せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

マイマイカブリ

今朝は家の裏庭で
マイマイカブリを見つけました!


マイマイカブリ

名前の通り、マイマイにカブリつく、
カタツムリを食べるオサムシのなかま


マイマイカブリ

日本の固有種。
日本にしかいない昆虫です。


マイマイカブリ

世羅で見たのは初めてかも。
ひさしぶりに見れて嬉しかったです。



広島ブログ
  1. 2013/04/30(火) 20:53:21|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうすぐ5月

今日の自然観察園
昨日からトノサマガエルの大合唱も始まり、
いよいよ初夏の雰囲気になってきています。

キシツツジ(岸躑躅)の花も咲き始めていました。

キシツツジ

ツバメシジミ(燕蜆)
ツバメシジミ

芽吹き始めたアオツヅラフジにとまる
ホソミオツネントンボ(細身越年蜻蛉)

ホソミオツネントンボ

林床には白い
バイカイカリソウ(梅花錨草)の花が

バイカイカリソウ

ワラビ(蕨)もどんどん出ています。
ワラビ

カラスノエンドウ(烏野豌豆)もかわいらしい花を咲かせています。
カラスノエンドウ


往来を行くにつけても春惜む (高浜虚子)


広島ブログ
  1. 2013/04/29(月) 20:23:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

連凧2

ゴールデンウィークいいお天気の
せら夢公園

夢公園

たくさんのご来園に、先日に続いて
はりきって連凧があがりました!


連凧

ぬけるような気持ちのよい青空

連凧

今回のは色んな形の混成連凧

連凧

子どもたちも持ってみて、
凧の力を体感です。


連凧

明日もいいお天気を期待しています!


春昼(しゅんちゅう)や留守の机のチューリップ (洛山人)



広島ブログ
  1. 2013/04/28(日) 20:29:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オサムシ

ガサガサと枯れ葉の鳴る音がして見てみると
オサムシが歩いていました。


オサムシ

ギラギラした目がなんとなく嬉しそう。
(おそらく)ビロウドツリアブをゲットしたみたいです。


オサムシ

草かげに隠れてお食事に・・・
としてたみたいですが、この後びっくりしたのか逃げてしまいました。

“食べる食べられる”は一番分かりやすい生きもの同士のつながり。
そうしたつながりを実際に見られるとわくわくしますね。



広島ブログ
  1. 2013/04/27(土) 18:28:48|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梨の花

公園の植栽「やまなし」
梨の花きれいです。


梨の花



昨夜はお月さまもきれいでした。


梨の花夕月あかりしてゐたり (清水基吉)



広島ブログ
  1. 2013/04/26(金) 12:27:47|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蛙の目借時

今日の自然観察園。
トンボ池ではヒキガエルのおたまじゃくしたちが
元気に遊泳&お食事中
ずいぶん成長しています!


ヒキガエルおたま

湿地もだいぶ緑が芽吹いてきましたよ。

湿地

シマヘビちゃんの登場に
思わずびっくり!


シマヘビ

ヘビがいるということは
カエルがいます。
湿地の草とりをしていたら、
トノサマガエル出てきていました!


トノサマガエル

時折、鳴き声も聞こえます。
もうすぐ大合唱も始まるかな。

ヒヨセには
ミズカマキリさんも


ミズカマキリ

湿地のスギナにつかまってる
クロスジギンヤンマのぬけがら


クロスジギンヤンマぬけがら

もうクロスジギンヤンマが出てくる季節なんですね~。

トンボ池からのんびり草原へ抜ける階段の木陰では
シオヤトンボがたくさん飛んでいま~す!


シオヤトンボ

春の暖かさに生きものたちも元気。
気持ちのよいお天気には、蛙の鳴き声も心地よい子守唄になって
うつらうつらと眠くなる
“蛙の目借時(かはづのめかりどき)”です。


高原にゐてや蛙の目借時 (笠原古畦)



広島ブログ
  1. 2013/04/25(木) 21:21:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連凧

先日の日曜日、
久しぶりに張り切って上がった
連凧


連凧

風が強くて、収めるのには一苦労

連凧

1枚1枚の力はわずかでも、
数が集まるとすごい力になるものです。

夢公園と青空と凧と・・・
いい風景です。


春風のさす手ひく手や浮人形 (蕪村)



広島ブログ
  1. 2013/04/23(火) 23:27:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梨の花

夢公園に入って右手側にご注目!
梨園

となりの梨園
梨の花真っ盛りです!


梨園

白い花がきれいですね。

梨園

「梨の花」は春の季語にもなっています。
以下、手元の古い歳時記(初版は昭和15年)から引用。

梨の花
白色の五弁花で、五日間くらいで散る。
元来梨は我国では果実を得んがために栽培するのであるが
支那(china・いわゆる中国のこと)ではその花を賞翫し、
詩歌・文章に旺んに取入れている。
緑の大葉の間に淡白な花をつけるので風情がある。


梨棚の跳ねたる枝も花盛 (松本たかし)

梨花白し雨夜なれども月明り (高浜虚子)



広島ブログ
  1. 2013/04/22(月) 20:40:23|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シュレーゲルアオガエル卵塊

湿地の土の中から
シュレーゲルアオガエルの卵塊を見つけました!


シュレーゲルアオガエル卵塊

ふわふわマシュマロのような泡に包まれて
黄色っぽいたまごがたくさん入っています。


シュレーゲルアオガエル卵塊

鳴き声もたくさん聞こえてきますし、
たくさん産まれてるのでしょうね。

昨日もとても寒かったですが、もう少し温かくなると、
トノサマガエルもそろそろ鳴きだすかな。


鹿の斑のまだ見えてをり春霙(みぞれ) (柚木紀子)



広島ブログ
  1. 2013/04/21(日) 18:46:24|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイワンシジミ

今朝の中國新聞から

中國新聞記事

外来種のタイワンシジミが増えて、
在来種のマシジミが駆逐されているようです。
生きものを安易に移動させたりする行為が、それを助長することもあり、
注意が必要です。
生きものを大事にしたい気持ちは大切ですが、移動させたりする時は
専門家に相談するなど慎重に行いましょう。
問題となる外来種がいるということを知ることが大切です。

私も御調川での観察会でたくさん捕まえたことがあります。


タイワンシジミ

黄色っぽい色です。

タイワンシジミ

一応、試食もしましたよ!

タイワンシジミ

味噌汁にしましたが、
身も小さくて食べるのに一苦労。
だしも一応出てましたが、あまりおいしく感じませんでした。
マシジミはおいしいそうですが、
そうした資源を守るためにも、
外来種の問題を1つ1つ知っていくことが大切です。


からからと鍋に蜆をうつしけり (松根東洋城)



広島ブログ
  1. 2013/04/20(土) 18:20:07|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コシアブラ

コシアブラの芽も伸びてきました!

コシアブラ

天ぷら等おいしい山菜。
せらでは“しろぎ”と呼ばれ、
経木帽子の材料として知られる樹です。

こちらは
タカノツメ


タカノツメ

よく似た樹ですが、こちらはコシアブラに比べて
あんまりおいしくないです。

しろぎの呼び名は木肌が白っぽいところから。


コシアブラ

木を伐った根元からわき芽が出てきています。
大きな木は芽を摘むのには大変なので、一度切ってしまえば、
わき芽がたくさん伸びてきて楽しめますよ。

次回の観察会は5月12日(日)の予定なのですが、
それまでもってくれるかな?


大木の蘖(ひこばえ)したるうつろかな (高浜虚子)



広島ブログ
  1. 2013/04/19(金) 22:39:37|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ドンコ

メダカ池に
ドンコもいました。


ドンコ

他の小さな魚や動物に貪欲に食らいつくハンター。
2匹ほど見かけたので、増えてるのかもしれませんね。

昨年、町内の観察会で撮影した写真もあげておきます。


ドンコ



広島ブログ
  1. 2013/04/18(木) 21:51:16|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

うららか

里山の散策道

コバノミツバツツジ

足元にはシュンランが

シュンラン

ピンクのコバノミツバツツジも満開!

コバノミツバツツジ

年々山が明るくなって、
コバノミツバツツジの花も増えているような気がします。
これも整備の成果ですかね。

トンボ池では、
水面に写ったすがたもきれいです。


トンボ池

カメさんいかだで日向ぼっこの
イシガメたち


イシガメ

のんびりお花見中でしょうか(笑)


喫泉を丸太囲ひにうららけし (上田日差子)



広島ブログ
  1. 2013/04/18(木) 09:07:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コツバメのたまご

今日、田んぼをひいていたら、
トノサマガエルを見つけました。
2筆で4匹。5cm以上の大きなメスも。
まだ鳴き声は聞こえてきませんが、これから
田んぼに水が入ってくると、どんどん出てくるでしょうね。
世羅は平場でも、トノサマガエルの大きなのやニホンアカガエルも見つかるので、
まだまだ田んぼの生きものの豊かなところです。

さて、この前紹介したコツバメ


アセビ

アセビの枝先でたまごを見つけました!

コツバメ卵

つぼみのすぐ根元に、
小さなうす緑のたまごが1つ。


コツバメ卵

ウニみたいな形をしてるところは
ミドリシジミのにも少し似ていますね。


コツバメ卵

これから孵った幼虫は、6月には蛹になって、そのまま冬を越し、
また来年の春、羽化して、チョウのすがたが見られるようです。


休らふや蝶々ふえもへりもして (楽南)



広島ブログ
  1. 2013/04/16(火) 15:47:05|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コツバメ

早春に出てくるシジミチョウ科のチョウ
コツバメ


コツバメ

のんびり葉っぱの上で日光浴しているようにも見えますが、
止まっている葉はアセビ。
実は、このチョウの幼虫はアセビの新芽やつぼみを食べます。
このチョウも子どもの成長を考えて、
たまごを産む場所を見定めているのかもしれません。


コツバメ

コツバメ
県によっては絶滅危惧種になってるところも。
まずは1つ1つ身近な地域の自然を知っていくことが大切です。


蝶々のもの食う音の静かさよ (高浜虚子)



広島ブログ
  1. 2013/04/14(日) 22:09:55|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コバノミツバツツジ

今日は久しぶりに温かなお陽さまと出会えました!

ミヤマセセリも顔を見せてくれましたよ。


ミヤマセセリ

山の辺には、
コバノミツバツツジのピンクの花がきれい。


コバノミツバツツジ

上を向いて

コバノミツバツツジ

お陽さまの光をしっかり浴びて

コバノミツバツツジ

新しい春を慶んでいるようです。


つゝじ野や小松の丈も同じ程 (高浜虚子)



広島ブログ
  1. 2013/04/13(土) 22:52:32|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シロバナタンポポ

先日、町内で
今では希少なシロバナタンポポを見かけました。


シロバナタンポポ

地元の方(昭和20年代初頭生まれ)に聞いてみると、
子どもの頃には、黄色いのもあったかもしれないが、
タンポポといえばこの(シロバナ)タンポポだった、
とのことでした。

今ではほとんど黄色いセイヨウタンポポです。

馴染み深い草ではありますが、
足元の自然を丁寧に見直して、大事にしていきたいですね。


あたたかくたんぽぽの花茎の上 (長谷川素逝)



広島ブログ
  1. 2013/04/11(木) 22:24:28|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「国内最古の農薬使用」の記事から

少し前になりますが、
中國新聞で興味深い記事がありました。


中國新聞記事

「国内最古の農薬使用」と題した記事。
今日、安定した食糧供給を実現するためには無くてはならない
農薬という技術ですが、その先がけが
中国地方で確認されたのはすごいですね。
農薬の歴史を語る上で重要な新発見だったわけですが、
農薬という技術は今後も、自然環境、水田生態系、
多様な生きものたちにも悪影響を与えないように
進化を遂げていく必要があると思います。

話は変わって、
記事中の“堀尾家”、藩祖の
堀尾吉晴は、大河ドラマ『功名が辻』で
生瀬さんが熱演されてましたね。
また、“赤穴城”は
私も先月、銀山街道の研修会で通った時、眺めてきました。


赤穴瀬戸山城址

かなり立派な城址です。
道の駅からの眺めですが、そこの看板には
「家伝殺虫散」を送ったという
“松田左近”の名前もちゃんと載っていました。


道の駅看板

古くから多くの人々が行き来してきた中国地方。
日々の暮らしの傍らにいくつもの歴史が佇んでいます。



広島ブログ
  1. 2013/04/10(水) 19:15:40|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カスミまつり!!

雨上がりの昨日は、
湿地の荒がきを行いました。
シソクサなど、希少な水田雑草の復活を期待しての作業です。


湿地

耕起の前に、刈った草を集めていると、ヒヨセの草むらから
またまた発見しました!


カスミサンショウウオ卵嚢

カスミサンショウウオの卵嚢!!
チゴザサの枯れ茎に巻きつけたように産んでいます。


カスミサンショウウオ卵嚢

卵嚢の中からは、発生のすすんだおたまじゃくしちゃんが
つぶらな瞳でこちらを見つめておりました。
先日に続いての確認に嬉しくなります。

刈り草を回収した後は、荒起こし。
先ほどの卵嚢を傷つけないように注意をしながら
がんばります。


湿地

ニホンアカガエルにオオコオイムシ。
いろんな生きものが出てくる中で、またまた嬉しい出会いが。


カスミサンショウウオ

おとなのカスミサンショウウオ!
しかも2匹ですよ!!


カスミサンショウウオ

先ほどのたまごはこの子たちが産んだのかもしれないですね。
この2・3年、あまり手を入れてなかったエリアでしたが、
こういう出会いがあると嬉しいですし、やる気になったり、
日々の管理作業にも元気をもらえますね。
自然に手を入れる農的作業は、
自然と向き合える時間でもあるのです。

ちなみに、似ておりますが、
こちらはイモリちゃん。


イモリ

カスミちゃんに比べて、ほっそり
ひきしまってるイメージです。
お腹側を見れば赤いぶちぶち模様なので、
違いは一目瞭然ですよ。


イモリ

こう見えてハンターなイモリちゃん。
カスミおたまちゃんの一番の天敵といってもいいでしょう。
なんとか一匹でも無事におとなカスミになって
湿地のゆりかごから巣立ってほしいと願うばかりです。



広島ブログ
  1. 2013/04/09(火) 21:10:09|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然観察園ウオーキングを行いました。

昨日は、雨ニモマケズ風ニモマケズで
自然観察園ウオーキングを行いました。


アセビ

アセビの花も前回の観察会より
花がたくさん。

コバノミツバツツジもようやくつぼみもふくらみ
花が咲き始めました。


コバノミツバツツジ

明るい林床には
ショウジョウバカマ


ショウジョウバカマ

シュンランの花も!

シュンラン

ヒキガエルのおたまじゃくしたちも
だいぶ泳げるようになってきていました。


ヒキガエルおたま

おたまの学校も今日は入学式だったでしょうか。
元気にそだってくれるといいですね。




広島ブログ
  1. 2013/04/08(月) 20:51:46|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草刈りで発見!

今日は春の嵐ですね。
何事もないとよいのですが・・・。

さて、昨日の管理作業では
湿地の草刈りと刈り草の持ち出しを行いました。


湿地

移植したミソハギクサレダマが咲く湿地。
その生長を促したり、観察しやすくするために草刈りしています。
もう芽が出てきていて、草をのけると
芽生えも喜んでいるような気になります。
こちらはミソハギの芽生え

ミソハギ

ヒヨセを覆い隠してる草も
熊手でかいたりして、のけています。
作業中、イモリやガムシなどの姿も見えて、
嬉しくなりますが、
昨日はまた嬉しい発見が。


ヒヨセ

なんと、この湿地のヒヨセにも
カスミサンショウウオがたまごを産んでいました!


カスミサンショウウオ卵嚢

以前、近くの手水鉢で卵嚢を見つけたことはありましたが、
富栄養湿地の中で見つけたのは今回が初めて。
先日も貧栄養湿地エリアでの初確認

管理作業をしながら、毎年新しい発見があって、
自然観察園が生長しているようすを感じています。

このおもしろさをどう伝えるか、感じてもらえるか
これからの課題でもありますね。



広島ブログ
  1. 2013/04/06(土) 17:09:06|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タムシバ

前回の観察会でいち早く花を咲かせていた樹。
コブシなのか?タムシバなのか?
確かめてみることに。


タムシバ

2週間もすれば花期も終わりか、
白い花びらがひらひらと舞ってきれい。
落ち葉のじゅうたんを彩っていました。


タムシバ

ズームで花を撮ってみます。

タムシバ

コブシは花のすぐ下に緑の葉っぱが展開するそうですが、
この樹では確認できず。
どうやらこの樹はタムシバのようです。
世羅ではタムシバが多いとも聞きました。


今高野

帰りしに撮った今高野。
(おそらく)タムシバが花を咲かせ、
山に春が来て、明るい感じになっています。

こういうのを“山笑う”というそうです。


山笑ふ聴けばきこゆる雨の音 (千代田葛彦)



広島ブログ
  1. 2013/04/05(金) 21:14:35|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

4月の風に唄えば♪

昨日お知らせした広島ホームテレビの放送
無事終わりました。
よい感じにまとまっていたと思います。
みなさま、ありがとうございました。

個人的にはカメさんいかだのイシガメさんが
とってもかわいかったです。

今日も春のおたより。


シオヤトンボ

春一番に羽化するトンボ、
シオヤトンボがもう出てきていました。
羽化したばっかり!
左前翅が少しちぢれていますが、
この程度ならだいじょうぶでしょう。

湿地での作業中、
カスミサンショウウオの卵嚢も見つけましたよ!


カスミサンショウウオ卵嚢

整備している湿地で見つけたのは、
今年が初めて。
そのポイントでは、昨年何度か成体を見つけていたので、
その子たちが産んだのかもしれませんね。

サクラのつぼみもいよいよ膨らんで、
咲き始めてきましたよ!


サクラ

春風に誘われて、つい口ずさむこのメロディ
コール・ポーターの ♪ I Love You ♪


I love you
Hums the April breeze
I love you
Echo the hills
I love you
The golden dawn agrees
As once more she sees daffodils

It's spring again
And birds on the wing again
Start to sing again
The old melody

I love you
That's the song of songs
And it all belongs to you and me


再び春がめぐり来て、
鳥たちも舞い、謡いはじめる
いにしえよりのこの調べ・・・I Love You


なんでもない音でさえ、そう聴こえてしまいそう
やっぱり春はとくべつですね。



広島ブログ
  1. 2013/04/04(木) 22:04:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

4月のお知らせ

先日、広島ホームテレビ「地球派宣言」の取材を受けまして、
明日、木曜日の夕方5時45分前後から、
Jステーション内の「地球派宣言」のコーナーで
放送される予定です。

当ブログ等を見て頂いたようで、
春をさがそう!といったような内容だと思います。
お時間ありましたら、ぜひご覧ください。

取材の時に撮った生きものの写真を何枚か紹介。
トンボ池に現れた
オツネントンボ


オツネントンボ

成虫で冬を越すトンボの1つ。
春のトンボ池に一番最初にやってくるトンボです。
なかなかいいところに止まってくれませんでした・・・。

ひなたぼっこをする
オオコオイムシ


オオコオイムシ

もう卵を背負ったオスも見られました。

草地で花咲く
ハコベ


ハコベ

春の七草も花を咲かせ始めています。
草地には、他にもオオイヌノフグリやタネツケバナなど
小さな花がいっぱいです。


今週末には観察会も予定しています。


観察会ちらし


春昼(しゅんちう)の盥(たらひ)に満ちて嬰児(やや)の四肢 (山崎ひさを)


広島ブログ
  1. 2013/04/03(水) 12:35:23|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月になりました

昨日から4月に突入。
新しい春がやってきましたね。


ホオジロ

ホオジロもコイの季節。
ステキな鳴き声を聴かせてくれます。
先日はかなり近くまで近寄らせてくれました。


ホオジロ

サクラのつぼみもふくらんできましたよ!


柴山に日々風つのる四月かな (原 石鼎)



広島ブログ
  1. 2013/04/02(火) 14:57:43|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0