せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

滋賀県高島市に行ってきました

先日、研修で滋賀県高島市に行ってきました。
今年で3回目となるこの集い(ワークショップ)。
今回も、東は茨城県から西は熊本県までと多様な参加者10数人。

早速、「かばた見学」というガイドツアーを体験。
今回宿泊もした滋賀県高島市新旭町針江(はりえ)は、
“生水(しょうず)の郷”と呼ばれるほど湧き水の豊富な地域。
集落を巡る水路やその水を利用する“かばた(川端)”や
水辺の暮らしを地元の方が案内してくださるこのガイドツアー。
写真家の今森光彦氏が指揮したNHKの番組で
取り上げられたのをきっかけに一般の観光客が急増。
静かな集落のくらしを守る自警団的な取り組みから、
このガイドツアーは始まったそう。


かばたツアー

集落を流れる川。階段のところ、昔は舟着き場。
バイカモやミクリ類が生え、また
魚が住めるように川底やブロックの法面も工夫されていました。

ガイドをして下さった地元の女性。


かばたツアー

地域の歴史性や生きものについても造詣が深く、
滋賀県の環境に対する意識の高さを感じました。

で、これが“かばた”


かばた

湧き水を利用する場で、各家にそれぞれあるそうです。
コイ等が飼われていて、食器についたごはん粒等を食べてくれます。
各かばたは水路でつながっており、
下流の家の人に配慮する文化がありました。
これからの社会にとても大切なものが、文化として見られる貴重な場所。
プライベートな空間ですが、こうして見学させて頂けることに感謝でした。

次は集落から出て、
「たかしま生きもの田んぼ米」の取り組みを見学。
高島市の多様で豊かな自然環境を活かしながら、
農薬や化学肥料等をできるだけ使用しない米づくり、
生きものとの共生をめざす工夫、といった取り組みを行い、
ブランド化しています。
近江商人の「三方よし」“売り手よし、買い手よし、世間よし”にならい
“農家によし(経営の安定)、消費者によし(食の安全)、生きものによし(生物多様性の保全)”
の関係づくりをめざしています。


たかしま生きもの田んぼ

この日は田んぼを一ヶ所見学。
水田魚道を設置していました。

隣の田んぼでは、琵琶湖畔の平野部にもかかわらず、
水路(下写真手前)にはカスミサンショウウオが産卵しているらしい。


たかしま生きもの田んぼ

ビオトープ田んぼには、池や溝が芸術的に配置され、
カヤの生えたところはカヤネズミの住みかとしているそうです。


たかしま生きもの田んぼ米
取り組みに参加している農家さんは、
それぞれ自分の田んぼの「自慢の生きもの」を
3種選んで、できる範囲での保全策に取り組んでいます。

続いて、
「高島市新旭水鳥観察センター」


水鳥観察センター

喫茶でコーヒーを楽しみながら、琵琶湖の水鳥を観察できる
贅沢スポット!


水鳥観察センター

オオバンやコガモ、サギ類など、時間を忘れて
水鳥とコーヒーをじっくり堪能です。


水鳥観察センター

豊かな湧き水を活かした
酒蔵も見学。


酒蔵

“蔵つき酵母”で醸すお酒。
「木槽天秤しぼり」というしぼり方で、ゆっくりしぼります。


木槽天秤しぼり

酵母という目には見えない小さな生きものですが、
この蔵にはたくさんいるんだなぁ、となんとなく感じちゃいます。
しぼりたてのお酒と酒かす、とてもよい香りでした。

夕食は、琵琶湖の幸、生物多様性を味わうワークショップ。
こちらは地元で“とんぼ”と呼ばれる日本在来のコイ。


コイ

イワトコナマズ。

イワトコナマズ

ビワマス。

ビワマス

絶滅危惧種に指定されている魚もありましたが、
大切な地元の食文化でもあります。
ブラックバス等の外来種問題をはじめとして、
これらの魚、そして魚を漁る、食べるという文化も
危機にあります。


夕食WS

“生物多様性を守る”ということは、
単に、生きものや自然環境を守ればよい、ということではなくて、
私たち人が自然とどのような関係性を育んでいくのか、
その関係性を受け継いでいく、ということが大切です。
食文化など、自然を利用する知恵はその1つ。
地域の自然・生きものは大切だ、と感じ行動する
人がいて、はじめて“生物多様性”は活きてくるのだと思います。

人と自然の関係も、何千年、何百年と続いて出来てきたもの。
世羅台地の米づくりも千年以上の歴史があります。
それぞれの地域の生きものたちも、
その背後には、遠大な歴史性「時間」が、実は存在しています。
人の手ではどうすることもできない「時間」。
そこに、身近な自然・生きものたちを大切に思うヒントが
あるような気がします。
なんでもない壷も、時間がたてば「お宝」になったりしますしね。
その価値を訴え共感を呼ぶ「鑑定団」のような取り組みが、
これから必要ではないか、と思いました。



広島ブログ
スポンサーサイト
  1. 2012/03/31(土) 17:59:14|
  2. 公園管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

影絵展示中

先日24日に行った影絵ワークショップの作品、講師の
浜崎ゆう子さんのHP「影絵プラネット」でも公開しています。


当日、私が撮りきれていなかった作品もあり、改めて
みなさんいい作品ができていたなぁと思います。
生きものたちの魅力が伝わってきますね。


また、2月25日に行った「食と農の映画祭2012inおのみち」
で展示していた浜崎さんらの影絵作品を
尾道福祉専門学校で展示中です。


kagee

展示のボードは、公園スタッフの手づくり。

影絵

楽しみのワが広がっていければいいですね~。


広島ブログ
  1. 2012/03/30(金) 12:27:27|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

育ってます

トンボ池のヒキガエルの卵塊

トンボ池

順調に育っています

ヒキガエル

シュレーゲルアオガエルも鳴きだしました。


広島ブログ
  1. 2012/03/28(水) 22:08:34|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お天気

昨日、月曜日の朝は
うっすら雪が積もっていた せら夢公園


せら夢公園

それでも温か。
ヒバリが鳴いていました。

春の雪ひとりさえずる雲雀かな


アセビの花も咲いていました。


アセビ

ピンク色がかわいらしい。

ぬけるような青空。
春だなぁ~。


青空

夜には
金星と月と木星と
が見えましたよ~。


金・月・木

今日もいいお天気でしたね。

天高くヒバリが舞っていました。


ヒバリ

♪ Skylark, have you anything to say to me ~ ♪


広島ブログ
  1. 2012/03/27(火) 21:57:49|
  2. 地学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

せら里山楽校オープンキャンパス~スーパー松に夢をのせて~を行いました

3月25日(日)、
せら里山楽校オープンキャンパス~スーパー松に夢をのせて~
を行いました。

朝から、かまどを使ってお昼の
おにぎりとシシ汁の準備。


準備

参加者・スタッフあわせて約50人。
参加者も約半数は町内の方で、みなさんの意識の高さを感じました。

今日のメニューは、松枯れ病に強いアカマツを選抜・育成した
“スーパー松”の植樹。
まずは、ワイナリー裏の里山に植えに行きます。


里山

松枯れ病に罹ったアカマツを実際に見てもらいました。

森林組合に整備してもらった里山、
尾根(うね?)づたいの道を歩きます。


里山

ひと昔前はマツタケが出ていたであろう現場。
20年後に再び出てくることを願って、
スーパー松50本を植えます。

森林組合の高藤さんに植え方を教えて頂きました。


植樹説明

子どもたちもがんばって植えています。

植樹

根と土がちゃんと接するように、ふみふみ。

植樹

もう1ヶ所、県民公園すべり台の上のエリアにも
スーパー松を50本植えました。
途中で雪がふぶいてきて、寒い寒い。


植樹

寒さに涙を見せる子もいましたが、
みんながんばって植えてくれました。
ありがとう。

お昼はあったかいシシ汁とおにぎり。
みんなでがんばった後に食べるお昼は
ほんとおいしかったですね。

シイタケの植菌も体験、学ぶことができました。


シイタケ植菌

里やまに向けられた期待、大きいですね。
みなさんがちゃんと学べるプログラムの提供、
がんばっていきたいと思います。



広島ブログ
  1. 2012/03/26(月) 08:48:54|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

影絵ワークショップを行いました

今日、3月24日(土)
影絵ワークショップ」を行いました。
講師は影絵作家の浜崎ゆう子さん

影絵WS

「ゆかいな生きものたち」をテーマに、
午後3時から5時半までの、2時間半と短い時間でしたが、
みなさん、楽しい作品づくりができました。


影絵WS

できた影絵は早速に鑑賞。

影絵WS

最初“できない~”と言っておられた方も、
後半、作品づくりに熱が入ってきて、
思わぬ力作も誕生しました。


影絵WS

なんとなく作品に仕上がってしまうのも、
この影絵ワークショップの魅力ですかね~。

2時間半の集中力で稔った、みなさんの作品をご覧ください。


※ なかなかカメラで撮るのは難しかったです。
 その辺り、ご理解・ご了承ください。

作品

作品

作品
(ピンぼけ写真、ごめんなさいです・・・)

作品

作品

作品

作品

作品

作品

作品

楽しい作品づくりの時間をみなさんと
共有できて、嬉しかったです。

お足元が悪い中、ご参加頂いたみなさん、
本当にありがとうございました。

講師の浜崎ゆう子さん、
ご丁寧にご指導くださり、ありがとうございます。

またみなさんと、手づくりの時間を楽しみながら、
身近な自然・生きものに思いを馳せるプログラムを
ご提供できればと思っています。



広島ブログ
  1. 2012/03/24(土) 23:20:41|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

せら里山楽校オープンキャンパス

今度の日曜日、3月25日には、
「せら里山楽校 オープンキャンパス
~スーパー松に夢をのせて~」と題して
里山について学ぶイベントが行われます。

ちらし
仮植えをしてあるスーパー松たちも待っています。

スーパー松仮植

下見のようす

下見

夢公園の里山。
大きな岩があちこちに。まるで秘密基地みたい。


下見

落ち葉や下草のない、とれもきれいなところもあります。

下見

週末のお天気が少し心配ですね。

今日は春分の日。彼岸の中日。
暑さ寒さも彼岸まで。
これからいい季節ですね~。



広島ブログ
  1. 2012/03/20(火) 21:11:38|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオイヌノフグリ

明日は春分の日。
ずいぶんと温かく春めいてきましたね。

オオイヌノフグリの花が咲いていました。


オオイヌノフグリ

西アジア・中近東原産の帰化植物。外来雑草。
日本で確認されてから約120年たっているそうで、
荒地で見かける“おなじみさん”になっています。
さわやかな青い花色は好きですね。


標準和名:オオイヌノフグリ
分類:ゴマノハグサ科 クワガタソウ属



広島ブログ
  1. 2012/03/19(月) 20:48:36|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巣箱づくりと野鳥観察会を行いました

今日は「巣箱づくりと野鳥観察会」
雨が心配なお天気でしたが、なんとかもってくれました。
午前中は公園を歩きながら野鳥観察。


観察

最初は
エナガがお出迎え。


エナガ

じっとヒノキの梢でとまっててくれた
ヒヨドリ


ヒヨドリ

ヤマガラ
(写真は3月7日撮影)
ヤマガラ

ホオジロ
(写真は3月17日撮影)
ホオジロ

ツグミは群れになって動いてました。
(写真は3月17日撮影)
ツグミ群れ

他に、シジュウカラやヒバリも観察できました。
ウグイスのきれいな鳴き声も聞こえてきましたよ。

トンボ池のヒキガエルのたまごも見て頂きました。


トンボ池

午後からは巣箱づくり。
シジュウカラやヤマガラ、スズメ用の巣箱です。


巣箱づくり

みんなで楽しく協同作業。

巣箱づくり

表面に焼き目を入れて完成。

巣箱づくり

途中から雨が降り出して、
巣箱かけはデモンストレーションで終了としました。

少し肌寒い中、新しく導入した
ロケットストーブを囲んでの楽しいワーク。


ロケットストーブ

町内の方も、みなさん身近な生きもののことを
よく見ておられます。
・スズメが少なくなった
・ガマガエル(ヒキガエル)を見んようになった
・今年は鳥が少ない、赤い実がまだ残っている
・去年ツバメは3月○日に来た
・昨晩カエルが鳴いていた(私もシュレーゲルアオガエルの声を聞きました)
などなど話がはずみました。

毎月1度は実施している観察会。
地域の方の生きものへの関心の輪が、少しでも
広がっていけたら嬉しいです。



広島ブログ
  1. 2012/03/18(日) 21:33:49|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公園では、倒れかかったような危ない木を
切り倒しています。


アカマツ伐木

トンボ池の上流部では、水質を保つために
伐倒した木や枝を、水域外に持ち出すように配慮をしているのですが、
できれば有効活用されたいです。


薪用

せら夢公園サポーターズクラブの会員さん(町内在住)で、
薪ストーブを使っておられる方が、話を聞いて
とりに来てくださいました。

伐木の持ち出しを手伝って頂けて、とても助かりました。
また、その木が薪として活用され、
会員さんの薪の確保を少しでもお手伝いできて嬉しいです。
ありがとうございました。



広島ブログ
  1. 2012/03/17(土) 17:42:55|
  2. 公園管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カスミサンショウウオ孵化

3月1日のブログで紹介した
カスミサンショウウオ
もうオタマジャクシが出とるよ、と連絡を受け、
見に行ってきました。


カスミサンショウウオ幼生

カスミサンショウウオのオタマジャクシ
たまごから孵っていました。


カスミサンショウウオ幼生

まだ発生途中の卵嚢(らんのう)もあります。

カスミサンショウウオ

親も発見しました!

産卵場所

産卵場所で親を見るの、私は初めて。
感動のカスミサンショウウオ。


カスミサンショウウオ

容器に入れて観察。
つぶらな瞳がかいらしです。


カスミサンショウウオ

親(成体)と子(幼生)の大きさ比べ

カスミサンショウウオ

かおの大きさくらべ

カスミサンショウウオ

毎年ここで見ているというカスミサンショウウオ。
冬眠は、落ち葉の下などでするようです。


水路

産卵場所近く、道路脇の水路
落ち葉や泥を上げてたら出てきた、ことがあったそう。

ちょうど来園していたサポーターズクラブの方とも
一緒に観察。

水辺と森とをつなぐ春の使者
カスミサンショウウオです。



広島ブログ
  1. 2012/03/16(金) 17:53:03|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トンボ池のヒキガエル

今日のトンボ池

ヒキガエル卵塊

ヒキガエルのたまごがたくさん!
前回ブログでお知らせした時より、だいぶ多くなりました。
メス10匹ほどは産んだのではないかと思います。

産卵はほとんど終わっていると思いますが、まだ
まわりにはオスが4・5匹ウロウロ。鳴き声も聞こえてきました。


ヒキガエル

“あれでも、まだこれからやってくるメスがおるかもしれん”
とでも思って待ってねばってるのでしょうかね~。

観察園の整備作業に来て頂いた町内のおじさんたちも、
「ヒキガエルのたまごは初めて見た」とびっくり。
アカガエルなど、他のカエルの話でも盛り上がりました。

これからまたオタマジャクシが出てくるのが楽しみです。



広島ブログ
  1. 2012/03/14(水) 21:12:04|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカガエル観察会を行いました。

9日の土曜日には、お隣の御調町で
地元小学生と一緒にアカガエルの観察会を行いました。

雨がパラパラのお天気でしたが、
5年生の子どもたちは、元気に田んぼで散策です。


アカガエル観察会

早速アカガエルの卵塊を発見!

アカガエル観察会

学校の周りに田んぼがたくさんある御調町ですが、
5年生の児童、この春に田植え体験を行うまで、
田んぼに入ったことがなかった子どもたちが
たくさんいた、と先生が話して下さいました。
田んぼのヌルヌル感に味をしめた子どもたち、
この日の観察会で田んぼに入るのを
楽しみにしてくれていたそうです。

もちろん、半分以上の子が泥だらけの状態に・・・。
地域の方々に手伝って頂いて、なんとかバスに乗れる状態になりました。
ありがとうございます。

例年より水がたまっていて、卵塊数も多かった田んぼ。
トラクターで耕そうとしたそうですが、うまくひけず、
そのままにしてあったのが、アカガエルの産卵には良かったようでした。

観察の後は、集会所でゲンゴロウ紙芝居
「けんちゃんとゲンゴロウ」を作者の方に上演して頂きました。
子どもたちも地域の方にも喜んで頂けました。
子どもたちは
「田んぼに、こんなに生きものがいるとはじめて知った」
「もっと農業や生きもののことを勉強したい」
と嬉しい感想を発表してくれました。

今年は御調中央小5年生とは
12月のカヤネズミと、3月のアカガエルとの2回でしたが、
野外での観察・探検をとても楽しんでくれました。
来年度もぜひ継続して取り組んでいきたいと思います。



広島ブログ
  1. 2012/03/12(月) 09:20:24|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒキガエル産卵中!

今朝のトンボ池
トンボ池

おっ!
なにか動いてるぞ


ヒキガエル産卵

おおっ!
ヒキガエル、ついに産卵開始です!!
6ペア産卵しているのを確認しました。


ヒキガエル産卵見学

ちょうど今日は
3月25日(日)に行う里山イベントの下見の日。
みなさんに見て頂けました。
アカガエルのたまごとあわせて、喜んでくださいました。


下見の日、急遽、昨日決まってました。すみません。

ヒキガエルもこっちをむいてくれました~。

ヒキガエルペア

今日はヒバリも初鳴き

ヒバリ

朝からにぎやか。

ヒバリ

春です。



広島ブログ
  1. 2012/03/08(木) 14:18:39|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

啓蟄

昨日3月5日は、二十四節気の一つで
「啓蟄(けいちつ)」でした。
長い間土の中で冬ごもりしていた虫たちが、
穴を啓(あ)けて地上に這い出して来る、という意味です。

ここでいう“虫たち”には、昆虫だけでなく、
ヘビ(蛇)やカエル(蛙)も含まれています。


ちなみに、
『蛙』という漢字には“ケロケロと鳴く生きもの”
という意味があると、管理人は勝手に思っています。
つくりの「圭(ケイ)」は、ケロケロというカエルの鳴き声を
表現しているのだと思うのです。

同例で『猫(ねこ)』。つくりの「苗(ビョウ)」
中国には「苗(ミャオ)族」という民族がいますが、
ミャオなんて、ネコの鳴き声ですよね~。

ちなみに、日本語の「ねこ」の
「ね」も鳴き声を表現していると思ってます。
“にゃー”とか“みー”とか
“ねー”とも聞こえますよね。
「ねこ」と「にゃんこ」は同じ意味だと・・・。

あくまで管理人の勝手な思い込みです。


知ってる方いましたら、おしえてくださ~い!


さて、
既に冬眠から目覚め、産卵を始めているアカガエル。

2月7日ごろ、最初に産まれたたまごたち
だいぶ育ってきています。

アカガエル卵塊

まだエラが外から見えますが、
立派にオタマジャクシのかたちをしています。


アカガエル幼生

自然観察園でもまだまだ産まれている卵塊。
5日の時点で、合計332卵塊を確認しました。
昨シーズンの合計は308卵塊でしたので、
着実に増えています。

アカガエル類の産卵ピークは過ぎましたが、
ヒキガエルの産卵、まだ出てきてる気配がないので
少し心配です。


今日は、モニタリングサイト1000里地調査事業(環境省)の
「世羅・御調のさと」のサイトのアカガエル調査にも行ってきました。
今日は中国地方で春一番も観測されてましたね。
調査中にもウグイスの鳴き声がしてました。


田んぼ

昔なつかし、ゲンゲ(れんげ草)が茂る田んぼ。
この田んぼの水たまりに、アカガエルの卵塊は
44卵塊!


アカガエル卵塊

一番多い田んぼでは129卵塊確認しました。
調査エリア全体では計374卵塊!すごいです!!
9日には地域の小学生と観察会を行う予定です。


啓蟄の蟇の一歩に風化仏(西村公鳳)



広島ブログ
  1. 2012/03/06(火) 23:10:35|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカガエルの産卵

3月に入って、だいぶ温かくなってきましたね。

アカガエル卵塊

アカガエル、
トンボ池前の水路にも、たまごを産んでいました。
今年はこの場所、あまり産んでいなかったので、
よかったです。

今日は雨パラパラのせら夢公園です。



広島ブログ
  1. 2012/03/04(日) 17:28:08|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒョウモンモドキ 保全協発足

今朝の中国新聞の記事。
切り抜きスキャンをアップしておきます。


中国新聞記事20120303

※ 画像をクリックすると拡大されます。


広島ブログ
  1. 2012/03/03(土) 08:50:53|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カスミサンショウウオ

昨日紹介したカスミサンショウウオの卵塊。
過去に撮っていた写真を紹介しておきます。


カスミサンショウウオ卵塊
撮影日:2009年2月8日

昨日の写真のは金気水のせいで、
茶色のまくが表面を覆っていましたが、本来は
半透明のゼリーに包まれています。


カスミサンショウウオ卵塊
撮影日:2009年4月7日

カスミサンショウウオ卵塊
撮影日:2009年4月21日

カスミサンショウウオの親(成体)の写真も


カスミサンショウウオ
撮影日:2008年11月23日

湿地を掘ってた時に見つけたカスミ。
小さいのも一緒にいました。
全長は6~13cmです。

冬の水たまりに産卵するカスミサンショウウオ。
生息地の開発・減少などで、全国的に減っており、
絶滅危惧Ⅱ類(環境省)に選定されています。


標準和名:カスミサンショウウオ
分類:サンショウウオ目 サンショウウオ科 サンショウウオ属




広島ブログ
  1. 2012/03/02(金) 18:02:17|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カスミサンショウウオ産卵

観察園近くの水辺、
カスミサンショウウオのたまご<卵塊(らんかい)>を確認しました。


カスミサンショウウオ卵塊

鉄分・金気(かなけ)の多い水なので、
卵塊が、その茶色い膜で覆われる格好になっていました。


カスミサンショウウオ卵塊

発生も進み、だいぶオタマジャクシになってるのもあります。

カスミサンショウウオ卵塊

まだあまり発生の進んでいない卵塊も。

カスミサンショウウオ卵塊

落ち葉や小枝の陰に産んでるのも確認できました。

カスミサンショウウオ卵塊

見つけられた方の話によると、
先週月曜日、2月20日に見たときには、なかったそうです。
その後、アカガエルの産卵も活性化した温かい雨の日がありましたので、
その時に産んだのではないか、ということでした。


水たまり

湿地の上流部、江の川の水源でもある
山からの湧き水も
生きものを育む貴重な環境です。



広島ブログ
  1. 2012/03/01(木) 17:46:14|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。