せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

稲刈り体験

この土日は町内の3つの農業法人さんのところで
稲刈り体験が行われました。

まずは、田打地区
地元の方が事前に採ってきた生きものたちを展示。


田打

タイコウチが20匹以上!!
こんなに見られるところは今少ないのではないかと思います。
やっぱりよい環境ですね。


田打

トンボたちが舞う中、稲刈り体験

田打

上の写真、左上にトンボの影が写っていました。
おそらくウスバキトンボでしょう。
稲刈りをはじめると、トンボたちがどこからともなく集まってきていました。
作業に驚いて飛び出てくる小さな虫を狙っていたのでしょうか。
上空にはウスバキトンボが舞い、
稲穂の海の上をナツアカネやノシメトンボ、マユタテアカネといった
赤とんぼたちが、すべるように飛んでいました。
子どもたちも赤とんぼやイナゴ、コオロギ等の虫たちを捕まえて
楽しんでいました。

続いて、黒川地区
午後からの生きもの観察に合流です。


くろがわ

ビオトープ田んぼのヒヨセでは、メダカやドンコたち、
刈ったばかりの田んぼでは、ヌマガエルやトノサマガエルにオオコオイムシ、
ナツアカネやノシメトンボ、マユタテアカネ、シオカラトンボ
などが見つかりました。

オオカマキリ、ゲットだぜぇ~!


オオカマキリ

まとめの話をしていると闖入者が!

オオモンクロベッコウ?

クモをくわえた狩人バチのなかま。
オオモンクロベッコウでしょうか?
お母さんが一生懸命運ぶようすをみんなで観察しました。

最後は、黒渕地区


黒渕

午後からは田んぼの横を流れる川で生きもの観察。

黒渕

大きなドンコ

ドンコ

他にも、
メダカ、カワムツ、ヨシノボリのなかま、スジエビ、
タイコウチ、オニヤンマ、コオニヤンマのヤゴ、
トノサマガエル、カワニナ
などが見つかりました。
地元の方も、上から見ただけじゃ何にもおらんようなけど、
こんなに見つかるなんて!と驚いてました。

やっぱり世羅の田んぼはすごい!
環境がいいですね。

田んぼは稲を育ててる・米を作ってるだけじゃなく、
生きものたち、自然環境、ひいては私たちの暮らしを支える
大切なものだと感じて頂けたのではないでしょうか。


山の子の大き長靴稲運ぶ (井上久枝)



広島ブログ
  1. 2012/09/24(月) 20:08:08|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0