せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大見の三富士

世羅台地の玄武岩ドーム
大見の三富士


大見の三富士

写真左から、
旗山(はたやま)、権現山(ごんげんやま)、頭士山(ずしやま)。
夢公園の入り口ゲート近くからの景観です。

世羅町の大見(おおみ)地区にある玄武岩ドーム
3山が並んで見られるのは、ここだけ!?

ちなみに“大見の三富士”とは、
地元のある方より頂いた教えて頂いた愛称。

ですが、他の複数の方からは
聞いたことがない、という反応も・・・。

でも、語呂が良いのでOK!

大見の三富士、ぜひ一度は確認してみてください!



広島ブログ
スポンサーサイト
  1. 2015/01/13(火) 18:43:40|
  2. 地学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

玄武岩ドーム

せら夢公園の夢見山(502m)から見える
玄武岩ドーム

正面に目立つ早山ヶ城、高山、女鹿山、男鹿山、権現山、頭士山
以外にも見られます。

自然観察園のある方向には
へそ石山(494m)。


へそ石山

へそ石山

昭和52年発行の「世羅台地の自然-科学研究の記録-」によると、
『この山に特別な名称はないが、付近に、
へそ石谷と呼ばれる谷間があり、(中略)
へそ石山と呼ぶことにした。』とありました。

へそ石と呼ばれる、へそのような丸い窪みのある
玄武岩の石が見つかっています。
玄武岩マグマが噴出した証拠の1つです。

へそ石山は自然観察園のトンボ池からも見られます。


へそ石山




夢見山からは、この地域の最高峰「宇根山」(698.8m)も見えますが、
その近くには、
月ヶ平」(550m)が見られます。


月ヶ平

月ヶ平

前出の本には、「大山」と紹介されている
玄武岩ドームです。

その他、
里山の散策道からは、三大明神山が、
公園入り口付近では、“大見の三富士”として「旗山」が、
「新山」は、せら里山楽校の“わくわく広場”から見られます。


せら夢公園は、世羅台地の主要な玄武岩ドームが見える
良いスポットと言えるでしょう。




広島ブログ
  1. 2015/01/12(月) 18:39:23|
  2. 地学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わき水

先日の雪の観察園

わき水

貧栄養湿地エリアの散策道で
雪が積もっていないところ。
わき水が出ているところです。
量は少ないですが、じゅるく、近くに
イヌセンブリが見られます。

(そういえば、今年度はイヌセンブリの花は見れましたが、
センブリは見れなかったですね・・・)


こちらはメダカ池近くの草地。


わき水

ここでも、わき水の出るところには
雪が積もっていませんでした。

わき水があると、周りよりあったかいのでしょうか。


雪の日の発見でした。




広島ブログ
  1. 2015/01/10(土) 21:10:17|
  2. 地学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三大明神山

せら夢公園の里山の散策道、
頂上からは玄武岩ドームの山々
三大明神山が見られます。

正面に目立つ山が
津田明神山


津田明神山


左手側奥に見えるのが、
黒川明神山


黒川明神山


右手側、鉄塔横に見えるのが、
上田の明神山です。


上田明神山


形のよい玄武岩ドームの山々が多いのも
世羅台地の特徴。
なだらかな山並みから突き出た姿は
立派ですね。



広島ブログ
  1. 2014/07/22(火) 17:47:22|
  2. 地学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然観察園の気温

冬休みにこれまでの
自然観察園に設置した温湿度計のデータを
入力してみました。

2012年と2013年の
日平均気温の月平均値


グラフ

縦軸の単位は℃


こちらは
日最低気温の月平均値


グラフ

昨年2013年の4月は寒い日が多く、
遅霜に悩まされました。


こちらは
日最高気温の月平均値


グラフ

昨年は、4月の寒さに対し、
夏の暑さが厳しかったですね。

2012年と2013年の5~9月
各月の
夏日(日最高気温が25℃以上)、
真夏日(日最高気温が30℃以上)、
猛暑日(日最高気温が35℃以上)
の日数をあげてみました。


グラフ

縦軸は日数です。

5月6月にも30℃以上の真夏日が数日あり、
暑い夏が長く続きましたね。


生きものの暮らしを大きく左右している
気温

今後データをHP等にアップし、
みなさんに活用して頂けるようにしていきたいと思います。



広島ブログ
  1. 2014/01/06(月) 17:53:21|
  2. 地学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の気温

先日の中國新聞の記事

中國新聞記事


今年は大変暑い夏が続きましたね。
自然観察園に設置している温湿度計のデータをみても、
8月10日~14日の5日連続で
日最高気温が35℃以上の猛暑日となり
大変暑い夏だったことがわかります。

ちなみに、2012年12月~2013年11月の1ヶ年で、
日最高気温が30℃以上の真夏日は54日、
日最高気温が25℃以上の夏日は64日、
逆に、
日最低気温が0℃未満の冬日は95日
日最高気温が0℃未満の真冬日も1日
ありました。

1年365日での配分はこんな感じです。


グラフ


自然観察園の
月平均気温はこんな感じになりました。


グラフ


年平均気温は13.5℃
最高気温は8月10日12時の35.9℃
最低気温は1月27日午前7時の-7.7℃
でした。

年々夏冬の厳しさが増してきているように感じます。
来年は過ごしやすい年になるといいですね。



広島ブログ
  1. 2013/12/28(土) 16:42:38|
  2. 地学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世羅台地の雲海

先日の中國新聞に
世羅台地の雲海のようすが載っていました。


中國新聞記事

明日は八十八夜ですが、
まだまだ朝晩冷える世羅台地。
霜害等、心配ですね。


遅霜や人を威して旭上る (桜井土音)



広島ブログ
  1. 2013/05/01(水) 20:55:49|
  2. 地学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジオパーク

先日の西予市、ワークショップの翌日には、
西予ジオパーク構想の取り組みも見させて頂きました。

ジオパーク(Geopark)とは、
大地(geo-)の成り立ちを知り、大地が育んだ多様な自然や生態系、
そこで暮らす人々の営みをまるごと感じることができる「大地の公園」。
日本や世界のジオパーク委員会が認定しており、
西予市もジオパーク認定を目指して取り組んでおられます。

この日は、四国西予ジオガイド養成講座
「石灰岩と人々の暮らし」の一部に参加させて頂きました。

会場の西予市明浜町の海岸。
薄曇でしたが、澄んだ海の向こうには、あの藤原純友が拠った
日振島を望めます。


宇和海

浜辺でハンマーを振るう人

イシマテ

隣には大きな石

イシマテ

よく見ると石の表面にはボコボコと穴があいており、

イシマテ

貝が顔を出しております。

これはイシマテという二枚貝


イシマテ

イシマテは、自ら酸を出して石灰岩などに穴をあけて、
一生を石の中で過ごす貝。
地元ではウド貝と呼ばれ、昔から食用にされていました。
ハンマーを振るって石を砕き、採集します。

お昼には、酒蒸しとお味噌汁で頂きました。


イシマテ

味はカキにも似て、おいしかったです!

イシマテの生息には石灰岩が好適で、
調べた方によると愛媛県でイシマテがいるのはここだけ。
明浜では海まで石灰岩が見られ、
石灰岩の白い石垣がきれいな段々畑や
昔はセメントの原料に石灰鉱山もあったそうです。

石灰岩はサンゴやプランクトンなどの生物の死骸が堆積してできた岩石。
南の暖かい海で堆積したものが、海洋プレートに乗って北上。
海洋プレートが海溝に沈み込む時、陸側に押し付けられ、くっついて
ジュラ紀にできた付加体「秩父帯」に特徴的な岩石です。
秩父帯は四国を横断するよう見られ、西予市東部の四国カルストや、
管理人の実家近くの鍾乳洞などにつながっています。

大地や地球の歴史から、身近な自然や私たちの暮らしを考えると
また新しい発見がてきますね。

世羅台地も、明神山等の玄武岩ドームや台地地形、
ナウマンゾウの化石に古代の製鉄遺跡などなど、たくさんの
“ジオ遺産(=大地の恵み)”に囲まれています。
そんなジオ遺産をめぐる、世羅台地のジオツアーもやってみたい!

ちょうど今、世羅町大田庄歴史館でも、
「せら台地の自然めぐり展~山々の特徴~」と題した
世羅の岩石や化石等の展示をしています(3月24日まで)
これを機会にもう一度、“足元”の自然を見直していきたいと思います。

最後に、明浜の神社で出会った珍しい
河童の狛犬


河童

この河童さん、右脇にタイを抱えています。
地元では“エンコ様(猿猴様)”と呼ばれ敬愛されており、
お殿さまの恩情と河童の恩返しの伝説を現しているそうです。

みかんもお供えされていて、
最後まで愛媛らしい魅力を感じた2日間でした。



広島ブログ
  1. 2013/02/20(水) 12:15:54|
  2. 地学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お月様とお日様と

菜の花や

月は東に

東の月

日は西に
西の夕日

江戸時代の俳人 与謝蕪村の有名な句
菜の花や月は東に日は西に

春の遅い世羅台地でこの句の雰囲気を味わおうとすると
この時期ですかね。菜の花も満開です。
上の写真2枚は今日の18時半過ぎ、
せら夢公園のゲート前で撮ったものです。
写真ではお伝えできてませんが、
「月は東に日は西に」とこの時期の世羅台地ならでは
大パノラマなんです。

満月は6日(日)
明日も「月は東に日は西に」を味わえるのではないでしょうか。
(月の昇る時間は日に日に遅くなりますからね)

町内の花観光農園さんでは、一面の菜の花畑を
見られるところもあるみたいです。


菜の花の写真もないとブログがさみしいので、
昨年の写真をペタリ。

菜の花


菜の花や月は東に日は西に (与謝蕪村)


広島ブログ
  1. 2012/05/04(金) 21:57:05|
  2. 地学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お天気

昨日、月曜日の朝は
うっすら雪が積もっていた せら夢公園


せら夢公園

それでも温か。
ヒバリが鳴いていました。

春の雪ひとりさえずる雲雀かな


アセビの花も咲いていました。


アセビ

ピンク色がかわいらしい。

ぬけるような青空。
春だなぁ~。


青空

夜には
金星と月と木星と
が見えましたよ~。


金・月・木

今日もいいお天気でしたね。

天高くヒバリが舞っていました。


ヒバリ

♪ Skylark, have you anything to say to me ~ ♪


広島ブログ
  1. 2012/03/27(火) 21:57:49|
  2. 地学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。