せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

ルリシジミ

ひらひらと瑠璃色のつばさをはばたかせながら舞う
小さなチョウ
ルリシジミ


ルリシジミ

飛んでる時はなかなか撮れないのですが、
止まった時にもきれいなところをなかなか見せてくれません・・・。
でも白い姿もいいですね。

こちらも瑠璃色系のつばさを持つシジミチョウ科の
コツバメ


コツバメ

こちらの裏面は茶色系。
ピンボケ残念~。
早春のこの時期だけ見られるチョウです。


しじみ蝶ふたつ先ゆく子の霊か (能村登四郎)



広島ブログ
  1. 2013/03/31(日) 18:23:56|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ショウジョウバカマ

ショウジョウバカマの花も咲き始めました!

ショウジョウバカマ

ここにも春がやってきましたよ!

ショウジョウバカマ

昨日のポカポカ陽気に、
イシガメも顔を見せてくれました!


イシガメ

今年初めてのカメさん。
暖かな春の訪れを喜んでいるようです。


あたたかに柄杓の伏せてありにけり (勝又一透)



広島ブログ
  1. 2013/03/31(日) 12:26:18|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒサカキ

ヒサカキの花も咲き始めました!

ヒサカキ

まだつぼみのもたくさん。

ヒサカキ

小さくて地味な花ですが、
一歩近づいてみると、そのかわいらしさに気づきます。


ヒサカキ

公園の植栽、
こぶしの花もようやく開いてきました!


こぶし


山垣の雲ひらきつつ辛夷(こぶし)かな (飴山 實)


広島ブログ
  1. 2013/03/30(土) 09:02:44|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒョウモンモドキ保全協

今朝の中國新聞に
ヒョウモンモドキ保全協の記事が載っていました。


中國新聞記事



広島ブログ
  1. 2013/03/29(金) 21:32:13|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカガエル類産卵状況

今シーズンのアカガエル類の産卵状況を
簡単にまとめてみたいと思います。
(2009-2011年のまとめはこちら

産卵の初確認は2013年2月2日でした。


図:アカガエル類産卵数推移2013
上の図は、今シーズンの産卵数の推移(積上げ)です。
横軸は調査日、縦軸は卵塊数。

今シーズンは計383卵塊を自然観察園で確認できました。
産卵のピークは2月下旬だったようです。


下の図は、2009年から2013年のシーズン産卵総数の推移。


アカガエル類産卵総数年推移

横軸が調査年、縦軸が卵塊総数です。

毎年、卵塊の数が増えています。
今年は、最初の年2009年の1.90倍、ほぼ2倍です。

以前は休耕田だったところが、自然観察園がオープンして、
湿地等、産卵できる水辺環境が増えたからではないでしょうか。
アカガエル類の親の数も増えてきていると思います。
畦や草地、山林等の環境もアカガエル類の生息に
適しているといえるでしょう。

自然観察園にすんでいるたくさんのカエルたち。
カエルやおたまじゃくしは、
里山の多くの生きものの命を支える存在でもあり、
環境のバロメータ。
これからもモニタリングを継続していきます。



広島ブログ
  1. 2013/03/27(水) 23:02:13|
  2. 公園管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

自然観察園ウオーキングを行いました。

今日は観察会
「自然観察園ウオーキング」を行いました。

夢公園ではまだですが、
参加者からは家にツバメがやっていたという声もあり、
春の訪れをいろんなところで感じます。

自然観察園の里山を望むと
タムシバまたはコブシ(未確認)の花が
満開の樹がありました。


タムシバ?

園内植樹のコブシはやっとつぼみが開きかけてきたところ。
この樹は早いですね。

アセビのきれいな花も満開!


アセビ

トンボ池のヒキガエルのたまごも、まだエラが残っていますが
おたまじゃくしの格好に。


ヒキガエルおたま

水路に産まれた
ニホンアカガエルのおたまじゃくし


ニホンアカガエルおたま

背中に黒い点が2つあるのが特徴です。

成虫で越冬する蝶、
テングチョウの姿もよく見かけました。


テングチョウ

頭の先の部分が、天狗の鼻のように長く伸びているのが
その名の由来。

シハイスミレもいくつか咲き始めていました。


シハイスミレ

お天気にも恵まれて、春を
ゆっくりのんびり楽しんだ今日の自然観察園ウオーキング。
花も咲き、チョウや虫も飛びだして、
自然観察園の楽しい春がやってきましたね。


ベンチあり春の山みちこゝ平ら (高浜年尾)



広島ブログ
  1. 2013/03/24(日) 20:57:39|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西条自然学校 夜の学校

せら夢公園でもウグイスの初鳴きを確認した
先の春分の日。
以前から行ってみたかった
西条自然学校の「夜の学校」に参加してきました。

西条自然学校さんは
・自然を科学的に見る視点と自然環境の現状を正確に伝えることによって、自然との共存を考える人を育てること
・身近な自然を知る楽しみを紹介すること
を目的として、愛媛県西条市を中心に活動している特定非営利活動法人。
夜の学校は、毎月第3水曜日の19~20時に行っている
仕事帰りにちょっと立ち寄って、
大人でも子どもでも自然や生きものについて楽しく学べる取り組みです。

昨年の視察でもお世話になった山本さん(下写真左)のあいさつで始まります。


西条自然学校 夜の学校

始まる前の会場のようす(下写真)
先日の宇和でお世話になった方や大学の先輩方にも再会。
この日の参加者は42人で、ほぼ満席となる盛況ぶりに感動しました。


西条自然学校 夜の学校

この日はちょうど、スペシャルゲストの回に当たったようで、
講師の方は徳島県から(広島大学でも研究されてた方だそうです)。
「知られざる微小貝類のお話」を聞くことができました。


西条自然学校 夜の学校

実物も見せて頂きながら
カタツムリについてのマニアックかつ楽しいお話。

日本の在来種では最大のカタツムリ
「アワマイマイ」


アワマイマイ

そして今回の目玉、
今年1月に発見されたばかりの新種のカタツムリ
「アナンムシオイガイ」


アナンムシオイガイ

新種発見のエピソードをその興奮とともに聞くことができました。
小さく、似た種類もいくつかあるカタツムリ。
生きものを見分けることが、いかに難しく、
またどんなに大切なことかというのを改めて感じました。


西条自然学校 夜の学校

老若男女、
多様で楽しいカタツムリの世界を堪能したステキな1時間でした。

終わった後は、いろいろと情報交換もさせて頂きました。

先日できたばかりの
愛媛県児童用生物多様性啓発資料
「さがしてみよう!ちかくのいきもの」


さがしてみよう!ちかくのいきもの

西条自然学校が編集し、発行は愛媛県自然保護課。
せら夢公園も協力してできたワークシート
せらの豊かな自然体験学習」も参考にして頂いたとのこと、嬉しく思いました。

私たちの暮らしを支えている
里山の自然や生きものたちを守っていくには、
こうした地道な普及啓発の取り組みが欠かせません。
せら夢公園でも、これらの取り組みを参考に
またがんばっていきたいと思います。



広島ブログ
  1. 2013/03/23(土) 06:59:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

観光資源にも◎

今朝の中國新聞に、
夢公園での取り組みが掲載されていました。


中国新聞記事

昨日のようす

観察会

野原のつくしやヨモギ、テントウムシなどを楽しむ参加者のみなさん。
童心にかえったように活き活きとしていました。

ちなみに、昨日の参加者は三原市の方がほとんど。
同市の広報誌で昨年、世羅台地にしか残されていない国内希少野生動植物種
ヒョウモンモドキについての特集がありましたが、
尋ねてみると、みなさん知ってくださっていました。

世羅町、三原市、尾道市にまたがる
世羅台地には自然も歴史もおもしろいところがたくさんありますし、
関心のある地元の人が多いのも魅力です。
それらをしっかりと守りながら、うまくPRしていきたいですね。



広島ブログ
  1. 2013/03/22(金) 18:23:32|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つくし

昨日は二十四節気の1つ
「春分(しゅんぶん)」
またまた春の嵐でしたが、
今日はいいお天気になりました。

草地にはつくしも出ていました!


ツクシ

春のおたよりです。

ツクシ

ヨモギの若葉もいい色。

ヨモギ

テントウムシも出てきています。

テントウムシ

一日一日、春の訪れが楽しみです。


仏を話す土筆の袴剥きながら (正岡子規)



広島ブログ
  1. 2013/03/21(木) 18:35:33|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒキガエルのたまご

トンボ池で先日産まれた
ヒキガエルたまご


トンボ池

だいぶ発生が進んでいます。

ヒキガエルたまご

まだ丸いのもありますが、
細長くなって、おたまじゃくしの形に近づいていますね。


ヒキガエルたまご

例年、GWの頃にはトンボ池を集団で泳ぎまわる
ヒキガエルのおたまじゃくし。
今年も楽しみです。


風吹いてうちかたまりぬ蛙の子 (村上鬼城)



広島ブログ
  1. 2013/03/19(火) 20:15:48|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アセビ

今日は春の嵐といったお天気でしたね。
夕方前には止んで、少々草刈りに出ると、
アセビの花が咲いていました。


アセビ

また1つ春を発見!

アセビ

先日のせら里山楽校の時もシュレーゲルアオガエルの声が聞こえたり。
今日の嵐も春の訪れを告げているのですね。


お山焼日のべとなりし春疾風(はるはやて) (高岡智照尼)



広島ブログ
  1. 2013/03/18(月) 19:09:43|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

せら里山楽校が行われました

今日は、ワイナリー裏の里山で、
「せら里山楽校 第3回 春のまき」が行われました。

これまで、松枯れ病抵抗性アカマツの“スーパー松”の植樹や
カブトムシの床づくりなどをやってきました。
まず、その成果の確認。

昨年、落ち葉を集めてつくったカブトムシの床やその周辺の
昆虫の森で、生きもの観察。
落ち葉等を食べる虫やそれを食べる虫、
土の中の生きものの世界を覗いてみました。


里山楽校

ふるいで振るった白いバットの上には、
トビムシ等、小さな生きものがたくさん!
ほかにも、
ダニ、クモ、ムカデ、ザトウムシ、ダンゴムシ、ヤスデ、ミミズ、カタツムリ、
ユスリカ、ツチカメムシ、ゴミムシ、ゴミムシダマシ
などが見つかりました。
捕まえた吸虫管の中では、ダニがトビムシを食べるシーンもありました。

整備している里山の広場では、
即席のターザンなど、みんなで思い思いに楽しく遊びました。


里山楽校

スラックラインも登場!

里山楽校

木登り!

木登り

春の陽気にちょうちょも飛んでいました。

ヒオドシチョウ

この子は「ヒオドシチョウ」
ゆっくり近づいて写真撮影にチャレンジ!


里山楽校

お昼には夢高原市場で頼んだおいしいお弁当!
のんびりゆったり里山の時間を楽しみます。

午後からは、
チッパーで木の枝をチップにしたり、


チッパー

シイタケの植菌も体験しました。

里山楽校

最後には、石の舞台で、
せら里山楽校のテーマソング♪
「せらの山が呼んでいる」が披露されました!!


[広告] VPS


盛りだくさんで、ゆったり楽しい「せら里山楽校」
里山の魅力を伝えたい、みんなの想いが
少しづつ形になってきています。



広島ブログ
  1. 2013/03/17(日) 22:22:27|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タヌキの骨

先日、湿地の整備作業中にゲットしました!

タヌキ骨

タヌキの頭の骨。
水洗いしたら結構きれいです。


タヌキ骨

上から見たところ

タヌキ骨

下あごの歯

タヌキ骨

切歯(前歯)3本、犬歯1本、小臼歯4本、大臼歯3本。
第3大臼歯は小さくて、人間で言うと“親知らず”ですかね。


タヌキ骨

上の歯も

タヌキ骨

切歯3本、犬歯1本、小臼歯4本、大臼歯2本
右の第1切歯が紛失していて少し残念。
上は親知らずは生えてませんでした。


タヌキ骨

骨を見ながら、その動物の暮らしぶりを想像するのも楽しいですよ。


広島ブログ
  1. 2013/03/16(土) 18:42:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バトル!!

朝からピークチパーチク
さえずるヒバリたち

ヒバリ

あちらでも

ヒバリ

こちらでも

ヒバリ

よく見たら、激しいバトル!
歌合戦!!


バックヤード

赤丸のところにいる2羽のヒバリ。
にぎやかな春のはじまりです。


囀(さえずり)の高まり終り静まりぬ (高浜虚子)



広島ブログ
  1. 2013/03/15(金) 19:30:42|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カスミサンショウウオのたまご

今日は園内の湿地の整備作業。

ヒヨセ跡

ヒヨセの跡を再生していたら、
カスミサンショウウオのたまごを見つけました。


カスミサンショウウオ卵塊

今年の初見!(昨年の初見のようすはこちら

カスミサンショウウオ卵塊

まだ発生があまり進んでないようなので、
最近産まれたものでしょうか。

作業中、カスミの親が出てこないか少し期待していましたが、
見つけれたのはイモリでした。
それでも、イモリも今は少なくなって、
準絶滅危惧種に指定されている存在です。

今日の冷たい雨で、春への階段をまた一つ上った感ですね。


がうがうと春の雨ふる滝の中 (原子公平)



広島ブログ
  1. 2013/03/13(水) 23:40:21|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカガエルの観察会を行いました

昨日は、お隣の尾道市御調町で、小学生と
アカガエルの観察、卵塊調査体験を行いました。
この子たちとは、10月の赤トンボ
12月のカヤネズミに続いて3回目。

最初に地域の集会所をおかりして、カエルのお話。

写真は、特定外来生物のウシガエルの話に関連して、
同じく特定外来生物の「アライグマ」について
注意を呼びかけているところ。


アカガエル観察会

おそらく、アカガエルたちもアライグマの餌食になってしまいます。
今年は観察会のたびにアライグマの話題を出しましたし、
アライグマ帽子のインパクトも期待して、
注意関心を持ってくれたのではないかと思います。

室内で話のあとは、
実際に田んぼに出ていって、卵塊を観察しました。


アカガエル観察会

今年は、このところ雨が少なくて、
昨年と違い、産んだ後の田んぼが乾燥して干上がりそうです。
まだ動いているおたまじゃくしもいて、かわいそうでしたが、
自然のリスクを知ってもらうことも大切です。

水の残っているヒヨセに産んでいた卵塊を、バケットにとって
子どもたちに観察してもらいました。


アカガエル観察会

ゼリー状の感触に興奮です。

その後、卵塊数の調査体験に。
各班で、水たまりや水たまり跡でアカガエルの卵塊があるか見て、
その数をカウントしてもらいました。
一斉に田んぼへと散る子どもたち。


アカガエル観察会

前半はまじめにカウントしていましたが、
後半は例年通りの泥まつり!
最後には、泥に埋まった長ぐつを救出するのに終われました・・・。

何とか集会所に入れて、調査体験のまとめ。
思ったよりもみんなちゃんとカウントしていて
2枚の田んぼで92卵塊となり、事前調査とほぼ一致。
この田んぼに少なくとも
100匹以上のアカガエルたちが来ていたことが分かり、驚きでした。

最後に、地元の
ゲンゴロウをはじめとした田んぼの生きものに配慮した米づくりを行う
源五郎米研究会の会長さんにお話を頂きました。


アカガエル観察会

先ず、泥だらけになった子どもたちに
「君たちは泥だらけのなり方が下手だ」
「もっと野山や川、田んぼであそんで
上手に泥だらけになるようにしようね」
と励ましの言葉を送られたのが印象的でした。

子どもたちから、3回の観察会を通した感想では、
「班で協力して調べたのが楽しかった」
「もっと周りの自然のことを知りたい」
「御調の自然を守っていきたい」等、
それぞれ得るものがあったようで、嬉しかったです。


今年も、JAの職員さんや食農教育事業、
学校の先生方や地域の方々、
たくさんのみなさんに支えられてできた授業。
大変感謝です。ありがとうございました。



広島ブログ
  1. 2013/03/12(火) 11:41:06|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ルリタテハ

だいぶ温かくなって
成虫で越冬していたチョウも飛ぶようになりました。

ルリタテハ

ルリタテハ

翅の形から、この子はオスだと思います。

翅を閉じた時に見える裏面は茶色で、
樹に止まったときにはなかなか分かりません。

翅を広げると、


ルリタテハ

きれいな瑠璃色のもようが出てきますよ~!

ルリタテハ

幼虫はサルトリイバラの葉を食べて大きくなります。


初蝶やわが三十の袖袂 (石田波郷)



広島ブログ
  1. 2013/03/10(日) 18:16:33|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おたまじゃくし

トンボ池
ヒキガエル卵塊

ヒキガエルの産卵、オスの鳴き声はまだ聞こえていましたが、
終わったみたいです。


ヒキガエル卵塊

今年もたくさんのたまご。
おたまじゃくしになるのが待ち遠しいです。

アカガエルたちのたまごは
一足早くおたまじゃくしに!!


アカガエル類おたまじゃくし

温かくなって孵化するペースも上がっていますよ~!


天日のうつりて暗し蝌蚪(かと)の水 (高浜虚子)



※ 蝌蚪:おたまじゃくし、蛙の子のこと


広島ブログ
  1. 2013/03/09(土) 22:22:21|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅梅が咲き始めました!

せら夢公園の梅林エリア、
紅梅が咲き始めました!


紅梅

冬に枝を選定した時には、枝の中も紅色で驚きました。
標高約500mのせら夢公園、
このところの好天で春本番も間近です。


紅梅

今日は成虫で越冬する蝶
ルリタテハも飛んでいました。


紅梅の紅の通へる幹ならん (高浜虚子)



広島ブログ
  1. 2013/03/08(金) 18:01:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田起こし

今日は自然観察園の湿地の
田起こしをしました。

湿地

このところ耕うんしていない湿地。
スゲ類が多くなり、水田雑草などの水草が見られなくなってきたので、
今年は耕すことにしました。

水が田に多少入っていたので、
荒起こしのつもりが、代掻きみたいになってしまいました。


湿地

途中のようす。
機械がぬかるみにはまって自力で脱出不能に陥ること2回。
それでも何とかここまでできました。
(右側の方はぬかるみで、今回はパスです)


湿地

耕していたら、こんな大きな石もでてきました。

石

田んぼの土も、先人たちの苦労の賜物なんですね。

これで、今年はシソクサなど見れるようになると思います。
お楽しみに。


生きかはり死にかはりして打つ田かな (村上鬼城)



広島ブログ
  1. 2013/03/07(木) 18:23:55|
  2. 公園管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒキガエル産卵開始!

今朝のトンボ池
トンボ池

温かい日が続いて、
ヒキガエルもようやく産卵開始です。


ヒキガエル

朝はメス3匹が産卵中。
内2匹にはオスががっちり組み付いています。
おそらく昨日から産卵は始まっていたのでしょう。

去年は3月8日に産卵を初確認でしたので、
今年は前年並みといったところでしょうか。

特徴的なヒキガエルの卵塊。
チューブ状のゼリーに包まれた黒い点、
ひとつ一つがおたまじゃくしになります。


ヒキガエル卵塊

すごい数です。
これからまだどんどん産まれるかな。


ヒキガエル

トンボ池では、温かい日ざしの下、
ヒキガエルの鳴き声がこだまし、
時折、地味にヒキガエルのけんかも勃発します。


ヒキガエル

先にメスをゲットしたオスが、
後から言い寄ってくる輩にキック!の図。

トンボ池に増えてきた水草、
卵塊を巻きつけたりして産み場所になったり、
カエルたちの休憩場所になったりしているようです。


ヒキガエル

男同士、しばし休戦の図。

ヒキガエル

ニホンヒキガエルの産卵、1週間ほど続くと思われます。

9日(土)午後1時からは、臨時の観察会も行いたいと思います。
公園管理センター集合です。

この機会に、ぜひのぞいてみてください!



温む水に黒く全き朽葉かな (楠目 橙黄子)



広島ブログ
  1. 2013/03/06(水) 22:34:33|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカガエルのたまご2

今日は二十四節気の1つ
「啓蟄(けいちつ)」ですね。
寒さ一転、温かくなって、その時節を実感した一日。

今日は先日アカガエルの卵塊数を調査したところで、
2回目の調査に行ってきました。
あれから温かい日がいく日もあったので、
たくさんたまごが産まれていました!


アカガエル卵塊

1ヶ所に10卵塊くらい固まって産んでるところもあります。

アカガエル卵塊

産んだ時には雨などで水かさが増えてたんでしょうけど、
水たまりが干上がりそうになってるところもって、
少しかわいそう。


アカガエル卵塊

早く雨がふってあげればいいんだけど・・・。

アカガエル卵塊

たくさんたまごが産まれてるところでは、
あふれる水に流されそうになってるのもありました。


アカガエル卵塊

たまごも産まれてからいろいろな危険があるんですね。

今日は計251卵塊をカウント。
前回と合わせてると405卵塊、産まれています。
すごい数ですね。
来週にはそこの地域の小学生と観察会を行う予定なので、
今から楽しみです。

ちなみに、自然観察園では
3月3日の時点で合計289卵塊を確認しています。
ヒキガエルも鳴きだしていたので、
こちらも楽しみです!!


啓蟄や石売れて行く園悲し (椎花)



広島ブログ
  1. 2013/03/05(火) 18:03:29|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スズメ

スズメくん
スズメ

羽のお手入れ~

スズメ

首が伸びて何かすごい格好になってますが、
身だしなみはちゃっとしてないとね。


スズメ

いい声出しています。

スズメ

なかなかきまってますよ~!

スズメ

春近し、ですね。


恋雀敦盛塚にこぼれけり (池上果山)



広島ブログ
  1. 2013/03/04(月) 12:34:59|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月の観察会など

今月の観察会等のお知らせです。

3月17日(日)には
せら里山楽校 第3回 春のまき『楽しいみんなのもりづくり』
が行われます。
間伐やシイタケの植菌体験のほか、
カブトムシの幼虫をはじめとした
落ち葉や土の中の生きもの観察も行います。


せら里山楽校ちらし


3月24日(日)には
春の自然をさがしに「自然観察園ウオーキング」です。


観察会ちらし

午後からは、せら夢公園サポーターズクラブの活動もやっていますよ。

ぜひご参加ください。


3月23日(土)の夕方からは、せらワイナリーレストランで
「春*宵コンサート」が行われます。

コンサートちらし

ビッグバンドの迫力ある生演奏!
管理人も出演します!!
ライブは久しぶりなので今から緊張ですが、
よい刺激も受けて、楽しみです。
がんばります!


桃の日の子が叩きをり浮氷 (荏原京子)



広島ブログ
  1. 2013/03/03(日) 17:57:24|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミドリシジミたまご

湿地に生えるハンノキ類の枝に
ミドリシジミのたまごがついていました。


ミドリシジミ卵

たまごで冬を越すチョウ。
ウニみたいな形をしてますね。


ミドリシジミ卵

湿地にはいろいろな生きものが棲んでるんだなと
改めて感じました。
この子も春を待ってるんでしょうね。



広島ブログ
  1. 2013/03/02(土) 18:05:31|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三月

一月は行く

ヒバリ
ヒバリ


二月は逃げる

スズメ
スズメ


三月は去る

ホオジロ
ホオジロ


今年度もあと一息。
冬から春へ、たすきを渡す時節です。


三月や小松の枝に雀二羽 (子規)



広島ブログ
  1. 2013/03/01(金) 22:26:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0