せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

深入山森林セラピーに行ってきました

shinnyuzan20170827seminer6.jpg 
▲森林セラピーの〆はハンモックでの昼寝

8月の里山セミナーでは安芸太田町・深入山で行われている森林セラピーを体験しました。

参加者はサポーターズの総勢17名。

朝7時45分集合で安芸太田町・深入山グリーンシャワーを目指します。

10時前に到着。

shinnyuzan20170827seminer1.jpg
▲毎年春の草焼きで草原が保たれている深入山。

深入山の登山口のある深入山グリーンシャワーの標高は800mです。

高原の涼しい風と里山ガイドの皆さんが一行を迎えてくれました。

ここでサポーターズは3つのパーティーに分かれ、里山ガイドみなさんの案内によりセラピーが始まります。

まずは血圧と脈を測定します。

終了後にも測定してセラピーの効果を確認するためです。

その後、ストレッチもして、深入山の南登山口から森の中を深入山頂上へと抜ける登山道を登っていきます。

shinnyuzan20170827seminer2.jpg
▲登山口に掲げられている森林セラピーのサイン。なかなかのデザインです。

管理人のパーティーをリードしてくれるのは栗栖(くりす)さん。

里山ガイドになって間もないという栗栖さんのリードで気持ちのいい森の登山道をゆっくりと登っていきます。

shinnyuzan20170827seminer4.jpg
▲里山ガイドの栗栖さん(向かって右)

栗栖さんから深入山の草原や森の成り立ちの説明を聞いたり、登山道のまわりに自生しているクロモジの香りを楽しんだりしながら、登るというより、ゆっくりとゆっくりと歩いていきます。

こんなにゆっくりと登山道を歩くには初体験かもしれません。セラピーならではの登り方です。

コナラやミズナラ、アカマツの大木などが林立する森を1時間ほど歩くと、登山道は草原と森の境界線上に出ます。

目の前に広がる草原にはキキョウやオミナエシなどの秋の七草が花を咲かせていました。

ほどなくして昼食場所の西尾根休憩小屋に到着。

shinnyuzan20170827seminer8.jpg
▲休憩小屋で絶景もおかずにして「里山元気な山楽弁当」を堪能。ベンチの座面は外がよく見えるように高くなっている。

昼食は事前に予約しておいた森林セラピー特性「里山元気(まめ)な山楽(さんがく)弁当」(税込み864円)です。

里山元気な山楽弁当
▲「里山元気な山楽弁当」

五感を刺激する森林セラピーでは味覚も大切な要素ですからお弁当にも工夫がこらされています。

ご飯に使うお米は安芸太田産。おかずには必ず豆(まめ)を入れることになっているそうです。

お弁当箱のふたを開けると、大きなおにぎりが2個、野菜や肉魚のおかずがたっぷり入っていました。

shinnyuzan20170827seminer7.jpg
▲登りとは別の登山道を下る管理人のパーティー

山並みを眺めながらの食事を楽しんだ後は、3つのパーティーのうち2つは深入山山頂を目指し、管理人のパーティーは登りとは別の登山道を下り、林内でティータイムとハンモックでお昼寝を楽しみました。

ハンモックのお昼寝タイムは30分。

涼しい風に吹かれた30分はあっという間に経ってしまいます。

下山後に血圧と脈を測ってみると、血圧は上も下も20も下がっているではありませんか!

たまに行っているジムでも血圧を前後に測っているので、そこそこの運動をした後にお血圧が下がるのは知っていましたが、今日のようにゆったりと歩いたり昼寝をしたりすることで、こんなにも血圧が下がるとは驚きでした。

森林セラピーおそるべしです。

shinnyuzan20170827course_20170828162903aa0.jpg
▲深入山の森林セラピーロードマップ


  1. 2017/08/28(月) 16:36:12|
  2. せら夢公園サポーターズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サポーターズクラブの里山セミナー・総会のご案内

forest therapy201708247 
▲研修予定の安芸太田町森林セラピーのコース(同ホームページより引用)

8月27日(日)の里山セミナーでは安芸太田町の森林セラピーを体験します。

あわせて、道中のバスの中でサポーターズクラブの総会も開催します。

サポーターズに入会していただければどなたでも参加していただけますので、ふるってご応募ください。

なお、バスの定員の都合上、先着27名様とさせていただきます。

詳しくは以下をご一読下さい。

■総会・里山セミナーのご案内
1 日時 平成29年8月27日(日)7:45集合  現地集合の場合は10:00集合
※集合場所:せら夢公園大型バス駐車場(自家用車は一般駐車場へ駐車して下さい)
2 場所 安芸太田町深入山グリーンシャワー
3 内容 
 1)総会(バスの車中で行います)
 2)せら夢公園の里山セミナー(森林セラピー体験「深入山セラピーロード」)
 ※森林セラピー体験の詳細は別紙資料を参照して下さい。
4 日程
 1)往路 せら夢公園(7:45出発)~尾道自動車道吉舎IC~中国自動車道三次東 JCT~中国自動車道戸河内IC~深入山グリーンシャワー(広島県山県郡安芸太田町松原1-1)(9:45到着)※車中にて総会を開催
 2)里山セミナー:森林セラピー体験「深入山セラピーロード」(10:00~14:00)
 3)復路 深入山グリーンシャワー(14:30出発)~中国自動車道戸河内IC~中国自動車道三次東JCT~尾道自動車道吉舎IC~せら夢公園(16:30到着解散)
5 参加費 参加負担金2,000円(バス代、セラピー体験料の一部として)
※現地集合の場合は1,000円
※おにぎり弁当を注文する方は弁当代864円が必要です。
6 申込期限 8月20日(日)FAX、Eメール、電話でお申し込みください。
7 申込・問合先 せら夢公園管理センター
■参加される方は、氏名、年齢、おにぎり弁当の要・不要をお知らせください。
〒722-1732 広島県世羅郡世羅町黒渕518番地1
☎:0847-25-4400,fax:0847-25-4306,Email:yume@mail.mcat.ne.jp

(詳しい案内をダウンロード)

  1. 2017/08/18(金) 11:50:34|
  2. せら夢公園サポーターズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

せら夢公園サポーターズクラブの研修と総会


kouen20161210forum.jpg
▲サポーターズクラブの研修として参加した自然資源を活かした地域づくりフォーラムin広島の様子。講演者の一人は6月に開講した”ゆめ農業”先端的環境保全型農業技術講座”で講師を務めていただいた日本自然保護協会の福田真由子さん。話題は「社会課題の解決に向けた生物多様性保全からのアプローチ」でした。

12月10日(土)にせら夢公園サポーターズクラブの総会と視察研修会を広島市内で行いました。

参加者は13名、行きのバスの中で2年ぶりの総会を開催して、今後の計画や新しい役員体制を決めました。

【役員体制 平成28年度~29年度】
会長     中島 秀也さん
副会長    岡本 信正さん
事務局長  沖 丈博さん
事務局次長 青木 晋さん
事務局次長 延安 勇(ブログ管理人)
監査     前川 弘樹さん
監査     桜井 陽子さん

10時からは広島市中区にある合人社ウエンディひと・まちプラザで開催された、自然資源を活かした地域づくりフォーラムに参加しました。

午前中は4名の方の講演、午後は参加者がそれぞれの地域で行っている活動のポスター発表が行われました。

参加者は広島県内のほか、愛媛、岡山などの近県、遠くは静岡、千葉などから多彩な顔ぶれが揃いました。

サポーターズクラブの発表は行いませんでしたが、サポーターズの方々がそれぞれの地域で行っている以下の活動について発表しました。

○伊尾・小谷たえクラブ:ダルマガエル米、ギフチョウ保全の取り組み

○ヒョウモンモドキ保護の会:ヒョウモンモドキの生態と保全活動について

○NPO法人広島せらマルベリークラブ:里山体験、里山再生の取り組みについて

○世羅・御調の自然誌研究会:モニタリングサイト1000の活動について

happyou20161210forum.jpg
▲世羅・御調の自然史研究会の発表の様子

参加者同士の交流会もあって、有意義な一日を過ごすことができました。

ishii20161210forum.jpg
▲交流会での自己紹介の様子

12月11日(日)の中国新聞にフォーラムの記事が掲載されましたので紹介しておきます。
forum20161210chugokushinbun (2)

  1. 2016/12/12(月) 10:01:04|
  2. せら夢公園サポーターズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0