せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

カキツバタ

自然観察園の湿地で
カキツバタ(杜若、燕子花)が咲いています。

カキツバタ

世羅台地自生のカキツバタ
サポーターズクラブの方が増やしたものを移植しました。
移植してから4年目。
少しずつですが、株も大きくなり、花数も増えています。


カキツバタ


燕子花書院は池に影正し (水原秋櫻子)


広島ブログ
  1. 2012/05/28(月) 17:59:57|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハッチョウトンボ

自然観察園の湿地エリア
日本一小さいトンボ、
ハッチョウトンボが出てきています。

写真は先日の金曜日、
雨中のハッチョウトンボたち。


ハッチョウトンボ

上の写真はメス。
ススキの葉の裏で雨宿り。


ハッチョウトンボ

こちらはオス。
羽化して間もないオレンジ色。
成熟すると体が赤く色づいてきます。
楽しみですね。



広島ブログ
  1. 2012/05/27(日) 21:29:16|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒョウモンモドキ保全協

昨日の中国新聞に
ヒョウモンモドキ保全協の記事が掲載されていました。


中国新聞記事

広島ブログ
  1. 2012/05/25(金) 11:33:42|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山辺の白い花

先日5月21日からは二十四節気の
「小満 (しょうまん)」
万物 次第に長じて満つる、という意味で
草木も茂り、植物は実を結び、
(ひと昔前は)田植えの準備の頃。

自然観察園の草木もどんどん茂ってきています。

そろそろ咲き始めようとしている
エゴノキ

エゴノキ

シライトソウも咲き始めました。
シライトソウ

里山を歩くのも楽しくなりましたね。
シライトソウ

大きな白い花の
ホオノキ (朴の木)

ホオノキ


月読の神の山なり朴の花 (加藤三七子)


広島ブログ
  1. 2012/05/24(木) 12:42:44|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然観察園ウオーキングを行いました。

今日の観察会「自然観察園ウオーキング」
さわやかな晴天、とはいかないものの
涼しげなくもり空。
いろいろな生きものたちと出会いながら、
園内をウオーキングです。

まずはタンポポの上で
ベニシジミがお出迎え

ベニシジミ

山の入り口では、コナラの幼木に
オトシブミ

オトシブミ

葉っぱを器用に丸めて作った
オトシブミのゆりかご。
中で幼虫が育っています。
ゆりかごを切り離す種類もあり、丸めたお手紙にも似てるので
落し文(おとしぶみ)。
ゾウムシのなかまの甲虫です。
このゆりかごの主はヒメクロオトシブミでしょうか。


チゴユリ

チゴユリの花が咲いていました。
里山の散策道では他にもバイカイカリソウ
などが見られます。


ヒキガエルおたまじゃくし

トンボ池のヒキガエルのおたまじゃくし。
もう足が生えてきていました。
あまり泳がずじっとしています。


ヨツボシトンボ

湿地では
ヨツボシトンボの羽化を目撃!


ヨツボシトンボ

ため池では
ヒメコウホネの花が満開です。


ヒメコウホネ

今日観察できた生きものたちの一部をリストアップ。
ベニシジミ、シオヤトンボ、オトシブミのゆりかご、ハッチョウトンボ、ヨツボシトンボ、
ヒキガエルのオタマジャクシ、トノサマガエル、ニホンアカガエル、ウシガエル、
メダカ、
ブタナ、ホオノキ、クマイチゴ、ササユリ、ナルコユリ、
チゴユリ、バイカイカリソウ、シライトソウ、カキツバタ、スズメノヤリ、
モウセンゴケ、オグラコウホネ、ヒメコウホネ、コウホネ、アサザ、ジュンサイ、
ヒトクチタケ
これだけでも27種類
身近な里山の生きものや、
貴重な湿地・ため池の生きものを
学んで頂けたのではないかと思います。

午後からは、お楽しみ
よもぎだんごづくり。
さとうわきこ作“ばばばあちゃんシリーズ”
「よもぎだんご」

絵本を読んだ後、その作り方どおりに再現。
少し硬くなり始めたヨモギですが、
とってもいい香り。


よもぎだんご

きれいな緑色の
よもぎだんごができました。


よもぎだんご

きなこやあんこをつけて
おいしく春の香りを頂きました。
自然の中で、自分たちでつくったよもぎだんごは
また格別です。


草餅や軒端の山を眺めもし (楠目橙黄子)



広島ブログ
  1. 2012/05/20(日) 17:11:59|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クラフトづくり

今日は午後から、県民公園管理センターにて、
せら夢公園サポーターズクラブの会員さんが、
クラフト体験教室をゲリラ開催。

木工クラフトで
アオバズク(青葉木菟)

クラフト・アオバズク

会員さんが部品を用意して下さっており、
木工用ボンドで部品をくっつけるだけのお手軽クラフト。

お手本にならい、管理人も早速作成です。

クラフト・アオバズク

フクロウのなかま。
おなかに“福”の字を入れてみました。
これで福がやってくる!?かも


クラフト・アオバズク
白いのはまだ乾いてない木工用ボンドよ・・・
せなかには俳句歳時記から、
アオバズクの句を書き入れてみました~


クラフト体験

ゲリラ開催にも係らず、
10人の方に体験して頂けました。
ご参加頂いたみなさん、ご準備下さった会員さん、
ありがとうございました。

こうしたクラフトづくりも
取り入れていきたいと思っています。
乞うご期待。


青葉木菟村に夜遊び廃れずに (大野林火)



広島ブログ
  1. 2012/05/19(土) 21:49:05|
  2. クラフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒョウモンモドキ保全協

ヒョウモンモドキ保全協の活動が
中国新聞に紹介されていました。


中国新聞記事
広島ブログ
  1. 2012/05/18(金) 18:29:03|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キシツツジとアゲハ蝶

5月に入って
キシツツジが花を咲かせています。


クロアゲハ

湿地など水辺周辺に生えるキシツツジ。
県内では比較的多く見られますが、
全国的には分布域が狭くて貴重。
広島県では準絶滅危惧種に指定されています。

自然観察園では、開園工事に伴って、自生株を
再移植していますが、全くの自生株も多くあります。


クロアゲハ?

アゲハ蝶が蜜を吸いにやってきています。
クロアゲハでしょうか。


クロアゲハ

クロアゲハの幼虫は
イヌザンショウなどを食べて大きくなります。


遠く来て夢二生家の黒揚羽 (坪内稔典)



広島ブログ
  1. 2012/05/13(日) 18:16:10|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハルゼミ

気温が上がると早くもセミの鳴き声が聞こえてくる
せら夢公園
ハルゼミです。


ハルゼミ

アカマツの木・枝に止まって鳴くハルゼミ。
松蝉という別名もあります。


[広告] VPS


鳴き声を動画でアップしてみましたが、
モトクロスの音や子どもの声なども入ってて、聞きづらいかも・・・。

マツ林で暮らしているハルゼミ。
マツ枯れ病等により、アカマツ林が少なくなってしまった今日では、
ハルゼミも絶滅のおそれあり。
ハルゼミの声を聞けるのこの場所も貴重です。


ハルゼミ

ちなみに、
上の写真がオス、
下の写真がメスです。
(昨年の写真。実際の大きさはオスの方がやや大きいようです。)


ハルゼミ♀

まだ涼しい初夏ですが、
セミの声で夏気分を先取りの
せら夢公園です。


松蝉や奈良に食ひたる麦の飯 (藤田湘子)



広島ブログ
  1. 2012/05/09(水) 18:28:10|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カスミサンショウウオとおまけ

3月には卵のうやオタマジャクシのようすを紹介した
カスミサンショウウオ
産卵が終わった後は、周囲の里山で暮らしていると言われています。

今日は湿地の整備作業中、土のかたまりの下で
カスミサンショウウオを見つけました。


カスミサンショウウオ

夜行性で、昼間は落ち葉や朽ち木の下に隠れてるそうですから、
ちょうどお昼寝のお邪魔をしてしまったでしょうか。


カスミサンショウウオ

自然観察園では、
トンボ池上流部の“カスミサンショウウオの池”と
その下のヒヨセ、
富栄養湿地の手水鉢のところで卵塊を、
また、ログハウス下の舗装道では死体を
それぞれ確認しています。
今日は貧栄養湿地で成体を確認しましたので、
カスミサンショウウオの行動範囲は思ったより広いようですね。

おまけは、
トノサマガエルくんとウシガエルちゃんの2ショット

トノサマガエルとウシガエル

繁殖期のオスは、てごろなサイズのカエルっぽいものに
見境なく抱きつく習性があるので、こういうことが起こります。
ちなみに、ウシガエルがメスかどうか、確認してませ~ん。


トノサマガエルとウシガエル

アメリカ原産の外来生物 ウシガエル
小サイズの時のおどおどした目つきは原産地での
厳しい生存競争の結果なのかな、と思ってみたり。

トノサマガエルのたまごもどんどん生まれている
自然観察園です。



広島ブログ
  1. 2012/05/07(月) 21:48:36|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨツボシトンボ

トンボ池で
ヨツボシトンボを発見!

ヨツボシトンボ

4枚のはね、それぞれの中間のところに黒い点が
合計4つあるところから、四つ星とんぼ。


ヨツボシトンボ

自然観察園では、春
まずは、成虫で越冬するオツネントンボ、
ホソミオツネントンボ、ホソミイトトンボの3種が
ため池にやってきて、
シオヤトンボが羽化して、クロスジギンヤンマ、
そしてこのヨツボシトンボ
といった具合にトンボたちが現れてきます。

立夏にGWが過ぎたこれからは、
どんどんいろんなトンボが出てきますよ。

という訳で、観察園に春から夏への便りを知らせる
ヨツボシトンボちゃんなのでした。


干し烏賊のすだれ沖より夏は来ぬ (小田実希次)



広島ブログ
  1. 2012/05/06(日) 21:11:45|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トンボ池

今日は立夏(りっか)
夏の気配が感じられる頃
少し肌寒かった昨日とは一変、
暑い一日となりました。

そして今日はこどもの日
子どもたちの健やかなる成長を祈ります

自然観察園のトンボ池では・・・

クロスジギンヤンマ羽化

子どもから大人へと飛び立つ瞬間
クロスジギンヤンマの羽化が見られました。


クロスジギンヤンマ羽化
あちらにも

こちらにも

クロスジギンヤンマ羽化

新しい季節の訪れを感じます。

春まっ先に見られたトンボ、オツネントンボたちの
恋の季節も急ぎ足・・・


オツネントンボとホソミオツネントンボのペア

青空色のホソミオツネントンボのカップルにまでアタックをかける
オツネントンボのオス。
ヤマトミクリの葉にとまるホソミオツネントンボのカップルは
雌雄とも、はねを開いてNO!サインです。

ヤマトミクリには
ヒキガエルのおたまじゃくしもたかってます。


ヒキガエルのおたまじゃくし

水草表面のヌルヌル、バクテリアを食べてるのでしょうね。

水草が増えて、
トンボ池もにぎやかになってきました。


トンボ池


一人には重き荷を負ひ夏に入る (稲畑汀子)


広島ブログ
  1. 2012/05/05(土) 21:18:17|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お月様とお日様と

菜の花や

月は東に

東の月

日は西に
西の夕日

江戸時代の俳人 与謝蕪村の有名な句
菜の花や月は東に日は西に

春の遅い世羅台地でこの句の雰囲気を味わおうとすると
この時期ですかね。菜の花も満開です。
上の写真2枚は今日の18時半過ぎ、
せら夢公園のゲート前で撮ったものです。
写真ではお伝えできてませんが、
「月は東に日は西に」とこの時期の世羅台地ならでは
大パノラマなんです。

満月は6日(日)
明日も「月は東に日は西に」を味わえるのではないでしょうか。
(月の昇る時間は日に日に遅くなりますからね)

町内の花観光農園さんでは、一面の菜の花畑を
見られるところもあるみたいです。


菜の花の写真もないとブログがさみしいので、
昨年の写真をペタリ。

菜の花


菜の花や月は東に日は西に (与謝蕪村)


広島ブログ
  1. 2012/05/04(金) 21:57:05|
  2. 地学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ツバメシジミ

タンポポの花に3匹のチョウ
ツバメシジミ

シジミチョウのなかま。
はねの形が蜆(しじみ)貝に似ているので、そう呼ばれています。
この子たちは「ツバメシジミ」


ツバメシジミ

近くの草むらでは
チョウのカップル“蝶番”


ツバメシジミ

見つかって
あわてて逃げる隠れるチョウのカップル


ツバメシジミ

新緑の季節
公園の芝生も青々としてきました。


せら夢公園


標準和名:ツバメシジミ
分類:チョウ目 シジミチョウ科 ツバメシジミ属


泥染の泥田の小畦蜆蝶 (木村蕪城)



広島ブログ
  1. 2012/05/03(木) 18:12:31|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホソミオツネントンボ

今日から5月ですね。
田んぼのトノサマガエルは元気に鳴き、
アカマツ林のハルゼミも鳴いています。
ツバメもすいすい飛んで、
トンボもどんどん出てきています。
元気あふれる季節ですね。

ため池では、ホソミオツネントンボのカップルが見られます。


ホソミオツネントンボ

漢字で書くと“細身越年蜻蛉”
成虫で越年する、冬を越すトンボ。
春のため池、最初期に産卵するトンボの1つです。


ホソミオツネントンボ

5月のさわやかな空のように青いホソミオツネントンボの
ラブラブ・ハートです!


子の髪の風に流るる五月来ぬ (大野林火)



広島ブログ
  1. 2012/05/01(火) 22:04:40|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0