せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

自然観察園ウオーキングを行いました(4月8日)

4月8日(日)には、今年度最初の観察会
「自然観察園ウオーキング」を行いました。

6日(金)にはアラレが降り、
梅がようやっと咲き始めたばかりの世羅台地でしたが、
この日は朝からいいお天気。
ヒバリも元気に歌っていましたよ。

10数人のご参加。
今回はノルディック・ウオーキングで、
観察園を歩きました。

以下、ご参加頂いたS.N.さんのブログから
お写真をお借りして、ウオーキング、観察会のようすを
ご紹介したいと思います。


自然観察園ウオーキング

まずは、夢見山(標高502m)に登って、
春の世羅台地を眺めます。


夢見山

この日は見晴しもよく、
世羅台地の玄武岩ドーム(1200~800万年前の火山のあと)が
よく見えました。
形のよい「早山ヶ城(はやまがじょう)」

早山ヶ城
早山ヶ城の左には「高山(こうやま)」も見えます。
手前の青いネットで囲われてるのは、なし園。

左には「権現山」

権現山
ふもとにある「世羅ゆり園」では
ビオラ祭を開催中。
左奥には「頭士山」も。

世羅台地は、直径約30kmの範囲内に
大小30個以上の玄武岩ドームが集中して見られる
珍しいところ。
そうした地形のおもしろさを感じれるもの
夢公園の魅力です。


遊具広場

次は、すべり台の横をぬけ、
里山の散策道へ


里山の散策道

このところの寒さ、
シュンランの花芽もようやく出てきたところ。
陽だまりでは、
ショウジョウバカマのつぼみが開き始めてて
ちょっと感動。ピンクがかわいい。
ヒサカキの花も咲き始めていましたね。

トンボ池に下りてきて、
ヒキガエルのおたまじゃくしも観察。


ニホンヒキガエルのおたまじゃくし

おたまじゃくしの形になってきました。
もうすぐ泳ぎ始めるかな。
湿地でアカガエルのおたまじゃくしも観察です。

あぜ、法面には
つくしも生えてきています。


つくし

まさ土でやせた土壌のためか、
ちょっと貧弱・・・

草はらには
タネツケバナも咲いてました。


タネツケバナ

名前の由来は“この花が咲いたら、稲の種籾を水に漬けて、
田植えの準備”ということから。
世羅でも田植えにむけて忙しくなってきています。

オオイヌノフグリの花に、日向ぼっこのナナホシテントウ、
4葉・5葉のクローバーも見つかりました。

メダカ池では、浅瀬に集まってたメダカたち。
こちらも日向ぼっこでしょうか?
シュレーゲルアオガエルの鳴き声も聞こえてきましたよ。


ナツツバキ

ナツツバキの木が生える林。

ナツツバキ

木肌のもようが美しいです。

のんびり草原をぬけて
出発地の管理センターに戻りました。


のんびり草原

少し早めの春を満喫した自然観察園ウオーキング。

S.N.さん、お写真&ご参加頂きまして、
ありがとうございました。

自然観察園は、5年目に突入。
今年度もよろしくお願い致します。



広島ブログ
  1. 2012/04/10(火) 11:31:27|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1