せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スズメ

スズメ
スズメ

一番ポピュラーな鳥さんですが、
夢公園のはまだ紹介していませんでしたね。


スズメ

茶色の帽子がかわいいです♪


広島ブログ
スポンサーサイト
  1. 2013/01/31(木) 20:57:12|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒョウモンモドキ保全協

昨日の中國新聞に
ヒョウモンモドキ保全協の記事が載っていました。



中國新聞記事



広島ブログ
  1. 2013/01/30(水) 16:24:48|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何のふん?

先日のトンボ池

カメさんいかだ

カメさんいかだに
何かのふんがころがっています。


カモのふん

こんなところでしたのは誰だ?
この寒いのにわざわざ泳いで行ったのだろうか?
と疑問に思っておりましたが、
聞いたところ
カモのふんなのだそうです。

トンボ池にはマガモコガモがやってきていましたからね。
カモさんたちも、いかだを利用しているようです。



広島ブログ
  1. 2013/01/29(火) 12:58:41|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝のせら夢公園

夢公園

大雪です。

トンボ池

湿地

自然観察園

アセビ

今が一番寒い季節。
がんばれ。


雪に十歩遠きへ出でて居るごとし (村越化石)



広島ブログ
  1. 2013/01/28(月) 12:39:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フクロウ

先週の「野鳥観察のつどい」の講師の方が
フクロウの写真を送ってくださいました。


フクロウ
写真提供:原 竜也

ちょうどその日の朝、夢公園に来る途中、
公園のすぐ近くで撮られたそうです。
巣箱かけも行いましたので、期待ふくらみます。

その日は帰りにも出会えたそうです。


フクロウ
写真提供:原 竜也

かわいいですね。

私も今朝、通勤途中、
電線にフクロウがとまっているところを見ました!

そこは数年前、車に轢かれたフクロウの死体を目撃した場所のすぐ近く。
フクロウの好む場所はある程度決まっているのかもしれません。
また元気な姿を見られたらいいな。


黒谷の夜を鳴き交はす梟かな (五十嵐播水)



広島ブログ
  1. 2013/01/27(日) 09:11:34|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒョウモンモドキ保全協

今朝の中國新聞に
ヒョウモンモドキ保全協の記事が載っていました。



中國新聞記事



広島ブログ
  1. 2013/01/26(土) 09:14:35|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

せら里山楽校 里山整備

昨日までの4日間、「せら里山楽校」の一環で、ワイナリー裏の
里山整備が行われました。
以前に、スーパー松の植付けや、カブトムシの床づくりを行った取り組みですが、
今回は、会場までの散策道とイベント広場の整備。

今後、チッパーや運搬車等が入れるように、
散策道をミニユンボで整備していました。
里山への入り口も、広く、入りやすくなりました。


里山整備

もともと広かった尾根の道も、きれいになりました。

里山整備

イベント広場も、木を切って広々。

里山整備

こういう山仕事は火があると作業がはかどりますね。
もちろん、消火準備や消防署への連絡は忘れずに。


里山整備

3月には里山体験のイベントを企画、予定しているそうです。
また詳細決まりましたらアップしたいと思います。



広島ブログ
  1. 2013/01/25(金) 13:35:22|
  2. 公園管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベニマシコ

日曜日の「野鳥観察のつどい」で、一瞬だけ捉えた
ベニマシコのオス

ベニマシコ

ベニマシコ

ベニマシコ

すぐに飛んで行ってしまいましたが、
ベニマシコのオスの深紅色の羽色は
何とか写っていました。
きれいだなぁ。



広島ブログ
  1. 2013/01/24(木) 07:12:16|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そりあそび

日曜日、映眺池の土手では、
そりあそびをするご家族も。


そりあそび

そりの道具もばっちり持参。
おそらく常連さんでしょう。
楽しそうですね。


そりあそび

せら夢公園は、自然地形を活かした公園なので、楽しい反面、
岩があったり、排水のための溝があったり注意が必要なところもあります。
それらが雪で埋もれて分かりにくくなってることもあるので、
こういう遊びは行きなれた場所、遊びなれた場所でするのがいいですね。
十分注意をして、楽しく元気に遊びましょう!


道知りて橇(そり)曳きゆくや秋田犬 (細谷鳩舎)



広島ブログ
  1. 2013/01/23(水) 08:01:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フクロウの巣箱かけを行いました。

日曜日の野鳥観察のつどい、その日の午後からは
フクロウの巣箱かけを行いました。

フクロウは主に大木の樹洞などに巣をつくりますが、
それだけ大きな樹はなかなか少なくなっています。

観察園でもたまに鳴き声が聞こえますし、当日は
近くで実際に見られた方もいました。
また、フクロウは縁起の良い鳥として知られていますが、
「ぼろ着て奉公」と鳴くので縁起が悪い鳥だといわれていた、という地元の方もおりました。

フクロウは大きさ約50cmの大きな鳥なので、
その巣箱も大きなもの。
今回のは高さ約80cm。犬小屋みたいです。


巣箱かけ

重さも結構ありましたが、
何とか設置できました。


巣箱かけ

今シーズンは遅いかもしれませんが、
来年にはこの巣箱で営巣してくれるかなと期待です。


巣箱かけ

巣箱の周りは、大きな石を積んでたりして危険なこと等あり、
立ち入り禁止区域にしているところです。
映眺池や散策道から見える場所に設置していますので、
そばに近づかず、遠くからようすを見て頂けますようお願いします。


梟や聞耳立つる三千騎 (正岡子規)



広島ブログ
  1. 2013/01/22(火) 12:57:17|
  2. 公園管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野鳥観察のつどいを行いました

昨日は、二十四節気の「大寒(だいかん)」
先日の雪もまだ溶けない寒中でしたが、
「野鳥観察のつどい」を行うことができました。

双眼鏡の使い方等の説明の後、自然観察園へ。

野鳥観察のつどい

早速、ヤマドリの飛び立つところを見ることができました。

木の枝に止まった
カシラダカ

カシラダカ

地面でエサをさがす
ミヤマホオジロ

ミヤマホオジロ

顔の黄色が鮮やかでしたね。

トビも上空でよく舞っていました。

トビ

遠くの空には
ハイタカのなかま?の鳥影も

ハイタカ属

枯れ松の上につくられた
カラスの巣

カラスの巣

枯れ木に穿たれた
コゲラの巣のあと

コゲラの穴

こうした穴を
ヤマガラやシジュウカラなどが
巣づくりに利用しているようです。
中古物件ですね。

昨年つくったような巣箱は、そうした
穴を模倣したものです。

野鳥観察のつどい

2時間ほど園内を散策し、戻ってきた管理センター前で
今日のまとめ

今回、確認できた鳥は、
ツグミ、ヒヨドリ、モズ、シロハラ、ジョウビタキ、
カワラヒワ、ベニマシコ、ホオジロ、ミヤマホオジロ、カシラダカ、
シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、ハシブトガラス、ハイタカのなかま、
キクイタダキ、トビ、ヤマドリ
の計18種でした。

ルリビタキ等のきれいな“スター選手”には出会えませんでしたが、
野鳥観察の楽しみを共有できたのではないかと思います。



大寒の馬鹿晴れにして山へ鳥 (岸田稚魚)



広島ブログ
  1. 2013/01/21(月) 12:16:26|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

倒木

今朝の夢公園
せら夢公園

昨日にかけて降った雪でまっしろ。

アカマツ

雪の重みでアカマツも傾いたり折れてたり。

コナラ

ソヨゴやコナラも倒れていました。
手前に倒れているのがコナラですが、
実はこのコナラ、夏には
カブトムシがやってきていた思い出の樹。


カブトムシ

2012年7月17日の夕方の写真。
カブトムシが樹液にたかる姿を見たのは
私はこの時が初めてで感動しました。


コナラ

幹に、おそらくカミキリなどのムシが入ってて、
その傷口から樹液が出てたんですよね。
今回、そこに雪の重みが加わって、折れてしまったんだと思います。


コナラ

ちょっと残念でした。

まだ雪は溶けきっていませんが、順次
倒木などの処理を行っていきたいと思います。
公園までの道の雪は大丈夫ですが、
日曜日の観察会の時には、園内の雪もある程度
溶けててほしいなぁ。


大空に伸び傾ける冬木かな (高浜虚子)



広島ブログ
  1. 2013/01/18(金) 16:25:01|
  2. 生きものがたり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週末の観察会

今週末の1月20日(日)には、
「野鳥観察のつどい」を行います。


野鳥観察の集いチラシ

身近にいるはずの野鳥たちですが、
なかなかじっくりと向き合う機会は少ないのではないしょうか?
この機会にぜひ足をお運びください。

今回は午後から、フクロウ用の巣箱かけも行う予定です。
自然観察園でもフクロウの鳴き声が時折聞こえるので、
今から楽しみです。

こちらは先日見かけた
ホオジロ
ホオジロ

正面から見た顔は“隈取り”みたいで、
ちょっと怖いというか、ユーモラスというか・・・。
観察会当日もぜひこの子たちに出会いたいですね。



広島ブログ
  1. 2013/01/16(水) 12:05:15|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マヒワ

マヒワもいました。
マヒワ

同属のカワラヒワに似ていますが、
きれいな黄色がより鮮やかです。


マヒワ

冬鳥として、秋に大陸から全国に渡って来ます。

マヒワ

せら夢公園でどんな鳥が見られるか、
1つ1つ確認できた種類が増えていくのも嬉しいものです。


峡(かひ)の空四五羽渡るを鶸(ひは)と見き (上村占魚)



広島ブログ
  1. 2013/01/15(火) 06:58:27|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒョウモンモドキ関連

先日の中國新聞に
ヒョウモンモドキに関連した記事が載っていましたので、
スキャンを貼り付けておきます。


中國新聞記事


子どもたちに地域の自然を正しく学んでもらう
取り組みを私たちも推進していきたいと思います。



広島ブログ
  1. 2013/01/14(月) 06:53:33|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

山雀・四十雀

エナガメジロと一緒にやってきていた
ヤマガラ

ヤマガラ

すごい!
こんな姿勢まねできません・・・。


シジュウカラ

こちらは
シジュウカラ


シジュウカラ

よく見ると落ちついた色合いで
おしゃれですね。


冬禽の俊敏くろき佐久平 (松本 進)



広島ブログ
  1. 2013/01/13(日) 06:48:36|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メジロ

先のエナガの群れに先駆けて
メジロの群れもやってきていました。
10羽以上はいたでしょうか。
賑やかな雰囲気が通り過ぎていきます。


メジロ

ヒサカキの実をGET!

メジロ

白いアイリングが目立ってますね。

メジロ

この子もけっこうすごい態勢。

メジロ

声はすれども、なかなか姿を捉えきれず。

メジロ

右下、枝葉の蔭に写ってました。

いつでも出会えてる訳ではないですが、
私たちの暮らしのすぐ隣りにも、たくさんのいのちが生きています。



広島ブログ
  1. 2013/01/12(土) 07:06:53|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エナガ

エナガの群れに遭遇!
エナガ

賑やかに動きまわっていました。

エナガ

すごい態勢!!

エナガ

白い帽子と長いしっぽの可愛い鳥。

エナガ

群が移動していくようすは、
テレビなんかで見たバッタ(飛蝗)の群れを連想してしまいました。
そんなに激しくはないですけれど。


エナガ

他にも、メジロやジジュウカラ、ヤマガラなどがいた混群でした。
フィーバーです。



広島ブログ
  1. 2013/01/11(金) 07:03:49|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカゲラ

アカゲラもいました!
アカゲラ

キツツキのなかま
松枯れ病のアカマツをタラララ♪と叩いて
虫など探しているのでしょう。


アカゲラ

後頭部が赤いので
この子はオス。


アカゲラ

後ろ足でがっしり幹を捉まえています。


啄木鳥よ汝も垂直登攀者 (福田蓼汀)


※ 啄木鳥(きつつき)
※ 登攀者(とうはんしゃ)=climber、クライマーのこと

広島ブログ
  1. 2013/01/10(木) 07:25:15|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の七草をさがそう!を行いました。

先日6日には
観察会「春の七草をさがそう!」を行いました。

七草は、地域や時代によって諸説ありますが、一般には
せり、なずな、おぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ
で、標準和名では、
セリ、ナズナ、ハハコグサ、コハコベ、コオニタビラコ、カブ、ダイコン
だといわれています。
七草粥の行事は、
新春の若菜を摘んで、頂き、その生命力にあやかろうとしたもの
ですので、“若菜摘み”がてら
田んぼや畑、里山の冬の植物を観察する機会としました。

最初、市販の七草セットで、
七草の植物と名前を覚えてもらい、
観察園を散策しました。

とりあえず
セリ (芹)を発見。

セリ

田んぼや水路にはびこる雑草ですが、
香もよく柔らかいので、食用に最適です。

七草では他に、おぎょう(ハハコグサ)も見つかりました。

こちらは、ナズナと同じアブラナ科の
タネツケバナ (種漬花)

タネツケバナ

クレソンみたいな感じでいけます。

よく見かけるロゼットのは
ヒメジョオン

ヒメジョオン

春に白い花をたくさん咲かせる外来植物ですが、
その若菜は天ぷらなどでもおいしいです。

その他、チチコグサモドキやオランダミミナグサなど、
外来植物が多かったものの、
冬でもたくましく育つ植物のようすをみることができました。

七草のうち、ほとけのざ とされる
コオニタビラコなどは近年少なくなり、
管理人も世羅ではまだみたことがありません。
それと同時に、七草粥とセットの行事である
“若菜摘み”も、その風景を見かけることがほとんどありません。
そうした中で、今回“若菜摘み”を少しでも
体験できたことは良かったのではないかと思います。

最後に、用意しておいた
すずな(カブ)、すずしろ(ダイコン)と
採ってきたセリ、おぎょう(ハハコグサ)をいれた
“七草粥”をみなさんで頂きました。


七草粥

今年1年も健康で過ごせますように。


七草籠稚(をさ)なき野の香寄せ合ひて (山崎秀子)



広島ブログ
  1. 2013/01/09(水) 16:15:39|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

正月たこあげまつりを行いました。

正月たこあげまつり」!
昨日は広いせら夢公園に、たくさんの凧があがりました。

たこづくり教室も30人以上の子どもたちに
ビニール凧をつくってもらうことができました。
これが一番お手軽にできて、よくあがります。
子どもたちには凧に絵を描いてもらうところから。


たこづくり

お正月らしく“描き初め”かな。

たこ糸を結んだりするのも小さい子にはなかなか難しいもの。
ばってん結びの練習です。


たこづくり

できた凧を早速あげて楽しんでいました。

たこあげ

たこあげの写真を撮るのはむずかしいですね。遠くからだと凧見えないしですし。

連凧にも挑戦!

たこあげ

見事にあがりました!

子どもたちに元気に外で遊んでもらうことができて
よかったです。

お正月にはたこあげて~♪とありますが、
若い人でもたこあげをしたことがないと答える人が結構いるので、
日本の伝統行事、ぜひ体験してほしいと思います。


凧の尾をちらりと見ゆる朝の彌撒(ミサ) (石 寒太)



広島ブログ
  1. 2013/01/06(日) 07:06:53|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジョウビタキ

ジョウビタキ(尉鶲)のメス

ジョウビタキ

ジョウビタキ

ジョウビタキ


鶲美し太陽を背に飛びうつり (原コウ子)


広島ブログ
  1. 2013/01/05(土) 06:29:07|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

センサーカメラ

借りている赤外線センサーカメラを
貧栄養湿地西のあずま屋に仕掛けてみました。


シカ

シカが写っていました(左から2本目の柱 右)
目が光っています。


キツネ

キツネも写っていました(右下隅)
しっぽがふさふさ


キツネ

こちらもキツネ(左中)
雪の影も写っています。
カメラの気温計で華氏22度、摂氏だと-5.6℃くらいです。寒い。

舗装してる散策道ですが、夜には
動物たちも通っているのですね。


吉次越狐の径(みち)となりて絶ゆ (水原秋櫻子)



広島ブログ
  1. 2013/01/04(金) 06:25:49|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰省報告

年末から元日まで数日帰省しておりましたが、
その時の写真など、アップしてみます。

まずは、
ツリーハウス

ツリーハウス

小学校の裏山にある交流施設にできていました!
周りに木がいっぱいなので、眺めよしとはいきませんが、
木々のようすを観察するのにとっても楽しい。
管理人の実家は高知県
土佐の山村なのですが、山村を楽しくする活動が
いろいろ展開されているようです。

続いて、管理人の実家の集落

風景

山蔭のかぶった一番右下に写る屋根が
管理人の実家。
右の山は石灰岩質で、
県天然記念物の鍾乳洞があります。
写真を撮ったところは「土居(どい)」という小字で、
一般に土地柄のよいところに付けられる地名です。
日当たりもよくポカポカ。
逆に、管理人の実家は日当たり悪く
「土居の前」という小字です。


ヒガンバナ

畑の法面は鮮やかな緑色。
ヒガンバナの葉っぱです。
秋の真っ赤なヒガンバナはきれいでした。
ヒガンバナは有毒ですが、飢饉の時には
塊茎に蓄えられたデンプンが役立つ救荒作物。
日本にあるヒガンバナは、大陸からの帰化植物で、しかも
種で増えることができない形質なので、全て
誰かが株分けして植えたものなのです。
飢饉の時を思い、法面にも植えたのでしょう。


ヒガンバナ

道もしばらく通ってないとヒガンバナでいっぱい。
つるつるの葉っぱで、滑ってこけてしまいました。
子どものころは、これで草スベリを楽しんだ記憶があります。


ずいき
これは
「ずいき」の畑だと思います。
一般にずいきはサトイモのくき(葉柄)のことですが、
高知には生食用のずいきの品種があるのです。
かなり急なところに植わっていますが、
山の急峻な高知ならではの風景。
先ほどのヒガンバナもそうですが、
急な斜面も貴重な生産の場、生活を支える土地なのです。

草蔭には真っ赤な
冬いちご

冬いちご

正月飾りに使った
ユズリハ

ユズリハ

竹林に採りに行ってきました。

集落を対岸から見ると、こんな感じ。


風景

棚田も、管理人が小学生のときは田んぼをつくっていましたが、
今は休耕したり、特産のユズを植えたりされています。

以前、この風景を見た人が、焼畑をやってそう
と言われたことがありましたが、まだ確かめてはいません。
ただ、昭和30年代には炭焼きなど祖父がやっていたそうです。

また今回は、県境ちかくの村から嫁いできた近所のおばさんから、
そこでの焼畑の話を少し聞くことができました。
① 山の木を切って、薪にできるところは採って、残りを焼く
 1年目はヒエをつくる
② 2年目はアズキをまいて、草を刈って、耕す(→アズキ収穫)
③ 3年目はスギを植林し、ミツマタ(和紙の原料)も植える
 スギの世話をしながらミツマタを採る
④ ミツマタがスギの蔭になったらやめて、スギ林へ
という感じのお話でした。
また、家の周りには和紙の原料にと
梶やこうぞを植えていたそうです。
仕事の合間に聞いた話でしたが、今度は
もう少し詳しく聞いてみたいと思います。

すぐ近くの神社

神社

毎年元日12時からは、氏神さまのおまつり。
太夫さんに来てもらって、祝詞をあげてもらいます。
主神はイザナミ命
隣の集落にも同名の神社があり、
どうも三姉妹のお姉さんということらしいです。
また、昔集落に連れて来ていた馬頭観音や金比羅さんなどの祠、
6柱も併せて一緒にまつるようにしたと聞いています。
そのためか、おまつりが年に6回あるそうです。
ちなみに村にはお寺がありません。
幕末-明治期におこった廃仏毀釈の影響でしょうか。


ルリビタキ

最後に、元日早々嬉しかったのは、初めて
ルリビタキのオスが見れたこと!
ほんと、瑠璃色がきれいでした。


ルリビタキ

メスは何度か見てるんですけどね。
夢公園でもぜひ見てみたいです!


晴天と書きしばかりや初日記 (中村苑子)



広島ブログ
  1. 2013/01/03(木) 06:54:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

夢公園

せら夢公園
2013年初めの朝も静かに明けて、
本日2日から開園しています。

本年もよろしくお願い致します。


濯(すす)ぎ場にすこし雪ある二日かな (沖崎一考)



広島ブログ
  1. 2013/01/02(水) 09:31:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。