せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

色々な実

公園の山辺に
かわいい紫色の実がたくさん!

ムラサキシキブ?

おそらくムラサキシキブのなかまの、
コムラサキ (クマツヅラ科 ムラサキシキブ属)


ムラサキシキブ?

こちらのは黒色。

イヌザンショウ

イヌザンショウの実です。



広島ブログ
スポンサーサイト
  1. 2011/11/30(水) 17:40:04|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホタルの里づくり研修会が行われました

世羅町の川尻地区で、先日、
ホタルの里づくり研修会が行われました。

4年程前に圃場整備され、農業集落法人が立ち上がっているところ。
環境に配慮した設計で、3基の水田魚道が水路に設置されています。
また、土木河川(水路)と一級河川(芦田川)とをつなぐ魚道もつくられており、
日本で唯一の事例となっています。

地元小学校と一緒になって、生きもの調査にも取り組んでおり、
ガムシやクロゲンゴロウ、ドジョウ、トノサマガエル、アカハライモリなど、
多様な生きものが定着しつつあります。
魚道の効果、特に魚類の種類は増えています。

今回は、ホタル類が増えるように改善していきたいと、
第2回の研修会でした。
法人の事務所で、ホタル類のくらしや生息環境などについて学んだ後、
実際に現地の環境を見に行きました。


川尻

地元の方が、この夏20匹ほど確認したというエリア。
地域の中で一番ホタルの飛びやすそうな空間パターンの場所です。
魚影もたくさん見えました。サギもよく来ているそうです。


川尻の水路

水路では、水際にコケが生えてきていました。
ホタルはこうしたコケに卵を産みつけます。
少しづつホタルの生息する環境が整ってきています。


川尻の水田魚道

水田魚道と水路のようす。
工事が終わってまだ4年ほど。土砂がまだ流れてきて、
水路に溜まってしまっています。だいぶ少なくなったそうです。
来シーズンにむけて、魚道周辺の土砂を撤去しよう、など、
講師の方を交えて、改善点を確認していきました。

次は実際にホタルの飛ぶ時期に開催予定。
ホタルの発生状況を見ながら、今後の改善方法を考えていければと思っています。


地域の方、農家さんが動いている取り組み。
こうした地域の特性を活かした取り組みが町内各地で行われている、
少しでもええがになるよう、がんばっていきたいです。



広島ブログ
  1. 2011/11/29(火) 23:07:13|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キセキレイ

自然観察園でみかけた
キセキレイ

キセキレイ

黄色いお腹がかわいい~!

キセキレイ

冬羽に生え変わっているので、
胸は白くなって、夏羽ほどは黄色くなくなってます。


標準和名:キセキレイ
分類:スズメ目 セキレイ科 セキレイ属


禅門に色を加へに黄せきれい(丸山佳子)



広島ブログ
  1. 2011/11/27(日) 17:54:34|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒い朝

今朝はあたり一面、霜で真っ白!
寒い朝になりました。

行きがけの京丸ダム

京丸ダム

もうもうともやが立っていました。


夢公園への入りがけ、
玄武岩ドームの
旗山(左)と頭士山(右)が見えます。

旗山と権現山

陰の田んぼは霜で真っ白でした。


霜の華ひと息の詩は胸あつし(馬場移公子)



広島ブログ
  1. 2011/11/26(土) 12:12:35|
  2. 地学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コウホネの種子

コウホネの咲くため池。
エサを採りに来たであろうカモさんの羽と一緒に、
白いものが浮いております。

コウホネ果実

拾い上げると、こんな感じ。
コウホネの果実です。

コウホネ果実

緑色の外の皮がはじけて、
白い果肉が出てきています。


コウホネ果肉

つぶすとネバネバ。
大小多数の種子が出てきました。


コウホネ種子

おそらくコウホネは
種子が熟したら、果実がはじける
→果肉(中の白いの)が浮いて流れて移動する
→適当なところで果肉が腐るなどして、
  ネバネバに包まれた種子が出てくる
→ネバネバが何かに絡まって落ちつき、
  いいところだったら種子が芽吹いて生長する
といった具合に分布を広げていくのだろうと思われます。

ペットボトルで流れ着いた
遠い国から来た手紙、みたいですね。
どんなメッセージが詰まっているのでしょうか。



広島ブログ
  1. 2011/11/24(木) 12:42:05|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小雪

今日は小雪(しょうせつ)。
ところによっては雪も降り始め、
冬の到来が目前に感じられる時節。

朝晩寒く、草も霜で、くたっとなっています。
ベニバナボロギク。

ベニバナボロギク

リンドウの花が終わったあと。

リンドウ

植栽のナンキンハゼの実もはじけてきました。

ナンキンハゼ

今日はお天気が良くないですが、
昨日の小春日和には、
ルリタテハも日向ぼっこです。


ルリタテハ

みなさま、温かくしてお過ごしください。


枝葉鳴るあした夕べに冬めきぬ (室積徂春)




広島ブログ
  1. 2011/11/23(水) 12:23:55|
  2. 生きものがたり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスかざりをつくろう!を行います(12月4日)

昨夜の地震、ビックリしましたね。
せら夢公園も特に被害はありませんでした。
今日も小春日和のよい天気です。

せら夢公園

観察会のお知らせ。
12月4日(日)の午後1時から、
「クリスマスかざりをつくろう!」を行います。

クリスマスかざりをつくろう!チラシ

昨日の中国新聞でも紹介して頂きました。

中国新聞記事111121

夢公園の里山で。
ツルリンドウの赤い実。

ツルリンドウ

みなさまのご参加、お待ちしています。



広島ブログ
  1. 2011/11/22(火) 13:02:20|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グミ

山際に生える雑木を伐ってる時のこと。

生えてきていたグミの木を置いといてはみたものの、
邪魔になりそうなので思い切って、伐ってみました。
そしたら、

グミ
お~っ!
実がついていました。
まだ2・3年も経ってない小木でしたが、もう実がなるんですね。

公園の植栽で「アキグミ」があったので、
たぶんそれ。
鳥たちが食べて運ばれてきたものでしょう。
観察園エリアでも何本か生えてきていました。

ちょっと甘くて渋い、懐かしい味でした。


グミ

伐った木を運ぶのに、トゲが刺さって
ちょっと痛かったです。

今度は、グミの実を目当てに、邪魔にならないところの木は
残しておくようにしてみましょうか。


蚕休みのびつくり茱萸(ぐみ)が熟れにけり (細井みち)



広島ブログ
  1. 2011/11/18(金) 17:38:01|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キジ

昨日、管理人の実家(高知県)の母から連絡が。
飼ってるネコが鳥を捕まえてきた、とのこと。
“えもの”の写メが送られてきました。


キジ

立派なキジのオス。
よく捕まえてきたものです。
実家は山の中なので、キジがいたこと、
キジが育つような草原があったことに少々驚きでした。


夢公園でもキジを見かけます。

キジ

キジのオス(2009年4月3日撮影)
繁殖期のオスは本当きれいですね。
小春日和の今日ですが、来春も待ち遠しいです。

最近の自然観察園では今月6日に、
驚いて飛んで逃げるところを目撃しました。


キジつながりですが、
先日の水田魚道ワークショップのようすが農業新聞で紹介されましたので、
記事のスキャンを掲載しておきます。


農業新聞記事111115



雉子打の濡れて帰るや草の雨(尾崎紅葉)


広島ブログ
  1. 2011/11/17(木) 12:24:26|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カモ~ん!

トンボ池から飛び立つ
カモ

カモ飛び立つ

急に飛び立たれるとびっくりします。

すぐ飛び立つのでなかなか観察できませんが、
冬には、自然観察園のため池でもよく来ています。
羽がおちてたり、ちぎれた水草が浮かんでいたり、水が濁っていたり・・・。
エサを採っているのでしょうが、
“立つ鳥跡を濁さず”ではないようです。


鴨の中の一つの鴨を見てゐたり(高浜虚子)



広島ブログ
  1. 2011/11/16(水) 08:48:31|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カマキリ夫人

この土日は小春日和のよいお天気でしたね。
土曜日に見た、カマキリさんネタを2つ。

① 産卵中のカマキリ

カマキリ産卵

卵を包む泡がまだ柔らか。
カマキリの腹部と右後足が見えています。
朝9時くらい、まだ寒かったのか、それとも力尽きそうだったのか、
お母さんカマキリはあまり動いてませんでした。

② カマキリを食べるカマキリ

カマキリ食事中

オオカマキリのなかまのメスが、
コカマキリを食べていました。


カマキリ食事中

数十分後、

カマキリ食事中

足や羽がバラバラと・・・。

冬本番まであと少し。
みんな生きています。


小春日や故郷かくも美しき(相馬遷子)




広島ブログ
  1. 2011/11/13(日) 17:38:21|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

冬に入って、生きものたち

冬に入って、花も少なくなってきましたが、
リンドウの花がまだところどころで咲いています。

リンドウ

赤トンボもまだ飛んでいます。
赤トンボ

サルトリイバラの実も
赤みがだいぶん深まりました。

サルトリイバラ

ソヨゴは、赤い実とあおい葉の
コントラストがきれいです。

ソヨゴ



あをあをと十一月の蓬かな(山口いさを)


広島ブログ
  1. 2011/11/12(土) 08:23:59|
  2. 生きものがたり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジョウビタキがやってきてました

冬は野鳥観察がおもしろくなってきます。
今年もジョウビタキがやってきていました。

ジョウビタキ♀

写真はメスのジョウビタキ。
昨シーズンにはオスのジョウビタキを紹介していました。


ジョウビタキ♀

ジョウビタキにも見守られながら、
冬の管理作業です。



広島ブログ
  1. 2011/11/11(金) 08:04:45|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水田魚道ワークショップを行いました。

11月7日(月)に、田打地区のビオトープ「ビオトーチ」で
水田魚道ワークショップが行われました。
地域の農地水活動組織の方など約20人が参加。
実際に設置作業を行いながら、
水田魚道の設置方法やその効果について学びました。

水田魚道

1つ目は、ため池と田んぼをつなぐ水田魚道。
ヒヨセや田んぼで増えたメダカやドジョウが、落水と一緒に
ため池に落ちますが、ため池からは上がって来れません。
将来的には、上流部の魚の遺伝的多様性が失われ、
いなくなってしまう可能性もあります。
水田魚道をつけて、水域のネットワークができれば保たれます。


水田魚道

田んぼの法面に、角度が10%以下になるように設置。
堰板を千鳥になるようにつけて、魚たちが上りやすいようにしています。


波付ポリエチエン製U字溝

主な資材は、
波付のポリエチレン製U字溝。
コンクリート製のU字溝を運べないような山間部などで、
人力で持って上がれる軽い資材として流通しているようです。
1本2mで9,000円ほどだそうです。

2つ目は、水路と田んぼをつなぐ水田魚道。

水田魚道

水路は魚などが住めるように、水位を確保できるよう工夫しており、
タモロコが1匹住み着いているそうです。
コンクリの一部をはがして、手積みの石垣まで用意して
設置を待って頂いていました。

設置した田んぼは今シーズンは大麦を作付けしており、
来年夏は大豆を植える「稲・麦・大豆2年3作」を行う予定だそうです。
水田魚道の本領が発揮されるのは再来年になりそうです。
ため池につけたのは、ヒヨセとつながっているので、
すぐにでも上ってくるとは思います。

ちなみに、
全国的に注目されている水田魚道ですが、
広島県での設置事例はとても少ないようです。
町内では2ヶ所目ですが、もしかしたら、
先の研修会で尾道市御調町に付けたのを併せて、
県内で3ヶ所目なのかもしれません・・・。

今後の経過が楽しみです。



広島ブログ
  1. 2011/11/10(木) 09:52:42|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然観察園ウオーキングを行いました。

今日から立冬。
今年はまだまだ温かな日が続いていますが、
やはりだんだんと冬の気配が漂ってきています。


自然観察園

6日(日)には「自然観察園ウオーキング 霜月編」を行いました。
雨もパラつくお天気でしたが7人のご参加を頂きました。

湿地にポツリと咲く
キシツツジ

キシツツジ

ふつうは5月頃に咲くので、
狂い咲き。
他にもスミレなども狂い咲きが見られました。

赤い実もたくさん
ウメモドキ

ウメモドキ

ほとんどのウメモドキはもう葉がおちていましたが、
この木はまだ残っています。
他にもサルトリイバラやツルリンドウ、ソヨゴなど
赤い実がありました。

今回の参加者は、先の世羅町まるごとエコツアーにご参加頂いた
地元の方が多く、
キキョウやリンドウ、キセルアザミのことなどを学び、
「うちの背戸山(裏山)が宝ものに見えてきた」
と関心を持って、楽しんで頂けておられるようで、
嬉しかったです。
これからもがんばります。


音たてて立冬の道掃かれけり(岸田稚魚)


広島ブログ
  1. 2011/11/08(火) 12:35:31|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水田魚道ワークショップが行われます(11月7日)

11月7日(月)の午後1時から、
田んぼと水路の生きもののつながりを取り戻す
「水田魚道」設置のワークショップを行います。

講師は、“水田魚道の伝道師”こと三塚牧夫さん。
宮城県栗原市で環境創造型農業に取り組むグループ「ナマズの学校」の事務局長をされています。

場所は、世羅町田打のビオトープ「ビオトーチ」

参加費は1人1,000円

参加ご希望の方は、以下のチラシの連絡先、または
せら夢公園(電)0847-25-4400までご連絡ください。
当日参加、見学も大歓迎です。


水田魚道ワークショップちらし

講師の三塚さんには、10月初めに現地のビオトーチを下見、
今回設置する水田魚道の設計をして頂いています。

また、7月にはお隣、尾道市御調町でも
水田魚道のワークショップを行い、ご講師いただきました。


中国新聞記事20110705

ブログでのお知らせが直前になってしまいましたが、
皆様のご参加頂けましたら幸いです。
よろしくお願い致します。



広島ブログ




明日の日曜日は
「自然観察園ウオーキング 霜月編」を行います。
お天気が心配です。

11月12月観察会チラシ

広島ブログ
  1. 2011/11/05(土) 17:54:48|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。