せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

モノサシトンボ

トンボ池にて

モノサシトンボ1

モノサシトンボ。
ペアで産卵中です。
フトヒルムシロの茎に産み付けています。


モノサシトンボ2

他のペアも産卵中です。


標準和名:モノサシトンボ
分類:イトトンボ亜目 モノサシトンボ科




広島ブログ
  1. 2011/06/30(木) 22:55:58|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クワガタ

昨晩、町内グラウンドの明かりに飛んできてました。

ノコギリクワガタ

ノコギリクワガタです。
もうそんな季節なんですね。

自然観察園でも昼間に
メスのクワガタを見つけました。


クワガタ♀

カブトムシも出てきているようです。


広島ブログ
  1. 2011/06/29(水) 23:02:17|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウツボグサ

ウツボグサも咲いています。

ウツボグサ

先日は、地元の方から、
子どもの頃は、この花をとって、蜜を吸っていた、
と聞きました。

私も子どもの頃に、学校の花壇に植えてあった
サルビアで、似たような経験があります。

ためしにやってみましたら、
かすかに甘かったです。
子どもの頃に戻ったような気分も
かすかに味わえました。


標準和名:ウツボグサ
分類:シソ科 ウツボグサ属



広島ブログ
  1. 2011/06/28(火) 19:04:13|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クマイチゴ

林縁に生えるクマイチゴ。
実が熟してます。

クマイチゴ実

食べれる実がつくので、刈り残しておきたいのですが、
茎や葉っぱの裏までトゲトゲで、刺さると痛い!

しかも、実がなるのは、芽を出してきた次の年なので、
冬もそのままにしとかんといけんし、やっかい者。


クマイチゴ

でもやっぱり
実がつくと嬉しいな~。



広島ブログ
  1. 2011/06/27(月) 23:52:27|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オカトラノオ

オカトラノオの花が咲き出しました。

オカトラノオ

白い花が集まって、
尻尾のように見えます。
ひとつ一つの花もかわいいですね。


オカトラノオ花

標準和名:オカトラノオ
分類:サクラソウ科 オカトラノオ属


虎尾草(とらのを)の咲くべく木曽の高曇(宮坂静生)




広島ブログ
  1. 2011/06/26(日) 18:27:40|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマトミクリ

トンボ池に生えてきていた
ヤマトミクリ

ヤマトミクリ

今年は花が咲きました。

トンボ池は、他にも
フトヒルムシロやスブタ、イヌタヌキモなどが生えていて、
ため池の植物も充実してきています。

水生植物があるとトンボも増えてきます。


nukegara

ヤマトミクリの葉には、ヤゴの脱け殻がたくさん!
水生植物は、羽化の足場になったり、ヤゴの隠れ家になったり、
産卵場所になったりと、生きものの棲家としても重要なのです。

いい天気の観察日和が、これから増えてくるといいですね。



広島ブログ
  1. 2011/06/21(火) 22:35:52|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハッチョウトンボたち

湿地では、まだまだ
ハッチョウトンボが羽化しているようです。


ハッチョウトンボ羽化

一方で、こんな光景も・・・
ムシヒキアブのなかま

ムシヒキアブのなかまでしょうか。

弱肉強食




広島ブログ
  1. 2011/06/19(日) 15:22:29|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ササユリが咲き始めました。

自然観察園で
ササユリが咲き始めました。

ササユリ

ほのかにピンクが本当
かわいらしいです。


散策道の山ぎわ、斜面に生えています。
何株出ているか、今年もチェックしています。
4年前、自然観察園オープン1年目には、
盗掘されたこともあるので、監視カメラ等で警戒はしています。

今日も町内でビオトープの活動をしている方から、
盗掘にあった話を聞きました。

持ち帰らない!がマナーです。
みなさんで楽しめるよう、心配りをお願い致します。



広島ブログ
  1. 2011/06/17(金) 23:17:31|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマボウシ

公園に植わっている
ヤマボウシ

20110612163125.jpg

標準和名:ヤマボウシ
分類:ミズキ科 ミズキ属


山法師妻籠は雨に変わりけり(松本陽平)



広島ブログ
  1. 2011/06/15(水) 18:32:41|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマナメクジ

園内、道路脇の側溝にて
ヤマナメクジ1

???
近づいてみると・・・

ヤマナメクジ2

けっこう愛嬌のあるお顔。
2つの目がニョキっと。
カタツムリに似ています。ナメクジ?
でも、このサイズ。

ヤマナメクジ3

「ヤマナメクジ」というナメクジだそうです。
私も最初見たときは、びっくりでした。

ナメクジはカタツムリと同じ、陸生の巻貝のなかま。
貝殻は退化しています。


ひろしまの夜のなめくぢ光るなり(野田 誠)


広島ブログ
  1. 2011/06/14(火) 20:36:04|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の見どころ!

管理センターの横に、
「今日の見どころ!」
を設置しました。


今日の見どころ

今日は、
トキソウ、ハッチョウトンボ、オグラコウホネ
が見どころです。



広島ブログ
  1. 2011/06/14(火) 08:22:14|
  2. 公園管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中国新聞

先日、6月9日の中国新聞(尾三版)で、
管理人を紹介して頂きました。

中国新聞記事

恥かしながらですが、
尾三版を見れない方もいるとのことで、
スキャンをアップしておきます。

記事を見て声をかけてくださる方の
コメント第一位は、
「意外と若かったんですね」
で~す!

今後とも、よろしくお願い致します。



広島ブログ
  1. 2011/06/13(月) 23:16:30|
  2. 公園管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コチドリ

管理スペースの堆肥置き場にいた
コチドリ。

コチドリ

黄色いアイラインが特徴。
目が大きく見えるのに、びっくりしました。

本州、四国、九州の各地に飛来する夏鳥。
「千鳥足」というように、
ジグザグとした足どりで、昆虫などの獲物に近づいて、
すばやく捕らえるのだそうです。


標準和名:コチドリ
分類:チドリ目 チドリ科



広島ブログ
  1. 2011/06/13(月) 19:34:19|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蛍まつり

昨日は、
「山福田地区初夏の集い 第8回
 蛍まつり」へ
行ってきました。

当日朝は大雨で、大変心配だったお天気ですが、
昼から晴れ間も出る程に回復!
今日も雨が降っていますし、まさにキセキ!!

前座で、私も
「川と田んぼと山と私たちのくらし」と題して、
話させて頂きました。

山福田自治センターに飾ってあった写真。

山福田写真

小学校の脇の川をせき止めてプールをしています。
昭和30年代だと思われます。

当時はホタルも多く、子どもたちは、
「やごにぎり」といった魚つかみなど
川を楽しんでいたのだと思います。


にが

当時からは随分と減ったといわれる
アブラボテ。
せらでは「にが」や「にがっちょ」とか
呼ばれています。
最近は、一時期よりは数を回復してきているようです。


日が暮れて、20時からは
川辺を2kmほど歩いて、
ホタルを見ながらウオーキング。

ホタルはまあまあ出ていました。
みんなで見るホタルはまた良いですね。

でも、どれもゲンジボタルだったみたいで、
ヘイケボタルは確認できませんでした。
ヘイケボタルがいれば、田んぼの方も楽しめるのでしょうけど。
ヘイケボタルはこの10年ほどで、全国的に
かなり数を減らしているようです。
これからの季節、ヘイケボタルにも注目です。



広島ブログ
  1. 2011/06/12(日) 13:12:48|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハッチョウトンボの羽化

今日は雨です。
週末も雨模様みたい・・・。

この前、ハッチョウトンボの羽化のシーンを見ました。


ハッチョウトンボ羽化

腹筋!腹筋!(笑)

脱け殻とお腹の部分が、白い糸のようなものでつながっています。
よく脱け殻から白い糸みたいのが出てるのですが、
羽化のときに体を支える役割があったのですね。

羽化後のハッチョウトンボは草むらで過ごします。


ハッチョウトンボ

ここなら、大型のトンボなんかは、
葉っぱが邪魔して、なかなかやって来れませんから、少し安心。


今年はハッチョウトンボ、
去年より少し少ないような気がしています。



広島ブログ
  1. 2011/06/10(金) 18:01:10|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イベント「銀の道をもっと知ろう」が行われます(6月18日)

6月18日(土)の午後1時半から、
イベント「銀の道をもっと知ろう」が行われます。

チラシ「銀の道をもっと知ろう」

世界遺産に認定された島根県の「石見銀山」
その石見銀山から産出された銀を、
安全な航路である瀬戸内海に運ぶ陸路ルート、
それが“銀の道”、
銀山街道とも呼ばれる石州街道です。
世羅、甲山の町もその重要な中継地「宿場町」だったところです。
甲山の次が尾道で、瀬戸内海航路の“海の道”へとつながり、
世界の海へとつながっていきます。

世羅を通って流通していった銀が、
大航海時代から欧米列強の植民地競争の時代の
世界の経済発展を支える原動力となったのですから、
ロマンを感じずにはいられません。

今回のイベントでは、
その銀の道についての講演が聞け、そして
実際に一部のルートを歩いてみることのできる
チャンスです。

お時間あります方は、ぜひ参加してみてください。



広島ブログ
  1. 2011/06/09(木) 08:14:03|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テレビ取材

昨日、広島ホームテレビさんが、
自然観察園の生きものたちを取材しに来られました。
よかったら、
10日、金曜日の「Jステーション」内の
お天気のコーナー(18時45分頃?)で
紹介して頂けるそうです。

カメラマンさんへの一押しは、この時期は
やっぱりトキソウ!


トキソウ

昨日は235輪の開花。
湿地では、ハッチョウトンボやカエルも
撮られてたようでした。

アカガエルのおたま、
まだ変態途中のもいます。


アカガエルおとなじゃくし

もう1つオススメしたのが、
オグラコウホネ。


オグラコウホネ

世羅台地のため池を代表する植物です。

あぜ草ですが、
ムラサキサギゴケもきれいですよ~。


ムラサキサギゴケ

他に、
山ぎわに咲くヤマツツジや
シロツメクサ、(セイヨウ?)ミヤコグサ、
などを撮られていました。

思い返してみると、
赤、白、黄色に紫色と
自然観察園の花々は色とりどりでカラフルなんですね。

お時間ありましたら、
見てみてくださ~い。



広島ブログ
  1. 2011/06/08(水) 17:00:13|
  2. 生きものがたり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チガヤ

6月6日から二十四節気
「芒種(ぼうしゅ)」になりました。
芒(のぎ)のある穀物(稲)を植えつける季節。
五月雨(梅雨)が間断なく降り続き、
農家が多忙を極める季節です。


チガヤ1

観察園でも草刈り。
法面にはチガヤの穂が出てきました。
穂が開いているのもあります。


チガヤ2

標準和名:チガヤ
分類:イネ科 チガヤ属

三日月のほのかに白し茅花(つばな)の穂 (正岡子規)

茅花抜く浅茅が原のつぼすみれいま盛りなりわが恋ふらくは(田村大嬢)



広島ブログ
  1. 2011/06/07(火) 15:19:31|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湿地のようす

ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ(成熟オス)

湿地の周りの草むらなどに隠れながら、エサを食べて成熟し、
紅くなったオスが見られるようになってきました。


2月~3月に生まれたアカガエルのおたまじゃくしたちも変態して、
子ガエルになっています。


アカガエル


トキソウの花も増えてきました。

トキソウ

6月5日に173輪を確認。
昨年よりも増えています。



広島ブログ
  1. 2011/06/06(月) 19:16:38|
  2. 生きものがたり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カメさんいかだ

トンボ池に浮かぶミニ筏(いかだ)の上で
今日もカメさんたちは日光浴。


イシガメ2匹にクサガメ1匹

左から、
イシガメ、クサガメ、イシガメ。

見分けるポイントの1つが甲羅の盛り上がり方。
イシガメは甲羅の“うね”(稜線)が真ん中に1つだけなのに対して、
クサガメは真ん中とその両側に合わせて3つあります。
一番右のと真ん中のを比べてみると、分かりやすいかと思います。


別の日にはイシガメ・ブラザーズ!(シスターズだったらゴメンネ)


イシガメ2匹

またまた別の日には、
イシガメさんと、
いかだによじ登ろうと頑張っているクサガメさん。


イシガメとクサガメ

クサガメさんは、
顔や首に黄色い筋のもようが特徴的です。


トンボ池のカメさんいかだ、
そ~っと近づいて(びっくりすると、すぐ水にもぐるので・・・)、
ぜひのぞいてみてくださ~い。




広島ブログ
今日は、広島ブログで見て頂いてた方が、観察園に来てくださいました。
みなさま、いつも、ありがとうございます。

  1. 2011/06/03(金) 19:18:38|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モウセンゴケ

自然観察園の湿地に生える
モウセンゴケ

モウセンゴケ

食虫植物で、
葉に生える赤い毛の先から粘液を出して、
くっついた虫を捕らえて、消化吸収します。


モウセンゴケ

ハエの類が捕らえられていました。

モウセンゴケは、競争相手となる他の植物が生えにくい
栄養分の乏しい湿地に暮らすために、
虫などを栄養分として捕まえる技を身につけています。


モウセンゴケにハッチョウトンボ

ハッチョウトンボが捕まっています。
羽化の足場にと、つかまった植物が、
たまたまモウセンゴケだったわけで・・・。
脱け殻が葉柄にぶらさがっています。


標準和名:モウセンゴケ
分類:モウセンゴケ科 モウセンゴケ属



広島ブログ
  1. 2011/06/02(木) 13:56:45|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒキガエルのおたまじゃくし上陸!?

トンボ池の
ヒキガエルのおたまじゃくしたち。

ヒキガエル

ひさびさに見てみたら、
もう手足が生えてきています。


ヒキガエル

よく見ると
既に陸に上がっているのも・・・。


ヒキガエル

ヒキガエルの成体は大きく、外来種のウシガエルを除けば
日本一大きいカエルのですが、
カエルになりたての頃のサイズは、日本一小さいカエルで
1cmにも満たないほど!!
小さすぎてなかなかピントも合いません。

これが大きくなって、この池にカエってくルんだろうな~。
なんかロマンです。

おそらく一週間以内に
一斉に上陸して、里山へと還っていくんだと思います。
その辺りはまだよく分かってないので、
追えたらいいのですけれども。
またご報告致します。




広島ブログ
  1. 2011/06/01(水) 18:08:29|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0