FC2ブログ

せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

殺虫剤を使用しなくても平年並みの収量と品質 (ゆめ農業講座最終回)

nougyoukouza20181020touchi.jpg  
↑小春日和のもと東屋の前で殺虫剤を使わない米作りを振り返る

10月20日(土)、世羅町田打にあるビオトーチで、ゆめ農業講座(第5回)を開催しました。

この日は講座の最終回。

講師と参加者を交え、まとめを行いました。

内容は以下の通りです。

1 ゆめ農業講座2018について
1)目的
ビオトーチの生物多様性を高めるために、米の収量や品質を落とすことなく使用する殺虫剤の使用量を削減することができることの実証。
2)方法
殺虫剤を使用しない圃場と通常のJA全農規格の特別栽培米の圃場(ネオニコ系殺虫剤2成分仕様)を比較して病害虫の発生状況と生き物の発生を調べる。
3)品種・作型・面積等
コシヒカリ 5月中旬田植え 9月中旬収穫 約30a

2 まとめ
1)収量・品質などについて
・殺虫剤を使用しない水田
使用した農薬;①除草剤、②殺菌剤(イモチ病 1成分)
→ 収量;480kg/10a 品質;1等
・そのほかの殺虫剤を使用した特別栽培の水田(比較対象)の平均
使用した農薬;①除草剤、②殺菌剤(イモチ病 1成分)+殺虫剤(2成分)、③殺菌剤(イモチ病と紋枯れ病 2成分)+殺虫剤(1成分)
→ 収量;534kg/10a
・生産者の感想
殺虫剤を使用しなかった水田でも平年並みの収量(480kg)だった。
殺虫剤を使用しなかったことによる収量や品質の差はないように思う。

2)病害虫の発生状況などについて
① ビオトーチの結果
・殺虫剤不使用の水田(3枚、合計30a うち1枚は2年連続殺虫剤不使用)はビオトーチの中でも山林に最も近いにもかかわらず、イネミズゾウムシ、ドロオイムシとも要防除水準以下の発生(ほとんどいなかった)。
・トビイロウンカ、セジロウンカともに要防除基準以下の発生。
・カメムシは要防除水準程度の発生を確認したものの、色彩選別機で一等米調整を行うことができた。
② 広島県の概況
・セジロウンカ,ヒメトビウンカは少発生。トビイロウンカは飛来していない。
・コブノメイガは極少発生。
・斑点米カメムシが「平年よりやや多」の発生。
・イネミズゾウムシ,イネドロオイムシも少なく推移。
3)田んぼの生きものについて
・殺虫剤を使用した水田、不使用の水田とも、タイコウチ、ガムシ、オオコオイムシ、ゲンゴロの仲間、トンボ類を確認できた。
・8月6日に農研機構と実施した生き物調査でも双方の水田でアシナガグモなどのクモ類を多数確認し、農研機構の開発した指標で生き物の豊かな水田であることが示された。
・ただし、田植え後の5月19日の講座では、箱施用殺虫剤を使用した水田でガムシの死骸や動きが鈍くなっている個体が見られた。

4)生物多様性を高めるための病害虫防除体系について
本年度は病害虫の発生が極めて少ない年であり、継続して調査を行う必要があるものの、ビオトーチで栽培されているコシヒカリの作型であれば殺虫剤を使用しなくても収量や品質を落とす確率は極まめて低い。
このことから、田んぼの生物多様性を高めるため防除体系では、殺虫剤の使用は要防除水準を超える場合のみに止め、予防的な使用は控えることが望ましい。
① イネミズゾウムシ、ドロオイムシの防除
・田植え後に要防除水準を超える発生を確認した場合にのみ防除を行う。
・冬に越冬成虫を調査し生息密度を把握する。
・毎年田植え後の発生状況を調査し、年次変化を把握する。
② ウンカ類、ツマグロヨコバイの防除
・トビイロウンカはウンカが増加するよりも前に収穫を行うため防除は不要。
・セジロウンカ要防除水準を超える発生があった場合にのみ、イモチ病の防除と同時に防除。
・ヒメトビウンカ、ツマグロヨコバイはウイルスの保菌率が低いため防除は不要。
③ カメムシ類の防除
・色彩選別機による選別で被害粒は除去することができるので基本的に防除は不要。
・カメムシの被害は畦畔周辺部(畔から5m程度)に集中するが、田打地区では50aを超える大区画の圃場整備が行われており全面積に対する畦畔周辺の面積の占める割合は低い。このため要防除水準を超える発生があったとしても被害粒の割合は少ないことが考えられる。


  1. 2018/10/22(月) 13:58:46|
  2. 農業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

農業体験で生き物観察をやる理由

kansatsu20180923kurogawa.jpg
↑世羅町黒川「農事組合法人くろがわ上谷」の農業体験での生き物観察(9月23日)

9月22日(土)と23日(日)、二日続けて農業体験のお手伝いをしました。

実はこの二か所の農業体験、10年ほど前、管理人がまだJAに勤めていたときに農業法人やコメの販売会社などといっしょに始めたものです。

稲刈り、芋ほり、生き物観察という内容ですが、実は管理人が代表を務めるJA尾道市環境農業研究会が30年前から御調町でやっている”たんぼでがんぼー”という農業体験イベントがお手本になっています。

田んぼはお米を育てているだけではなくて、トンボやカエルなど、いろんな生き物の大切な住処になっています。

生きもの観察は、地産地消が身近な自然を守ることに繋がていることを知ってもらうための取り組みです。

kikyou20180923kurogawa.jpg
↑田んぼで使う水を貯めるため池の堤に残るキキョウ(絶滅危惧種)やオミナエシ。
農家の草刈りによって残った奇跡のような景観です。↓
ominaeshi20180923kurogawa.jpg
 
inekari20180922kurobuchi.jpg
 ↑世羅町黒渕の「農事組合法人くろぶち」の農業体験(9月23日)と生き物観察↓
kansatsu20180922kurobuchi.jpg


  1. 2018/09/29(土) 16:44:07|
  2. 農業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

殺虫剤を使わない田んぼの稲刈り

 inekari20180913touchi.jpg
↑雨が降るというので昼休憩を返上しての稲刈り作業

農事組合法人さわやか田打で試みている殺虫剤を使わない田んぼの稲刈りが始まりました。

見た感じでは病害虫の被害もなさそうです。

10月20日(土)は、本年度最後の”ゆめ農業講座”の開講日です。

収量や品質をもとに殺虫剤を使用しない米づくりのまとめを行います。

inaho20180913touchji.jpg
↑殺虫剤を使用しなくても綺麗な稲穂です。

natsuakane20180913touchi.jpg
↑稲穂にとまったナツアカネ(夏茜)♂。成熟して真赤っか。

komatsunagi20180913touchi.jpg
↑畦のコマツナギ(駒繋)が花盛り。名前の通り馬を繋いでも大丈夫なくらい蔓(茎)はとても丈夫。

  1. 2018/09/13(木) 17:09:14|
  2. 農業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウンカは何処へ行った?第3回ゆめ農業講座

unka-chousa20180714touchi.jpg  
↑↓ウンカを調べる講師の星野さん。手に持っているのは100円ショップで売っているちり取り。これを稲の株もとにあて稲を叩き落ちた虫を調べる。
unka-chousa20180714touchi2.jpg

多くの被害をもたらした豪雨から一週間たった7月14日(土)、第3回のゆめ農業講座をビオトーチで開催しました。

道路もいたるところで寸断されているので中止しようかとも思いましたが、害虫の調査には時期があるので先延ばしにはできません。

というわけで、予定通り稲の大害虫として知られるウンカの調査を行いました。

ウンカは3mm~5mmほどの小さな虫ですが、大発生すると稲を枯らすほどの被害をもたらします。江戸時代に起こった享保の大飢饉は、ウンカの大発生によるものだといわれています。

田んぼの害虫として知られるウンカは、ヒメトビウンカ(姫鳶浮塵子)、セジロウンカ(背白浮塵子)、トビイロウンカ(鳶色浮塵子)の三種類です。

ヒメトビウンカは縞葉枯病や黒すじ萎縮病のウイルスを媒介します。

セジロウンカは7月から8月に増えるので夏ウンカとも呼ばれ、稲の汁を吸います。

トビイロウンカは9月から10月にかけて増えるので秋ウンカと呼ばれ、夏ウンカよりも急激に増え、ひどい時には田んぼ全体を枯らしてしまいます。

 3種類のウンカのうちヒメトビウンカは日本でも越冬しますが、それ以外の2種類は越冬することができません。

実は、セジロウンカとトビイロウンカの生まれ故郷は中国南東部の福建省の沿岸部です。

彼らは梅雨前線に吹き込む下層ジェット気流に乗って、はるばる中国南東部の福建省の沿岸部から日本列島まで飛んで来ます。

飛来したウンカが稲の茎に卵を産み付け、一ヶ月ごとに世代を繰り返し第3世代が多発すれば稲が枯れる被害がでます。

というわけで、今回の調査は、第1世代のウンカを数えるというものだったのですが、一頭も見つけることができませんでした。

講師の星野さんによると、ビオトーチだけでなく広島県が行っているほとんどの調査点でウンカの飛来は確認されていないとのことでした。

梅雨も明けたので、これからウンカが飛来することも考えにくいので、今年はウンカによる被害を心配する必要はなさそうです。


もっとも、ビオトーチで栽培されているコシヒカリのように9月中旬までに収穫する品種では、トビイロウンカの第3世代が発生する前に収穫するので被害の心配はありません。

次回は8月7日(火)、米粒を変色させるカメムシの調査を行います。

ゆめ農業講座の資料はこちらから
ダウンロード
できます。

akiunnka20130923ganbo.jpg
↑この写真は2013年に管理人の田んぼで撮影したもの。この年は10月になって被害が多発した。一番大きなものが大発生する際に現れる短翅型と呼ばれるトビイロウンカのメス。多くの子孫を残すために栄養を卵に集中させることで翅が短くなる。周りの小さいものは幼虫。2本の触覚が目立つのはトビムシ。稲の病原菌を食べたり益虫のエサになる大切な田んぼのメンバー。

unka-sanrankon050724_201807211555196b4.jpg  
↑矢印の示す褐色の部分はウンカの産卵痕。褐色になるのは産卵された卵に稲が抵抗することによるもの。(管理人の田んぼで2005年に撮影)

tanomushi-chousa20180714touchi3.jpg
↑ウンカは見つからなかったけどガムシやタイコウチがたくさん採れました


  1. 2018/07/21(土) 16:17:10|
  2. 農業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラクターからの探鳥

tsugumi20180207hakata.jpg
↑トラクターから至近距離に近づいたツグミを撮影

寒波をものともせず(?)、遅れ遅れになっていた田起こしにようやく取り掛かりました。
すると、いつものことながら、いろんな鳥がトラクターの音を聞きつけて田んぼにやってきました。
実は、トラクターに乗っていると、いろんな鳥がかなり近くまで寄ってくれます。
降りるとすぐに逃げてしまい、上の写真のような間合いはとれません。
トラクターを牛か何かだと思っているのでしょう。
田んぼを訪れた鳥たちはトラクターで耕運する際に飛び出る虫が目当てです。
牛などの大動物が草原を歩く際にいろんな鳥があとをつけている様子をテレビでも見ますが、目的は同じです。

この日、田んぼにやってきたのは、まずはツグミでした。
秋、日本にやってきたときは群れていますが、冬の間は単独行動をしているようです。
春、北帰行が始まる頃には再び群れをつくります。

次は、いつものハシボソガラスとハクセキレイ。

hakusekirei20180207hakata.jpg
↑ハクセキレイ

hashibosogarasu20180207hakata.jpg
↑下の嘴が短いハシボソガラス。うちの田んぼの数年来の常連さんです。

上空ではトビが滑空していました。

tobi20180207hakata.jpg
↑少し離れた田んぼに降り立ったトビ。この日出会った鳥では一番警戒心が強い。

そして、この日、私は生まれて初めてタヒバリ(田雲雀)に出会いました。

tahibari20180207hakata.jpg
↑タヒバリ

生まれて初めてとは少々大袈裟な表現になりましたが、正確にはタヒバリと認識したのが初めてということです。
理由は簡単、例年なら稲刈り跡の田んぼの耕運は冬までには済ませていたので、冬鳥のタヒバリに田んぼで会うことはなかったのです。
タヒバリはスズメ目セキレイ科、体長15cmほどの小さな鳥で、冬に日本に渡ってきます。
同じ冬鳥のツグミが単独行動するのに対して、タヒバリは冬の間中群れて過ごします。
セキレイの仲間というだけあってしぐさもセキレイに似ています。
ですが、セキレイほどはトラクターに近寄っては来ません。

午前中は表土が凍てついたままの寒い作業になりましたが、この時期ならではの鳥たちに出会うことができました。

sagi20180207hakata.jpg
↑田んぼで見つけたサギと思われる羽。キツネにでも襲われたのでしょうか?



  1. 2018/02/10(土) 17:34:02|
  2. 農業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生きものも育てる米作り研修会in田打

hoshino20170810touchi.jpg
▲殺虫剤を使わない田んぼでの害虫調査。我らが星野研究員が網で虫をすくっています。

8月10日、ヒョウモンモドキの新たな生息地創出を目指す世羅町田打地区のビオトーチの田んぼで病害虫に関する研修会を開催しました。

参加者は地元の農業法人・さわやか田打の岡田組合長と重鎮の坂口さん、県農業技術センターの星野研究員、それと公園の管理人を加えたこじんまりとした研修会です。

とはいうものの、少人数ながらも中身の濃い研修をすることができました。

ビオトーチは設置されて10年ほど経ちますが、この間地元の方々のご努力によって、よい環境が整い、多様な生き物が生息しています。

ヒョウモンモドキの食草であるキセルアザミや、成虫が蜜源としているノアザミも随分と増えました。

農事組合法人さわやか田打では、こうした取り組みをさらに前進させるために、ビオトーチ内に殺虫剤を使用しない田んぼを設けています。

チョウなどの昆虫に影響のある殺虫剤を減らすことで、将来、ビオトーチをヒョウモンモドキの生息地にしようと考えているのです。

この取り組みに広島県農業技術センターとせら夢公園も協力していて、定期的に病害虫の発生を調べていて、この日は農業法人の方といっしょに調べることにしました。


調べ方はいたって簡単です。

広島県農業技術センターの星野研究員が殺虫剤を使用しない田んぼと、使用した田んぼの虫を網ですくいます。

hoshino20170810touchi2.jpg
▲うれしそう(?)に網でとらえた虫をみんなのもとへ運ぶ星野研究員

網に入った虫をプラスティックのバットに移し、害虫やそのほかの虫の様子を調べます。

gaichuu-chousa-bat20170810touchi.jpg
▲網の虫はバットへ移して観察。害虫はほとんどいません・・・
小さな点は稗(ひえ)の種

前日に殺虫剤とイモチ病などの予防剤を散布したという別の田んぼを調べてみると、害虫はほとんど見つかりません。

殺虫剤を1回も使用していない田んぼはどうかというと、こちらにも害虫はほとんどいません。

これまでの調査でもわかっていたのですが、今年はカメムシやウンカなどの害虫の発生が極端に少なくなっています。

調査した田んぼは9月の中頃に収穫するコシヒカリなので、仮にこれから稲を枯らす秋ウンカが増えたとしても、おそらく被害が出る前に収穫できるでしょう。

ということは、前日散布した殺虫剤の散布は無駄な費用を使ったということになります。

害虫がいなくて一安心できた研修会となったわけですが、前日行った20haの田んぼの農薬散布のことを考えると、苦笑いで締めくくる研修会ともなりました。

kenshuu20170810touchi.jpg
▲「殺虫剤はやらんでよかったんか・・・」と苦笑いの田打の方々

ちなみに、日本の農家の多くはスケジュールに従って農薬の散布をしていますが、大規模な稲作を行っているアメリカなどでは、農薬散布にかかる費用と予測される減収とを天秤にかけて農薬散布の可否を決めています。そのための調査会社があって、農家は有料となる調査をその会社に依頼しています。

ひと昔と比べ使用される農薬の成分数は減りましたが、使っている農薬はよく効き、しかも長く効く農薬が使われています。

赤トンボの減少が各地で報告されていますが、その原因の一つがこうした農薬の仕様によるものだといわれています。

自分の目で病害虫の発生を確かめ、そのうえで無駄な農薬を使わない農家が増えなければ生き物の減少に歯止めはかからないと、あらためて考えさせられた研修会ともなりました。








  1. 2017/08/13(日) 16:59:03|
  2. 農業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もち米の脱穀

ashihumidakkokukitoumi20161207kansatsuen.jpg 

園内にハゼ干ししていたもち米を足踏み脱穀機と唐箕(とうみ)を使い脱稿と選別をしました。

遅い田植えだったので収量は期待していませんでしたが、米袋一袋分のモミがとれました。

天気のいい日もう一度モミを干して、籾摺りと精米を一度にできる機械にかける予定です。

できたもち米で、今度のお正月(1月2日)にお餅つきをしてぜんざいにしてご来園者に食べていただきます。

1月2日には凧(たこ)作りと凧揚げも楽しんでいただきます。

takoagetaikai-chirashi20170102kouen.jpg 


【本日の作業】
・自然観察園で育てたもち米の脱穀・選別(4時間)

  1. 2016/12/07(水) 16:43:52|
  2. 農業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土着天敵「ヒメハナカメムシ(姫花亀虫)」を増やすバジル


shimohara20160715tenjiho.jpg
▲農業講座の展示圃を引き受けて下さった世羅町青水の下原さん

来週7月21日(木)は”ゆめ農業”先端的環境保全型農業技術講座の第3回、天敵を増やす畑の技術について研修して頂きます。
座学のほかにも、実際の圃場も見学しますので、今日は、下見をしてきました。

見学するのは、世羅町青水の下原さんのナス畑です。

下原さんは以前より、畑の周囲に天敵の棲みかとなるソルゴーを植えていましたが、さらに、講座の講師を派遣して頂く広島県農業技術センターより提供されたバジルをナスの畝の両端に植えて頂いています。
畑に足を踏み入れると、バジルのいい香りがします。

tenjiho20160715.jpg
▲ソルゴーとバジル(畝の右端)を植えたナス畑

ソルゴーやバジルは、ナスの害虫であるハダニ(葉蜱)やアザミウマ(薊馬)類を食べる土着の天敵「ヒメハナカメムシ(姫花亀虫」を増やす効果のある植物です。

カメムシと聞くと、あの臭いカメムシ(御調や世羅ではハトウジともいいます)を思い浮かべてしまいます。あの臭い奴は草食系、どちらかと言えば害虫に多いタイプですが、ヒメハナカメムシは肉食系のカメムシです。
体長2mmほどの小さなカメムシですが、なかなか頼りになるヤツです。

下原さんの畑では、苗を植え付ける際には植え付けの穴に殺虫剤を使用していますが(聞き間違いで使用していないとのことを後日確認しました)、それ以降、農薬は使用していないとのこと。
1ヶ月ほど前にマムシ(蝮)に噛まれて支柱を設置する作業が遅れているとのことでしたが、ナスは葉も実も綺麗です。
ヒメハナカメムシは確認できませんでしたが、天敵温存植物の効果かもしれません。

詳しくは、講座のあとにご報告しようと思います。

  1. 2016/07/15(金) 18:24:51|
  2. 農業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生物多様性と農薬

nougyousinbun20160626goka2.jpg
▲数日前の日本農業新聞の記事

数日前、日本農業新聞に「生物多様性の農薬」と題する国立環境研の五箇公一さんのコラムが掲載されていました。

市場に出回る農薬は、藻類、それを食べるミジンコ、ミジンコを食べる魚類という3種の水生生物に対する毒性試験をビーカーレベルで実施しており、毒性試験に使うミジンコは米国原産のオオミジンコ。
あるネオニコチノイド農薬の場合、オオミジンコの半数死亡濃度は85ppmだが、日本のミジンコやトンボ類ではなんと1ppm以下で全個体が死亡してしまう。
オオミジンコで評価しても日本産のミジンコは守れないと。

国立環境研では研究所内に実験用に小さな田んぼを設置し、ネオニコチノイド農薬がトンボの数を減らす負の影響がある事を明らかにする研究結果を発表しています。

(以下 同研究所のページより引用
 国立環境研究所は実験水田を用いて、ネオニコチノイド農薬など浸透移行性殺虫剤が、トンボ類を含む水田の生物相に対してどのような影響を与えるのかを調べました。
 その結果、以下のことが明らかになりました。

①フィプロニルが使用された水田で一部のトンボ種の発生に強い負の影響が見られたこと

②試験薬剤であるクロチアニジン、フィプロニル、及びクロラントラニリプロールはそれぞれ使用された水田内において、その水中濃度は適用後3か月以内に検出限界程度に減少するが、土壌中では栽培シーズン終了時まで比較的高濃度で検出されること

 本研究成果は、現在、国内でも広く使用される浸透移行性殺虫剤が土壌に吸着しやすく、長く留まる傾向が強いことを示すとともに、一部の殺虫剤は水田中においてトンボ相に深刻な影響を及ぼすリスクがあることを示しています。このことは、現在の農薬登録の枠組みにおいて審査を通過した農薬であっても、一部の野生生物に予期せぬ影響をもたらす可能性があることを意味しています。そのような予期せぬ影響をいかに予測可能へと近づけるかが今後の課題であり、種の多様性や生態系の多様性を考慮した農薬のリスク評価システムを構築して行くことが重要であると考えられます。
(以上引用終わり)

農薬は使用方法を守っていれば、農産物を食べる人への影響はないとされていますが、害虫や天敵以外の生き物への影響については十分調べられているわけではありません。
農薬によって農業の生産性は向上しましたが、気がついてみると、身近な田んぼから、いろいろな生き物が姿を消しています。

次回、第3回の"ゆめ農業"先端的環境保全型農業技術講座(7月21日)では、「天敵を増やす畑の技術」と題して農薬を減らすための技術に関する講義と展示圃見学を行います。
あわせて、「農業を通じた皆さんの内なる生物多様性」と題して、参加型ワークショップで「里山で農林業をやりながら、どんな生きものと、どんな関わりをもつか」について考えます。

  1. 2016/06/29(水) 17:02:22|
  2. 農業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”見た目”や”緑肥”だけではない”レンゲの底力”


rengehachi20160426_201605271228463fd.jpg
▲害虫の被害から稲を守ってくれるレンゲ

レンゲは、心和む景色や美味しい蜂蜜を私たち提供してくれるだけでなく、稲の有機肥料としても力を発揮してくれることは昨日紹介しました。

でも、レンゲの力はそれだけではありません。
レンゲは稲を害虫の被害から守ってくれる有用な植物であることが静岡県農林技術研究所などの研究で明らかになっています。

お米が熟れていく過程で、草食系のカメムシがお米のもととなる籾の中身を吸うと、その痕(あと)が変色して残ります。
収量には大きな影響はないものの、見た目が悪くなったり、被害を受けた米粒の割合が高くなると異臭がしたりします。
これでは農家は困るので、ほとんどの田んぼで農薬を使ったカメムシの防除が行われています。

レンゲを植えた田んぼでは、害虫のカメムシのひとつであるアカスジカスミガメ(赤筋霞亀)などを食べるコモリクモ(子守蜘蛛)の仲間が、稲刈りの後何も生えていない田んぼよりもたくさんいるというのです。
何故なら、レンゲの田んぼには、コモリグモ類がエサにしているアブラムシやあアリ、コウチュウ類など様々な昆虫がたくさん生息しているからです。
田んぼに水が張られるとクモは畦に移動しますが、害虫などの昆虫を食べるために、稲の成長とともに再び田んぼの中に移動します。
稲の生育期間中でも、レンゲを植えた田んぼはそうでない田んぼよりもクモは数倍多く、多くの害虫を食べます。
このように、稲の裏作でレンゲを植えることは害虫対策としても環境保全型農業の有望な技術になると考えられています。

こうした、田んぼの生き物を活かした農業技術については、6月9日に開講する”ゆめ農業”先端的環境保全型農業技術講座でも紹介します。
  1. 2016/05/27(金) 12:38:09|
  2. 農業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0