せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

せらの豊かな自然体験学習~早春の自然観察会~

先週、23日(木)には、町内の小中学校、理科の先生方と
「せらの豊かな自然体験学習~早春の自然観察会~」
を行いました。主催は世羅町教育委員会。

理科・生活科の授業でも自然体験学習を推進しようと
製作したワークシート「せらの豊かな自然体験学習」。
その中でも“カエル”にスポットを当てての研修でした。

今回は、実際にカエルの授業を行った先生にも、
授業のようすを発表して頂きました。
田んぼにカエルを捕まえに行ったり、観察したり、
図書やインターネットで調べたり、電話やメールで質問したりして、
子どもたちが、自分たちの地域にすむカエル・自然について
深めていく、楽しい授業のようすが伝わってきました。

そんな先生方の日頃のご尽力のお蔭様で、
この日は絶好のアカガエル日和!
湿地の水たまりには、たくさんの卵塊が。


アカガエル卵塊

上の写真では8つの卵塊を確認できます。
ということは、アカガエルのメスが8匹いた、と分かります。
卵塊の数をかぞえると、メスの数が分かる。
これがアカガエル観察の魅力です。

先生方もどんどん楽しい発見をしてました。


先生方

モテ期!
ヤマアカガエルたち


ヤマアカガエル

顕微鏡で卵の発生のようすも観察しました。

卵

卵割しているのが分かります。

卵

最初に産まれた卵は、だいぶ発生が進んでいました。

年度末に向けて忙しく、まだ寒いこの季節ですが、
春の訪れをいち早く感じて、楽しく学べるアカガエルたち。
ぜひ子どもたちに体験してほしいと思います。



広島ブログ
  1. 2012/02/28(火) 21:28:24|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0