せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

ウラジロ

お正月かざりに欠かせない
ウラジロ


ウラジロ1

自然観察園にもありました。

ウラジロ2

標準和名:ウラジロ
分 類:ウラジロ科 ウラジロ属 (シダ植物)


みなさま、
よいお年をお迎えください。


広島ブログ
  1. 2010/12/29(水) 11:50:26|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマシギ

以前、夢公園で見かけた写真の鳥。

ヤマシギ1

ある方と話題になって、写真を送ってみると、
「ヤマシギ」だと教えて下さいました。


ヤマシギ2

撮影日は、2009年11月5日の夜10時少し前。
帰り際、車のヘッドライトに映る影に気づいて、手元のカメラで撮ったものです。


ヤマシギ3

ヤマシギは、その方の憧れの鳥の1つだそう。
夜の生きもの観察もおもしろそうです。


標準和名:ヤマシギ
分 類:チドリ目 シギ科 ヤマシギ属
習 性:夕方から活動し、土中のミミズなどを食べる



広島ブログ
  1. 2010/12/28(火) 11:58:48|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とても静かな朝でした

夢公園101227

本当に静かな朝でした。

散策道101227

キュッキュッと自分が雪を踏み歩く音と、
時折、鳥の鳴き声が。


ソヨゴと雪

緑の木々も白く隠れます。

コバノミツバツツジの芽と雪

春にはピンクの花を咲かせるコバノミツバツツジ。
毛羽立ったコートが役立ちました。


マツと雪

とても神秘的なひととき。


広島ブログ
  1. 2010/12/27(月) 11:50:15|
  2. 生きものがたり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬のアマガエル

刈り草を集めていたら、
アマガエルが出てきました(12月22日)。


冬のアマガエル


広島ブログ
  1. 2010/12/26(日) 13:15:19|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウォーキングガイドマップ

12月21日(火)の中国新聞で、
せら夢公園のウォーキングガイドマップを紹介して頂きました。


中国新聞ウォーキングマップ記事

さんぽやウォーキング目的で来られる方も多いので、
自然や生きものたちも、その楽しみの1つになればと思っています。

マップは2種類あります。
まずは、せら夢公園全体を活かした
「せら夢公園ウォーキングガイドマップ」

全園ウォーキングマップ

そして、自然観察園を楽しむ
「自然観察園ウォーキングガイドマップ」

自然観察園ウォーキングマップ

パンフレットのように印刷物にしていないのですが、
イベントやお問い合わせ頂いた時などに、コピーしてお配りしています。
ホームページからもダウンロードできます。

せら夢公園自然観察園HP ダウンロードコーナー

お楽しみ頂ければ嬉しいです。




広島ブログ
  1. 2010/12/26(日) 07:07:48|
  2. 公園管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホワイトクリスマス

みなさま、メリークリスマス!です

一昨日はヤマアカガエルの初鳴きと、暖かい?話題でしたが、一変、
昨晩は大変寒い聖夜となりました。

今朝のせら夢公園


白い夢公園

雪化粧。
ホワイトクリスマスです。
ひどく積もってはないので、日が照ると少し溶けましたけれど。

今朝の自然観察園


白い自然観察園

雪がちらちら。
湿地にも氷が張って雪が積もっていますが、
よく見ると、氷が張ってないところも。
水まわりがよく、水が流れているところは、白く積もってないようです。
水管理の参考になりました。

気づけば今年最後の土曜日。
師が走るのもあと少し。
明日は世羅高、走ります。


いくたびも雪の深さをたづねけり(正岡子規)



広島ブログ
  1. 2010/12/25(土) 09:48:42|
  2. 生きものがたり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマアカガエル初鳴き

今日の14時ごろ、自然観察園の湿地で作業をしていると、
ヤマアカガエルの鳴き声が・・・。
湿地で1・2匹。
本日、ヤマアカガエル初鳴きです。まだ産卵はないですけど。

この辺では1月下旬ごろに産卵シーズンなので、かなり早め。
観察園がオープンしてからでも、12月中に鳴き声を聞いたことはありませんでした。

先日のあったかい雨。イヤな予感が的中です。
これも温暖化、気候変動の影響でしょうか・・・。



広島ブログ
  1. 2010/12/23(木) 16:39:39|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コマダラウスバカゲロウの幼虫(その2)

先日紹介したコマダラウスバカゲロウの幼虫

写真が分かりにくかったので、新発売のカメラを携え、
撮り直して来ました。


コマダラウスバカゲロウの幼虫2

岩のくぼみでひっそりと、
大きなキバを開いて待ち構えています。

後学のためにと、岩から引き剥がしてみました。


コマダラウスバカゲロウの幼虫3

りっぱなキバに大きな頭。つぶらな瞳がかわいらしい。



広島ブログ
  1. 2010/12/23(木) 13:28:54|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

管理作業にて

昨日の管理作業中、
湿地の刈り草を集めていると・・・


ニホンアカガエルのオス

ゴソゴソっと出てきました。

ニホンアカガエルのオスです。
オスの特徴は、メスに抱きつけるように前肢が太く、親指も太くこぶ状になっているところ。
2月頃に湿地などの水辺で産卵するカエルです。

でも、ほぼ同じ時期に産卵するヤマアカガエルは
まだ見かけてません・・・。
生きもの観察のおもしろいところです。



帰りには夕月が。


夕月


今日の雨。この時期に?って、ちょっと不思議な感じです。
影響ないといいけど。



広島ブログ
  1. 2010/12/21(火) 17:38:53|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒカゲノカズラ

先日のクリスマスリースづくりの時に
持ち込みで使ったヒカゲノカズラ。

観察園でも小さいのを見つけました。


ヒカゲノカズラ

見つけた土手もできてまだ3年。
これから大きくなってくといいなぁ。

標準和名:ヒカゲノカズラ
分類:ヒカゲノカズラ科 (シダ植物)


ヒカゲノカズラはいろいろな呼び方(俗称)があるようです。
ある方は「きつねのしっぽ」と呼んでいました。

手持ちの萬葉植物事典(大貫茂 著)によれば、
万葉集では「ひかげ」の呼び名で詠まれているそうです。


あしひきの山下ひかげかづらける上にやさらに梅をしのはむ(大伴家持)




広島ブログ
  1. 2010/12/20(月) 08:29:18|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちゃんちゃんこ

世羅高校では、
世羅町の「脱温暖化のまちづくり」の一環として、
古い着物をリメイクした、ちゃんちゃんこづくりに取り組んでいます。


農業新聞記事ちゃんちゃんこ

私も先日、見学にお伺いしたのですが、
とても楽しくよい雰囲気だったと思います。
詳しくは農業新聞の記事をご覧くださ~い。

下の写真は、見学の記念に作ったコサージュ。


コサージュ

これも着物のリメイクです。

来週は高校駅伝。
がんばれ世羅高!



広島ブログ
  1. 2010/12/19(日) 12:14:01|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒメカタショウロ

11月下旬のこと。
観察園をご案内していると、
あずまや(休憩小屋)のイスの下で、
ヘンなきのこを発見!


ヒメカタショウロ

まさ土の中から、ぼこぼこ出てきます。
断面はこんな感じ。


ヒメカタショウロ断面

なんかチョコレート菓子みたい。
「トリュフかねぇ~!?」などと盛り上がったのですが、
後日、知り合いのキノコ博士に聞いてみると、
ニセショウロ属の「ヒメカタショウロ」では、とのこと。

調べてみると、痙攣などの中毒症状も起こりうる
立派な毒キノコ!
食べなくてよかった(笑)

ご案内した方にもご報告。また毒キノコということで話に花が咲きました。

キノコっておもしろい。



広島ブログ
  1. 2010/12/18(土) 22:13:28|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナンキンハゼの実

昨日(17日)朝も雪がうっすらと積もっていました。
今朝は降ってません。少し過ごしやすくなるでしょうか。


公園の庭木におもしろい実がついていました。


ナンキンハゼの実

日本の野生植物 木本(平凡社)で調べてみると、

標準和名:ナンキンハゼ
分類:トウダイグサ科 シラキ属
中国原産の落葉高木。九州の一部では野生化。

とのこと。


実の白い部分はロウらしく、
ハゼノキのように蝋燭のロウを採っていたらしいです。
名前もそこから来ているようです。ハゼノキのなかまではないですけどね。

クラフトとかのかざりによさそうです。



広島ブログ
  1. 2010/12/18(土) 09:16:46|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年2度目の雪

昨日からの寒気で、
今朝もとても寒い・・・。
今年2度目の雪です。


今年2度目の雪

ほとんど積もってはなかったですが、
日中は雪がちらちら。
改めて冬を実感です。

今日の自然観察園、貧栄養湿地のようす


貧湿地101216

この一ヶ月で、コナラなどの葉は落ち、
湿地や畦の植物も枯れて、冬の景色に。
日々の管理でも季節の移ろいを感じました。

次の春にむけた管理をしています。
ときどき出会うニホンアカガエルやオツネントンボにほっこりです。



広島ブログ
  1. 2010/12/16(木) 17:45:48|
  2. 生きものがたり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コマダラウスバカゲロウの幼虫

園内の林の中にある大きな岩。

岩


岩の陰のところに虫が隠れています。

コマダラウスバカゲロウの幼虫

写真の真ん中にちょこんと居るの分かりますか?
コマダラウスバカゲロウという虫の幼虫だそうです。
「ありじごく」で知られるウスバカゲロウに近い昆虫。
背中に地衣類(こけ)を背負って隠れているので、なかなか見つからない・・・。
岩の表面でじっと、獲物が来るのを待っている生活をしているそうです。

以前にある神社の石垣でも見たことがあります。
石垣や岩があったら、探してみるとおもしろいかもですね。



広島ブログ
  1. 2010/12/15(水) 17:01:54|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ツルリンドウの実

クリスマスリースづくりでも登場した
ツルリンドウの実


ツルリンドウの実10

なんともいえないステキな赤色をしています。
里山を歩いて出会うと嬉しくなります。


リースづくりの参加者の方は、
昔、子どもの頃、この実で風船あそび?をしていたそう。
実の中に入っている種などを、少しずつ、
皮が破れないように、付け根の方から、根気強くきれいに出して、
残った皮に、付け根の方から空気を吹き入れて、ふくらます、らしいです。

皮を破らないように種を出すのは難しく、
上級者向けの草花あそびでしょうか。
私も、カタバミずもうなどで遊んだ頃を思い出して、
懐かしさを感じたお話でした。



広島ブログ
  1. 2010/12/14(火) 08:14:14|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤブコウジ

せら夢公園サポーターズクラブで
ナツツバキ林として整備しているところで見られた
ヤブコウジ


ヤブコウジ

高さは10~30cmと低いのですが、
立派な樹木。木本植物です。

緑の葉からちょこんとのぞく赤い実がかわいいですね。
観賞用として庭木や盆栽に使われるそうです。

標準和名:ヤブコウジ
分類:ヤブコウジ科 ヤブコウジ属

千両万両として知られるマンリョウは同じヤブコウジ科・属ですが、
センリョウはセンリョウ科で、違うグループの植物です。



万葉集ではヤブコウジは
「やまたちばな(山橘)」と呼ばれていたようです。

この雪の消(け)残る時にいざ行(ゆ)かな山橘の身の照るも見む(大伴家持)



時代は下って、俳句では冬の季語

雪積まぬひと処あり藪柑子(やぶかうじ)(井口さだお)


時代が変わっても、雪とヤブコウジは心に響くセットのよう。
次の雪の日にはぜひ見に行ってみたいです。



広島ブログ
  1. 2010/12/13(月) 18:13:57|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【新聞記事】クリスマスリースづくり

先日のクリスマスリースづくりについて、
日本農業新聞に掲載されましたので、お知らせ致します。


農業新聞記事101211



広島ブログ
  1. 2010/12/11(土) 09:37:12|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日は初雪

昨日は初雪が降りました。

初雪2010

道路が湿っているので、お車のみなさま、朝晩は凍結注意です。
特に橋の上!
昨日の早晩に初すべりを体験してしまいました。
スタッドレスタイヤに換えてて正解でした。

寒い季節はカエルもお休み中。


ニホンアカ冬眠

草とりをしてると出てきました。草陰に入ってたのでしょうか。
冬眠を邪魔された?ニホンアカガエル



広島ブログ
  1. 2010/12/10(金) 17:56:04|
  2. 生きものがたり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスリースづくり

12月5日(日)の午後から、
「クリスマスリースづくり」のイベントを行いました。
自然観察園を歩きながら、材料を自分たちで集めてリースを作り、
里山の恵みを感じてみよう!という趣旨です。

もともと、クリスマスもキリスト教が普及していく中で、
ヨーロッパ各地にあった土着の、来春の豊穣を祈る祭祀が原型といわれ、
日本の冬至やお正月と、基本的な考え方は同じ。
身の周りの自然から、来春へのいのちの息吹を感じるもの(常緑樹など)
なんかを選んで飾ります。

当日は4組8名の方がご参加くださいました。

新聞紙で作ったエコバックを片手に、材料探しに出発!
まず、クズのつるでリース台をつくります。


リース台づくり

クズは秋の七草でも知られ、やっかいものですが、
生えてるところが多いので、入手しやすいのが利点。

リース台ができたら、出来栄えを想像しながら、
飾りとなる赤い実などを探します。


サルトリイバラの実採り

サルトリイバラの赤い実なんかは最適。
途中、オツネントンボなど、冬の生きものたちと楽しい遭遇もありました。

1時間ほど散策して戻ってきたら、
リースづくりにとりかかります。


リースづくり

その間、子どもたちは野山を駆け回っていたようです・・・(笑)

完成したクリスマスリースたち


リース1

リース2

リース猪谷

みなさん、いい感じに仕上がっていました。さすがです。

材料に採った生きものたちをリストアップしてみると、
クズ、アカマツ、サルトリイバラ、ノイバラ、ヘクソカズラ、
イヌツゲ、ヤマツツジ、ソヨゴ、ネズ、ウメモドキ、
ヤブコウジ、ツルリンドウ、など12種類。

他にも、持参いただいた
ヒイラギ、ヒカゲノカズラ、メタセコイアの実などで飾り付け。

「久しぶりに山を歩いて楽しかった」「自分で採って飾りつけをするのがいい」
「オツネントンボが見れてよかった」など感想をいただきました。

いろいろな生きものがおる「生物多様性」の楽しさを
改めて感じた一日となりました。



広島ブログ
  1. 2010/12/10(金) 10:44:50|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0