記事が載っていたので
スキャンを貼っておきます。


ちゅーピー子ども新聞記事



広島ブログ
  1. 2013/05/19(日) 12:02:56|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田植え体験で生きもの観察

今年も恒例の田植え体験のシーズンがやってきました。
今日は、町内の農業法人さんや米卸業者さん、スーパーさんらが主催している
農業体験イベントで、生きもの観察のお手伝いをしてきました。

田植えでは「門田枠(もんでんわく)」を転がして
印をつけたところに手で植えていきます。


田植え体験

なんだかんだ言いながらも、みなさん楽しそう。
泥を落としながら、
近くの川で生きもの観察を行いました。


田植え体験

3面張りのところもありますが、これでも
けっこう生きものがたくさん見つかります。


田植え体験

ドジョウ、カワムツ、ヨシノボリ類、
オニヤンマやコオニヤンマ等のヤゴ、カワニナ、
タイコウチやミズカマキリも見つかりました!

お昼を食べ終わったら、また
子どもたちは近くの田んぼ、あぜで遊びます。


田植え体験

トノサマガエルにシュレーゲルアオガエル、アマガエル。
カエルをたくさんつかまえていました。


田植え体験

あぜ草でも、
花のかんむり(シロツメクサ、ブタナ、サギゴケ等)、
カラスノエンドウでピーピー笛など、あそんでいました。


田植え体験

のんびりと楽しい時間。
ふだんできない体験を親子で楽しんでもらえるのも
世羅台地の魅力の一つですね。



広島ブログ
  1. 2013/05/18(土) 17:55:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エヒメアヤメ

2011年から花を咲かせ始めた自然観察園の自生
エヒメアヤメ
今年も4月末から5月上旬にかけて見られました。
開花した株は3株。
花(蕾)の数もそれぞれ8輪、3輪、2輪と、
昨年よりも増えていました。
みなさんで整備をしてきた成果が出てきていると思います。

一番多く咲いた株のようすを並べてみます。

4月29日

エヒメアヤメ

5月1日
エヒメアヤメ

5月3日
エヒメアヤメ

5月5日
エヒメアヤメ

5月6日
エヒメアヤメ

5月9日
エヒメアヤメ

5月11日
エヒメアヤメ


次々に蕾が出てくるようすは楽しいですね。
この株の花蕾、2011年は3輪でしたが、今年は8輪と増えてくれました。

花に小さなハチのなかまが来ているようすも見れました。


エヒメアヤメ

ちゃんと虫が来てくれることを確かめられてよかったです。

シーズンには世羅台地内の自生地も見てきました。


エヒメアヤメ

こちらも当時より株数、花数とも増えていました。

環境を整えて、じっくりと待てば
応えてくれる自然。
「その場で楽しむ」「持ち帰らない」というマナーが大切。
これからも見守っていきたいと思います。



広島ブログ
  1. 2013/05/17(金) 17:52:04|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朴の花

先日の観察会でも見られた
ホオノキの花


ホオノキ

大きくて美しい花です。

ホオノキ

まだつぼみのもありましたが、
だいぶ散っている花もありました。


ホオノキ

この時期は、大きな葉っぱも若々しい緑できれいです。


朴散華即ちしれぬ行方かな (川端茅舎)



広島ブログ
  1. 2013/05/15(水) 18:09:41|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナツツバキ林の整備を行いました

昨日は観察会のあと、せら夢公園サポーターズくらぶで
ナツツバキ林の整備・下草刈りを行いました。

草刈り

少人数でしたが、刈払い機でバリバリ刈っていきます。

1時間ちょっとで、見通しよく、観察しやすくなりました。


ナツツバキ林

またクリスマスかざりづくりの時など、
ナツツバキ林での活動が楽しみです。

近くのポイントでは、
ギンリョウソウが咲いていました!


ギンリョウソウ

公園内で見たのは初めて。
みんなで活動するとまた新しい発見がありますね。



広島ブログ
  1. 2013/05/13(月) 18:37:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の摘み菜の観察会を行いました!

今日は観察会
「春の摘み菜の観察会」を行いました。

気持ちのよいお天気。
里山にはハルゼミの鳴き声が聞こえます。

コシアブラの話をしていたら、
葉っぱの裏にハルゼミのぬけがらが見つかりました。


ハルゼミぬけがら

ハルゼミは松蝉とも言われていて、マツ林にすんでいます。
松枯れ病の影響等により、マツ林が少なくなった今日では、
ハルゼミを観察できることは貴重な体験かもしれません。

食べられる野草を見つけながら、
スズメノヤリで、てっぽう遊びをしたり、
ゆったり散策しました。

交流広場に戻って、採った野草を簡単に調理・試食しました。
まずは、天ぷら。


観察会

昨年に続いて、
よもぎだんごもつくりました。


観察会

<この日観察した食べられる植物>
コシアブラ、タカノツメ、サルトリイバラ、モウソウチク、
カラスノエンドウ、シロツメクサ、ヨモギ、
リョウブ、ヒメジョオン、タンポポ、イタドリ、ワラビ

見るだけでなく、実際に味わってみて
里山の自然の魅力をまた一つ感じて頂けたのではないかと思います。

通常は、せら夢公園での生きもの・植物の持ち帰りは原則禁止ですので、
またこのような楽しむ機会を提供していければと思っています。



広島ブログ
  1. 2013/05/12(日) 17:58:44|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

湿地の守人養成講座を行います

世羅台地の各地で行われている湿地生態系の保全活動。
その活動のレベルアップをめざして、
今年度は「湿地の守人(もりびと)養成講座」と題した
連続講座を企画しています。


湿地の守人養成講座ちらし

今回は講師に、芸北 高原の自然館の
白川勝信さんをお願いして、交流も深めながら、みなさんと
湿地について学んでいければと思います。


湿地の守人養成講座ちらし

6月16日(日)に、第1回~湿地について学ぼう~を行います。
全部で5回のシリーズですが、一回だけの参加もOKです。

みなさまぜひご参加ください。



広島ブログ
  1. 2013/05/10(金) 18:41:29|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒョウモンモドキ関連

昨日の中國新聞に
ヒョウモンモドキに関連した記事が載っていました。


中國新聞記事

地元の子どもたちに知ってもらうことが
とても大切です。



広島ブログ
  1. 2013/05/10(金) 12:16:31|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギンリョウソウ

今日は、世羅台地の里山整備に参加してきました。
途中、薄暗い林床で、
ギンリョウソウが咲いていました。


ギンリョウソウ

漢字で書くと「銀竜草」
白く、色素を持たない植物です。


ギンリョウソウ

昨年と同じ場所で見られました。
また来年の機会にも出会えたら嬉しいです。


蟻の穴賑うてゐる薄暑かな (萋子)



広島ブログ
  1. 2013/05/08(水) 23:08:57|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里山のさち

オケラの若芽がおいしいと聞きますので、
去年生えてた場所へ、実際に見に行ってみました。


オケラ

白いうぶ毛が生えていて、
確かに柔らかでおいしそうです。
観察園のオケラは数株しかないので、結構貴重。
雌雄異株らしいですが、なんとか増えてほしいですね。

ワラビも生えてます。


ワラビ

今年は最近まで肌寒い日が続いて、例年ほど芽が出ていない印象です。
これから温かくなって生えてくれればいいのですが・・・。

すでに展開しているのもあります。


ワラビ

春の七草の1つ
ハハコグサも花を咲かせていました。


ハハコグサ

たけのこ
モウソウチクも出ています。


モウソウチク

このモウソウチクのたけのこ
実家では、3-5mほどに伸びた頃、
先の方を切って収穫、出荷しています。
先端はもちろんですが、茎の柔らかい部分を輪切りにしたのも
しゃくしゃくしてて、おいしいですよ。



広島ブログ
  1. 2013/05/07(火) 12:11:00|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホオノキの葉っぱ

ホオノキの葉っぱが展開中!

ホオノキ

色合いの美しさに思わず見とれてしまいました。

ホオノキ

今月半ば頃に咲く白い花もまた楽しみです。


新緑の街をゆく掌をポケットに (藤後左右)



広島ブログ
  1. 2013/05/06(月) 21:02:05|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒメハギ

日当たりのよいところでは
ヒメハギも花を咲かせています。


ヒメハギ

ピンク色で特徴的な花

ヒメハギ

花の形がハギに似ていることから、ヒメハギの名前がありますが、
ハギとはまた違うグループの植物。


ヒメハギ

足元にも美しい植物の世界です。

標準和名:ヒメハギ
分類:ヒメハギ科 ヒメハギ属


旅名残り雲のしかかる立夏かな (飯田蛇笏)



広島ブログ
  1. 2013/05/05(日) 19:08:51|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザイフリボク

観察園を歩いていると
白いきれいな花が咲いていました。


ザイフリボク

先日見たナシの花にも似ていますが、
花びらが長いですね。


ザイフリボク

調べてみると、
ザイフリボクという落葉高木のようです。
長い花びらを采配に見立てて“采振り木”。
神社などで見られる紙垂(しで)に見立てて、
“しでざくら”の別名もあるようです。


ザイフリボク



あらたうと青葉若葉の日の光 (芭蕉)


広島ブログ
  1. 2013/05/04(土) 18:58:53|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツチハンミョウ

草地に
ツチハンミョウがいました。


ツチハンミョウ

どうやらスギナを食べていたようです。

ツチハンミョウ

小枝でつつくと
死んだふり


ツチハンミョウ

さらにつつくと、前足の関節のところから
黄色い毒液を出してきました。


ツチハンミョウ

この液にはカンタリジンという成分が含まれ、
皮膚に触れると水ぶくれ等が生じるそうです。
写真を撮るのに近づいてねばっていたら、
管理人も少し目がしょぼしょぼ痛くなってきました。

ちなみに、ツチハンミョウは
ハンミョウとは別のグループの甲虫。
ハンミョウに毒はありません。

姿かたちもおもしろい虫。
いろんな生きものが身近なところに暮らしています。




広島ブログ
  1. 2013/05/03(金) 18:49:43|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハンミョウ

ハンミョウも出てきています。

ハンミョウ

するどいキバに

ハンミョウ

エキセントリックなもよう

ハンミョウ

そして、青く澄んだ瞳

ハンミョウ

カッコイイむしです!

ちなみにこの子はオス。
オスは、大あごの白いもようが先端部付近まであります。
ちなみに、メスはこんな感じ

別名「道をしへ(みちおしえ)」
夏の季語。また歳時記から引用してみます。以下

道をしへ
黄・赤・紫・黒等の斑点のある五・六分(約15-18mm)の虫。
道路上にあって、人が来ると前に飛び出して一間(約1.8m)くらいのところにとまる。
近づくと又飛んで又道の上にとまる。
面白いことにとまる時は必ず人の方をふり返った恰好をする。
それが恰(あたか)も人に道を教えているようだというので此名があるのであろう。
夏最も多くみかける。
これは毒虫である。

以上ですが、最後の
「毒虫」というのは誤り。
毒があるのは「ツチハンミョウ」というまた別のグループの昆虫です。


ツチハンミョウ

こんな感じで草地等を歩いているのがツチハンミョウ。
姿かたちもハンミョウとは全然ちがいますね。
名前が似てるだけです。
ツチハンミョウは毒を出すのでさわらないこと。

でも、ハンミョウ(道をしへ)に毒はないので、さわっても大丈夫。
するどい大あごには注意して、どんどんあそびましょう!


つんつんと遠ざかりけりみちをしへ (星野立子)



広島ブログ
  1. 2013/05/02(木) 19:40:12|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒョウモンモドキ保全協

今朝の中國新聞に、
ヒョウモンモドキ保全協の記事が載っていました。


中國新聞記事


広島ブログ
  1. 2013/05/02(木) 08:58:24|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

5月の観察会

5月の観察会のお知らせです。

5月12日(日)に
「春の摘み菜の観察会」と題して、
春の里山を楽しみたいと思います。


観察会チラシ
昨年の観察会のようすはこちら

このところの寒さで、初夏へむけて足踏み感の世羅台地。
まだまだ春であそべるはず!
みなさまぜひご参加ください。

サルトリイバラの花も咲いています。


サルトリイバラ


さるとりのまことやさしき花もてる (中田みづほ)


広島ブログ
  1. 2013/05/01(水) 22:04:08|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世羅台地の雲海

先日の中國新聞に
世羅台地の雲海のようすが載っていました。


中國新聞記事

明日は八十八夜ですが、
まだまだ朝晩冷える世羅台地。
霜害等、心配ですね。


遅霜や人を威して旭上る (桜井土音)



広島ブログ
  1. 2013/05/01(水) 20:55:49|
  2. 地学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0