せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

アセビ

四季の国、日本。
春は必ずやってきます。

天気のよい日はポカポカ陽気。
アセビの花もだいぶん咲きました。


アセビ

標準和名:アセビ
分類:ツツジ科 アセビ属


二月堂馬酔木大樹の白あふれ (岡田壮三)



広島ブログ
  1. 2011/03/31(木) 18:26:05|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モズ

園内、桜の苗木を植えてるところに
モズが・・・

モズ1

地面に降りたり、枝に戻ったり。

モズ2

分類:スズメ目 モズ科 モズ属

山中や日の没るまでを猛り鵙 (桂 信子)


広島ブログ
  1. 2011/03/11(金) 13:13:57|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カワラヒワ

のんびり草原近く、梢で休憩中のカワラヒワカワラヒワ1

全体的な黄色がきれい。

去年は、弱って飛べなくなった
カワラヒワが、管理センターに(2010.7.27)

カワラヒワ

残念ながら、この後直に死んでしまいました・・・。
そういうこともあるのですね。


分類:スズメ目 アトリ科 ヒワ属



広島ブログ
  1. 2011/03/10(木) 17:59:29|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒバリ

昨日から、さえずり始めたヒバリ。
ヒバリ2

鳴いてる数はまだ少なめ。雪もちらついてますし。
温かくなったら、のんびり草原も賑やかになるんんでしょうね。


ヒバリ1

分類:スズメ目 ヒバリ科 ヒバリ属


初ひばり胸の奥処といふ言葉 (細見綾子)



広島ブログ
  1. 2011/03/09(水) 21:50:06|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒキガエルのたまご

ヒキガエルの産卵も日曜日には終わりました。
下の写真は、昨年の産卵のようすです。(撮影日:2010.2.18)

ヒキ産卵20100218

現在、トンボ池には、たくさんの卵塊が見られます。
ヒキ卵塊1

メスは4匹は確認しましたが、それ以上いたのではないでしょうか?
昨年のカエル合戦では雌雄合わせて20匹以上いました。

産卵場所は昨年よりやや東側に移り、
ヤマトミクリなど水草がよく生えているところです。
チューブ状の卵塊を、ヤマトミクリや、
チゴザサに巻きつけて産んでいました。

ヒキ卵塊2

フォークに巻きつけたスパゲティみたい・・・。

産卵途中で上陸したのか、
黒い卵が、陸の上で乾いているのもありました。

ヒキ卵塊3

真っ黒い卵がゼリーにつつまれています。
ヒキ卵

4月には、真っ黒なおたまじゃくしが、トンボ池を泳ぎまわります。


ちなみに、今日はヒバリのさえずりが聞こえました。
今年の初鳴き。
まだ寒いですが、春はもうすぐそこなんですね。



広島ブログ
  1. 2011/03/08(火) 12:04:33|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シイタケの植菌体験を行いました。

3月6日(日)に、
「シイタケの植菌体験」を行いました。
講師は、世羅郡森林組合の福原組合長。
原木や種菌、植菌のやり方、管理の方法など、
丁寧に教えて頂きました。

シイタケの植菌体験1

原木に最適な木は「コナラ」
コナラ断面

「クリ」でもシイタケはできますが、
樹皮が薄く、1年程でほだ木がボロボロになってしまうそうです。

クリ断面

「アベマキ」も適しますが、
コルクに使うほどに樹皮が厚すぎて、ほだ木の管理が難しく、
玄人向きだそうです。

アベマキ断面

左から、クリ、コナラ、アベマキの樹皮のようす
クリとコナラとアベマキ

今回は体験用に、小ぶりの原木を用意して頂きました。
種菌も、失敗の少ない形成菌を使いました。
適度な間隔でドリルであけた穴に、形成菌を押し込んで植菌します。

シイタケ形成菌植菌

白い発泡スチロールは、樹皮の代わりに、
雑菌が入るのを防ぎます。

参加者の方には、自分で植菌したほだ木を、持ち帰り頂きました。
うまくシイタケが出てくるか、楽しみ。

今度は、原木の切り出しからチャレンジしてみたいです。


椎茸の菰(こも)あくるたびにたのしけれ (松葉女)



広島ブログ
  1. 2011/03/07(月) 21:45:01|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おたまじゃくし

今日から啓蟄。
春を迎えて、いろいろな生きものたちが動き始めます。

ひと足先に生まれた命も動き始めました。


アカおたま1

アカガエルたちのおたまじゃくし。
今日の雨で産卵に臨むアカガエルもいるのでしょうが、
2月中旬のシーズン初めの頃に生まれた卵は、もう孵りだしています。


アカおたま2

まだゼリーの近くにいて、弱々しいですが、
じきに大きくなるんでしょうね。
おたまじゃくしの季節も、もうすぐそこです。



広島ブログ
  1. 2011/03/06(日) 21:20:04|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小さい春

温かかった日曜日に見つけた
「小さい春」


コウヤボウキ
コウヤボウキ
1月に見た時はピンク色だったわた毛が、白くなってきました。



オツネントンボ
オツネントンボ
枯れ茎になりきって日向ぼっこ。
名前の通り、成虫で冬を越す・越年するオツネントンボ。
春はもうすぐそこですよ。



アカガエルの卵塊観察
アカガエルのたまごを観察中
カエルは苦手だけど、たまごとオタマジャクシは好きらしい。



広島ブログ
  1. 2011/03/01(火) 12:14:29|
  2. 生きものがたり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0