せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

エゴノキ

公園に植わっている
エゴノキ。


エゴノキ1

樹の周りにはほのかによい香が漂います。
下を向いて咲くのは、ムシさんたちのため。
ブーンと翅音も聞こえてきました。


エゴノキ2

標準和名:エゴノキ
分類:エゴノキ科 エゴノキ属


えご散るや咲くやしずかに山の音(渡辺桂子)



広島ブログ明日から6月ですね~!
  1. 2011/05/31(火) 20:06:25|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トキソウが咲きはじめました。

自然観察園の湿地で
トキソウの花が咲き始めました。


トキソウ1

花がややピンクがかった
トキ(朱鷺)色をしているので
トキソウという名前。

観察園のはそれほどピンクが濃くはないようです。


トキソウ2

台風の風で、倒れちゃってるのもいました。

今日は6輪を確認。
今年はどこまで増えているか楽しみです。



広島ブログ
  1. 2011/05/30(月) 18:36:56|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほこりまみれ

雨が続きますね。
家のなかにアマガエルが入ってきてました。


ほこりまみれのアマガエル

ほこりまみれ(笑)
ちょっとかわいいかも。


武家屋敷暗しくらしと雨蛙(堀口星眠)



広島ブログ
  1. 2011/05/29(日) 20:09:12|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼ体験教室が行われました

台風も近づいて大荒れの土日でしたが、
町内2地区で田んぼ教室が行われました。


田打

土曜日は田打地区。
大麦もだいぶん色づいてきてました。

雨の中、充分な生きもの観察はできませんでしたが、子どもたちは
カエルやクサガメ等ともふれあいました。


田打2

日曜日の徳市地区。
地域ではブッポウソウの保護に取り組んでいます。
三原野鳥の会の方にブッポウソウのお話を頂きました。


徳市

降りすぎる雨もよくありませんが、
やはり雨は“恵みの雨”
今年もよき稔りを期待したいです。



広島ブログ
  1. 2011/05/29(日) 15:48:05|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

梅雨入り

昨日から中国地方
梅雨入りです・・・。

例年より10日ほど早いのだとか。
これも気候変動(地球温暖化)の影響なのでしょうか?
生きものたちのようすも見守っていきたいと思います。

自然観察園の湿地では、
トキソウのつぼみがだいぶ膨らんできました。


トキソウつぼみ

ハッチョウトンボもどんどん出てきています。

ハッチョウトンボ


樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ(日野草城)


広島ブログ
  1. 2011/05/27(金) 15:31:42|
  2. 生きものがたり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマツツジ

ヤマツツジの花が咲きだしました。

ヤマツツジ

山極に咲く朱色の花がとてもきれいです。


標準和名:ヤマツツジ
分類:ツツジ科 ツツジ属



広島ブログ
  1. 2011/05/26(木) 07:40:58|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オグラコウホネ咲く

自然観察園のため池で
オグラコウホネの花が咲き始めました。


オグラコウホネ

一番下にあるメダカ池の1つ上にあるため池。
(まだちゃんとした名前はつけてません・・・)
田んぼだったところを掘ってため池にして、
世羅台地のため池の植物を観察できる場所としています。

フトヒルムシロの花も咲いています。


フトヒルムシロ

地味な花ですが、
よく見るとかわいい。


フトヒルムシロの花とイトトンボ類

イトトンボのなかまの羽化場所にもなってました~(笑)
(脱け殻も見えますね)

同じため池では、5月のあたまから
ヒメコウホネも花を咲かせています。


ヒメコウホネ


河骨の黄は星のごと鏡池(皆川盤水)



広島ブログ
  1. 2011/05/25(水) 07:25:15|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハッチョウトンボの羽化はじまる

自然観察園の湿地で、
ハッチョウトンボが出始めました。


ハッチョウトンボ

ハッチョウトンボは日本一小さいトンボ。
まだその色は充分に出てないですが、
これからエサを食べて成熟すると、
オスは鮮やかな赤色、メスは地味な虎柄模様になります。

5月20日に羽化しているのを発見。
その時は、水に落ちてしまっていました。


ハッチョウトンボ羽化失敗

トンボの翅にとって、水の表面張力は非常に大きなもので、
しかもまだ乾ききっていない翅にとっては致命的。
水から上げてはみたものの、
たぶんこの子はダメだったんでしょうね。

これからの季節、
ハッチョウトンボが今年はどのくらい増えてるか
楽しみです。



広島ブログ
  1. 2011/05/24(火) 08:28:43|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハルゼミ

季節は21日から
「小満(しょうまん)」に突入。
万物次第に長じて満つるという意味で、
草木も茂り植物は次第に実を結び、田植えの準備の頃、だそうです。

自然観察園の湿地でも、
トキソウの花芽が上がってきています。

今日は陽も当たらず、寒い一日でしたが、
昨日も鳴いていたハルゼミ。
観察園のトイレ付近で、
ハルゼミのオスを見つけました。


ハルゼミ

普段、アカマツの高いところで鳴いているので、
目にする機会はあまりないです。
地面に降りてくるなんて、弱ってたのでしょうか。
話題の「八日目の蝉」は小説よんでの映画、感涙でした~。

マツ林にいるので、松蝉とも呼ばれているようです。

標準和名:ハルゼミ
分類:セミ科 ハルゼミ属


渓声の松蝉となり巨樹となり(長谷川かな女)




広島ブログ


>追記
メスも見つけました~(2011.5.24)

ハルゼミ♀

  1. 2011/05/23(月) 19:35:28|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カエル・オタマジャクシの観察会

5月21日(土)の午前中は、
町内の子どもたちと、
カエル・オタマジャクシの観察会を行いました。

朝まで雨の天気でしたが、なんとか止んでくれました。

ヒキガエルのおたまたちも好調!
子どももおとなもびっくりでした。
捕まえて、近くで観察です。


ヒキおたま観察

もう後足も生えてきています。

湿地のひよせでは、アカガエルのおたまたちを観察。
ミズカマキリやタイコウチもいました。


アカおたま観察

カエルの捕獲に、子どももおとなも夢中。

カエル捕り

ニホンアカガエルをゲット!

アカガエルゲット!

管理人もため池で
おっきなトノサマガエルをゲット!


トノサマゲット!

跳び逃げないように
両脚を固めて持つ持ち方
“フロッグ・ロック”を披露!

測ったら、体長72mm。メス。
昔はこれくらいのは、どこでもいたものだそうですが、
最近はここまで大きいのはなかなか見られません。


何を捕まえたかな?

みんなで捕まえたカエルたちを観察します。
アマガエル、トノサマガエル、ニホンアカガエル、ツチガエル、
ニホンヒキガエルのおたまじゃくし、の
5種類をこの日は観察できました。

観察が終わったら還してあげます。


スケッチ中

管理棟に戻ってきて、今日のまとめ。
トノサマガエルのおたまじゃくしをスケッチしました。


カエルを眠らせる!?

合い間に、カエルを眠らせる?特技を披露した子どもも!
腹をなでると大人しくなるようです。
(あまり弱らせないように気をつけてね)

スケッチしたトノサマガエルのオタマジャクシ。
まだ1cmくらいです。


トノサマガエルのおたまじゃくし

6月と7月にも行うこの観察会。
このオタマジャクシがどんなに成長していくのか、
追いかけていってみたいと思います。



広島ブログ
  1. 2011/05/23(月) 09:50:48|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シンメトリー

ウシガエル
ウシガエル
・・・なんか、おかしい!?

湿地の木道の下にいたウシガエルを、
木道の上から撮った写真。

なので、正しくはこちら。

木道下のウシガエル

水面に写ったカエルも、ちゃんと座っています(笑)


広島ブログ
  1. 2011/05/20(金) 13:44:27|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒキガエルのおたまじゃくし

ここ数日、
ヒキガエルのおたまじゃくしの学校がスゴい~!

ヒキおた学校

おたまの泳ぐスピードもアップしています!

ヒキおた学校2

後ろ足も指まで
かたちができてきました。


ヒキおた1

群れに手を入れると、はみはみしてきます。

ヒキおたと手

ドクターフィッシュ?

今週末の土曜日には、地元の子どもたちとの観察会があります。
その時まで見れるといいんですけどね~。



広島ブログ
  1. 2011/05/19(木) 16:53:58|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カキツバタ

自然観察園の湿性花園のエリアで、
「カキツバタ」が花を咲かせ始めました。


カキツバタ

サポーターズクラブで植えたカキツバタ。
だいぶん育ってきました。
大和町の湿地にあったカキツバタから、クラブの会員さんが
種を採って苗を育てたものです。


標準和名:カキツバタ
分類:アヤメ科 アヤメ属

湿原に水の道つく燕子花(かきつばた) (上田五千石)



広島ブログ
  1. 2011/05/18(水) 14:17:11|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キシツツジ

自然観察園のあずま屋近くでは、
キシツツジの花が見頃です。


キシツツジ

あずま屋近くにあるのは、
自然観察園を工事したときに、
一時避難させて、植え戻したものです。
他のところにもちょこちょこ自生のがあります。

水辺に多く、世羅台地ではまだよく見られます。

自然観察園では、
4月にはコバノミツバツツジ、
5月にはキシツツジ、
6月にはヤマツツジ、
といったように、山辺を彩るツツジの種類も移ろい
楽しませてくれます。


標準和名:キシツツジ
分類:ツツジ科 ツツジ属




広島ブログ
  1. 2011/05/17(火) 09:14:37|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノルディックウオーキング体験会を行いました。

5月15日(日)に、
「ノルディックウオーキング体験会」を行いました。

1回目・2回目合わせて20人ほどの参加者がありました。

はじめに、講師の方から、
ノルディックウオーキングのお話と準備運動。


ノルディックウオーキング体験会1

姿勢良く、上半身も使って動くので、効率のよい運動ができ、
足やひざへの負担を軽減できるのが特徴です。

ウオーキングに出発!
まずは、夢見山(標高502m)に登って、
世羅台地を一望。
早山ヶ城や頭士山などは山の形もきれいで、見晴らしがよいですね。

続いて里山の散策道へ。
心地よく暑い一日。季節外れ?のセミの声がお出迎え。
アカマツ林にすむハルゼミ。
普段の生活では見えない聞けない自然のおもしろさです。

林道にひっそり咲く
バイカイカリソウ。


バイカイカリソウ

うつむき加減で咲くのは、虫たちのために。
可愛らしいですね。

公園の庭木、アキグミも咲いてよい香り。
ハチたちもやってきています。


アキグミの花とハチ

1回目の参加者の方に見て頂けなくて残念だったのが、
ヒキガエルのおたまじゃくしちゃんの大群&行列。


ノルディックウオーキング体験会2

自然のことですので、時期や時間帯のちょっとしたズレで、
どうしても見える見えないがあるのですが、その分、
見れた方はラッキー!

ぜひ一度は生で見てほしい!

あとで、子どもさんを連れて来られて参加者の方もいました。


ヒキガエルのおたまじゃくし観察

日常では、おたまじゃくしだけでも、なかなか見ないですよね~。

約2kmのコースで、5,400歩程度。
心地よい疲れで、身体も心もリフレッシュ。
自然とふれあいながら、健康づくりにもなる自然観察園の
ウオーキングです。



広島ブログ
  1. 2011/05/16(月) 08:54:10|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然観察園ウオーキング(5月8日)の報告です。

遅ればせながら、
先日の自然観察園ウオーキングの報告です。

ファミリー参加もあり、8名の参加者。

この日は暑かった。立夏に入ったことを実感でした。

なにより、セミの鳴き声が・・・。
ハルゼミ初鳴きでした。

セミは夏のものってイメージですが、
ハルゼミは4月~6月に出てくるセミ。
しかもマツ林があるところしかいません。
季語では「松蝉」ともいうらしいです。
松枯れでアカマツ林も減っているので、
ハルゼミの鳴き声が聞こえるのも貴重ですね。

子どもたちにはトンボを捕まえてもらいました。


シオヤトンボ

シオヤトンボがたくさん出ています。
もう、青みがかった“シオカラ”になってるオスもいました。

オス、メスの見分け方をお兄ちゃんに教えると、早速
弟さんにレクチャーです。

この日は、
オツネントンボ、
ホソミオツネントンボ、ホソミイトトンボ、
シオヤトンボ、
クロスジギンヤンマ、ヨツボシトンボ
が見れました。

春先から、トンボ池に出てくるトンボも、
だいたいこの順序で見られるようになってきます。


下の方のため池横の水路では、
オニヤンマのヤゴなんかを探している大人たちも・・・


オニヤンマに食べられたイモリ

オニヤンマのヤゴに食べられたイモリちゃん・・・。
まだ動いてました~。

水路では他にも、トビケラのなかまの幼虫や、
プラナリアなんかを発見してました。

ため池では、ミズカマキリを発見。


ミズカマキリ

クロスジギンヤンマの脱け殻もたくさんありました。


湿地にはトノサマガエルのたまごも。


トノサマ卵塊

もうオタマジャクシになってるのもいました。

立夏の候、新緑を感じた自然観察園ウオーキングでした。

明日はノルディックウオーキングです。

暑い季節になってきましたので、
ぼうしやタオル、水分補給など、
しっかり準備をして、楽しみましょう~!



広島ブログ
  1. 2011/05/14(土) 22:12:27|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シマヘビ

今年最初に見たヘビ、

シマヘビ


シマヘビ

結構近くまで近寄らせてくれました。

先日、農家の方たちとの話で、
その年の最初に見たヘビによって吉凶を占う、
的なものがあったよね~、と言われた方がいたのですが、
その場で他の方は誰も知らず・・・。

知ってる方いましたら教えてくださ~い。



広島ブログ
  1. 2011/05/14(土) 08:21:46|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マツバウンラン

公園に咲く淡い紫色の花
マツバウンラン

「マツバウンラン」というゴマノハグサ科の外来植物で、
北アメリカが原産です。
芝生広場などの日当たりのよい場所に生えています。


マツバウンランで脱皮中

マツバウンランにつかまって、
脱皮中のキリギリスのなかま。


外来植物といえば、
「メリケントキンソウ」という南米原産のキク科植物が問題になっているようです。

中国新聞メリケントキンソウ記事

昨日の中国新聞の記事。
せら夢公園内では、今のところ、メリケントキンソウは確認されていません。
今後も注視していきたいと思います。

調べてみると、トゲのあるメリケントキンソウの種は、
靴の裏などにも刺さり、運ばれて
分布を広げることがあるそうです。

被害が広がらないように、
メリケントキンソウが生えているところを歩いた後、
靴についた種を除いて、園外に持ち出さない、等の
ひとりひとりの注意が必要です。


外来種の問題は、
マツバウンランのように、一見たいした問題のないようなものから、
メリケントキンソウのように、私たちの暮らし、社会生活を
著しく害するものまで、様々ですが、
その影響や被害は予測しきれない部分があります。
予防原則にしたがい、日常生活でも
できるだけ地域外の生きものを安易に持ち込まない、と
心がけてほしいと思います。



広島ブログ
  1. 2011/05/12(木) 18:12:43|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロスギジンヤンマの産卵

自然観察園のため池では、
クロスジギンヤンマが次々と羽化しています。

早速、産卵をしています。


クロスジギンヤンマ産卵

トンボ池。
フトヒルムシロの葉の上で。
葉っぱの裏や水中の茎に産みつけているようです。

フトヒルムシロは花を咲かせています。


[広告] VPS


動画では、途中
風が吹いてきたので、葉っぱごとゆれています。

クロスジギンヤンマは、水草が多いため池でよく見られます。
卵を産むには水草の存在が欠かせないからです。

「食べる食べられる」という関係だけでなく、
「産卵場所」や「かくれ場所」としても、
生きものたちはお互いに利用し合い、
お互いなくてはならない関係を築いています。




広島ブログ
  1. 2011/05/11(水) 12:18:37|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノルディックウオーキング体験会を行います(5月15日)

5月6日から立夏に入り、
急に暑いくらいに暖かくなってきました。
今日は一日雨で少し涼しめですね。

5月15日(日)には、
ノルディックウオーキング体験会を行う予定です。
当日参加もOKです。


ノルディックウオーキング体験会チラシ

以前に行った時のようすはこちらをクリック。

先月オープンした里山の散策道なんか
歩くのにいいのではないでしょうか。

せら夢公園では、
ノルディックウオーキング用のポールの貸し出しも
行っています(10組)。

ぜひご利用ください。



広島ブログ
  1. 2011/05/10(火) 22:22:54|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おたまの学校

以前紹介したヒキガエルのおたまじゃくし
先日、行列になっているのを目撃!


おたまの学校1

おたまじゃくしが並んで移動。
さしずめ“おたまの学校”です。


[広告] VPS


立派な行列、私も久しぶりに見ました~。
水面が光って、動画や写真を撮るの、なかなか難しいんですけど、
見て頂けますでしょうか?。


おたまの学校2

行列も途中で切れたり、合流したり、集まったり、
結構気まぐれ。

群れる習性があるヒキガエルのおたまじゃくしならではの珍光景です。




広島ブログ
  1. 2011/05/08(日) 19:17:32|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

看板設置しました

先日、盗掘にあった
自然観察園のエヒメアヤメ。

応急処置で、
残っているところに看板と柵を設置しました。


エヒメアヤメ看板

設置した看板の内容。

エヒメアヤメ看板2

運良く難を逃れたエヒメアヤメ。しかし、
花がうまく咲きませんでした。残念。


エヒメアヤメ3

来年、エヒメアヤメは咲いてくれるでしょうか?
次年は、悲しい出来事もなく、
みなさんに、かわいらしい花を見てもらえるとよいですけれど。



広島ブログ
  1. 2011/05/08(日) 16:05:54|
  2. 公園管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サルトリイバラ

山ぎわでは、
サルトリイバラも花を咲かせています。


サルトリイバラの花

昨日は「こどもの日」、端午の節句。
サルトリイバラの葉っぱでつつんだ
“かしわ餅”を食べた方も多いのではないでしょうか?


中国新聞記事かたら餅

上は、4月22日の中国新聞の記事。
かしわ餅に使うには、もう少し葉っぱが大きくなってからですね。

サルトリイバラは「かたら」や「さんきらい(山帰来)」など
いろいろな名前で呼ばれている親しみ深い植物。
若芽は、あくが強いものの山菜として利用されていますし、
熟した赤い実は、いろいろな飾りにも使われます。
クリスマスリースづくりでも大活躍でした。

でも、猿捕り茨の名前の通り、
茎のトゲは刺さると痛いので要注意です。


標準和名:サルトリイバラ
分類:ユリ科 シオデ属


田のひとのゆききや山帰来の花(染谷杲径)



広島ブログ
  1. 2011/05/06(金) 08:18:41|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悲しい出来事

世羅台地の自生地のをリポートした
エヒメアヤメ。

つい先日、自然観察園でも咲いているのを確認しました。


エヒメアヤメ1

開園4年目で初めて見つけたエヒメアヤメ。
以前、この場所を耕作されてた方からは、
“昔はエヒメアヤメがあったんだけど・・・”とは聞いており、
まだ株が残ってたんだ、と歓喜でした


エヒメアヤメ2

が・・・昨日、閉園後の見廻りで行ってみると、

エヒメアヤメ盗掘

掘って持ち去られていました・・・。
盗掘です。

以前にも、ササユリが盗掘にあったことがあるのですが、新聞報道の
その後はなく、来園者のみなさんのマナーに支えられてきました。
そんな中の悲しい出来事。

4月30日の中国新聞の記事から、


中国新聞の記事

山野草や自然を楽しむ
最大のマナーは「持ち帰らない」です!
物言わぬ存在かもしれませんが、
草花も立派な“いのち”。
今の時代だからこそ、
“いのち”の幸せを尊重したい。

私たちも、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。




広島ブログ
  1. 2011/05/05(木) 11:30:04|
  2. 公園管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トンボ池のトンボたち

自然観察園のトンボ池では、
トンボたちの産卵が始まっています。


オツネントンボ2

オツネントンボの産卵。
名前の通り、トンボ(成虫)で越年(冬越し)をするトンボ。
4月9日のようす。
一番最初に産卵するトンボです。
前(右側)にいるのがオス、後(左側)がメスです。


オツネントンボ1

たまに別のオスがやってきて、
カップルのジャマをしたりします・・・。


ここからは、5月2日のようすです。


ホソミオツネントンボ2

こちらは、ホソミオツネントンボ。
オツネントンボの仲間で、こちらもトンボで越年してます。
春になると鮮やかなブルーに変色です。


ホソミオツネントンボ1

ヤマトミクリの葉にとまって交尾中。


ホソミイトトンボ

最後は、ホソミイトトンボ。
こちらも、越年したトンボ。
これら3種類がトンボで越年し、春に産卵するトンボたちです。


ホソミイトトンボ2

交尾中の、ホソミイトトンボ。
こちらもオスのブルーが鮮やかで、きれいです。



広島ブログ
  1. 2011/05/04(水) 07:49:00|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カエル合戦

続いて、トノサマガエルの
カエル合戦のもようをお送りしま~す。


[広告] VPS



広島ブログ
  1. 2011/05/03(火) 11:48:22|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トノサマガエル

自然観察園のため池で鳴いている
トノサマガエル。


トノサマ鳴く

左右のあごにある
「鳴嚢(めいのう)」と呼ばれるふくろを膨らませて、
鳴きます。
トノサマらしくどっしりとした鳴き声。


[広告] VPS


この子は無事、彼女ゲット!

トノサマペア

オスはこの時期、
黄金色の婚姻色となってきれいです。



広島ブログ
  1. 2011/05/03(火) 11:32:52|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然観察園ウオーキングを行います(5月8日)

今日は八十八夜。
世羅台地もだいぶん温かくなってきました。
今週の5月6日からは立夏。

5月8日(日)の午前10時から、
「自然観察園ウオーキング」を行います。


自然観察園ウオーキングちらし

前回のようすはこちらをクリック!
カエルやトンボ、生きものたちも賑やかになってきました。


花のナシ園

夢公園から見える世羅台地の
ナシ園も花盛りです。



広島ブログ
  1. 2011/05/02(月) 08:45:45|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

虫たち

シオヤトンボ
シオヤトンボ

春一番に羽化するトンボの1つ。
トンボのシーズンも開幕です。



ツチハンミョウ

ツチハンミョウのなかま

草原なんかを歩き回っています。
格好はアリにも似てますが、カブトムシと同じ「甲虫」。
硬い前翅を持つグループの昆虫です。
つっつくと肢関節から毒の液を出すのでご注意を!




ナナホシテントウ食べる

アブラムシを食べるナナホシテントウ

大発生したアブラムシを退治してもらおうと、
捕まえてきたナナホシテントウ。
早速アブラムシを食べ始めたのですが、
1匹食べるのに5分くらいと、ゆっくりなお食事。
しかも、1匹食べたら大満足なのか、
すぐどっか行っちゃいました。
・・・戦力外通告です。



広島ブログ
  1. 2011/05/01(日) 13:57:10|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0