せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

モリアオガルの産卵

moriaogaru20170622kansatsuen3.jpg 
▲自然観察園の中ほどにある池の岸辺に生えたヤナギで見つけたモリアオガエル

今年もモリアオガエルが卵を生んでくれました。

初めて観察できたのは一昨年。

以来、3年続けて同じ木に泡状の卵塊を生みつけています。

今年は、近くの枝にたたずむモリアオガエルも見つけることができました。

moriaogaeru-tamago20170622kansatsuen.jpg
▲ヤナギの枝に生みつけられたモリアオガエルの卵塊

手に取ってみると、前足の親指が太めなのでオスのようです。

moriaogaru20170622kansatsuen.jpg 
▲シュレーゲルアオガエルの前足と比べると指が長く吸盤が大きい

今月12日には、公園近くの世羅町徳市地区の民家の池でもモリアオガエルの卵塊が見つかっています。

人により持ち込まれたものか、それとも分布を広げつつあるのか管理人にはよくわかりませんが、今日見つけたモリアオガエルは生まれて初めて見たモリアオガエルです。

なかなか可愛いカエルですねぇ。

ところで、今日の午前中は、6月24日(土)に予定している田植えに備えて代掻きを行いました。

shirokaki20170622kansatsuen.jpg
▲歩行式の耕運機による代掻き

畦の草も刈って、準備万端で皆様のご参加をお待ちしています。

もちろん、モリアオガエルの卵もご覧いただきます。

【今日の作業】
・田んぼの代掻き 2時間
・田んぼの畦草刈り 1時間

【その他】
・世羅中学校2年生の職場体験2名受け入れ。ノアザミの切り花を飼育ハウスに入れる。

  1. 2017/06/22(木) 18:52:47|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒキガエル(蟇蛙)のオタマジャクシ

hikigaeru-otama20170402kansatsuen.jpg
▲ヒキガエル(蟇蛙)のオタマジャクシ

久々の更新ですみません。

ここのところ、年度末までの雑用と、ヒョウモンモドキの幼虫のお世話とで、ついつい更新をさぼってしまいました。

というわけで、今日はヒキガエルの卵塊のその後をお知らせします。

3月4日に見つけた卵は上の写真の通り、オタマジャクシになりました。

この春見つけた卵塊はひとつ。

かなりやばい状況かもしれませんが、オタマジャクシの数は数えきれないほど。

昨年秋までこの池ではフトヒルムシロ(太蛭蓆)が池全体にはびこっていました。

そこで、観察会を兼ねて池干しの際に一部を残して除草したところ、池の底までよく見えるようになりました。

オタマジャクシの様子もよくわかります。

今の状態が吉と出るか凶と出るかわかりませんが、彼らが無事カエルになるまで見守っていく予定です。

  1. 2017/04/02(日) 17:26:36|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

源五郎米の里でアカガエルの産卵調査

akagaeru-chousa20170302suzu.jpg
▲御調中央小学校5年生といっしょにアカガエルの卵塊を数える

今日は尾道市市立御調中央小学校の5年生42名、お二人の先生といっしょに、源五郎米の里・御調町鈴地区の田んぼで、アカガエルの卵塊を調べました。

水が張られた田んぼや、ヒヨセ、トラクターの轍にできた水たまりなどで見つけた卵塊は約100個。

1月末に生まれた卵は、早くも小さなオタマジャクシになって泳いでいました。

ゼリーのような卵塊の感触を楽しんだり、泥遊びを楽しみながらの調査でした。

調べる前は綺麗だった服も、帰りには泥だらけ。

子ども達を乗せてくださった尾道バス様、ご愁傷様でした。

akagaeru-chousa20170302suzu2.jpg
▲田んぼのヒヨセはアカガエルの大切な産卵場所です。


  1. 2017/03/02(木) 16:45:32|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマアカガエル(山赤蛙)の産卵

 yamaakagaeru-pair20170206kansatsuen2.jpg
▲田んぼとして利用している湿地で見つけたヤマアカガエル(山赤蛙)のカップル

昨日は朝から雨。

この時期の雨の日は、アカガエルたちの産卵日和です。

今朝の夢公園は、雪がちらつく寒い朝になりましたが、自然観察園の湿地を見回ってみました。

すると、案の定、卵塊が増えていました。

湿地の中をよく見てみれば、卵塊だけでなくヤマアカガエルのカップルの姿もあります。

 yamaakagaeru-pair20170206kansatsuen.jpg
▲背中に乗っているのがオス。下のメスは体長約8cm。

近くには、オスのヤマアカガエルも見つかりました。

耳を澄ませば、鳴き声も聞こえます。

これから一雨ごとに、春が近づき、アカガエルたちの卵塊も増えていきます。

yamaakagaeru-osu20170206kansatsuen.jpg
▲オスのヤマアカガエル

ちなみに、ニホンアカガエルとヤマアカガエルを合わせた卵塊数は以下の通りです。

1月30日  1個
2月2日   3個
2月6日  14個
合計    18個


  1. 2017/02/06(月) 15:56:31|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初卵

 nihonakagaeru-tamago20170130kansatsuen2.jpg
▲ニホンアカガエル(日本赤蛙)の生んだものと思われる卵塊

一週間前と打って変わって、昨日の日曜日は雨、気温も高めでした。

ということは、そろそろアカガエルたちの恋の季節到来か?と思っていたら、案の定、午前中、自然観察園の湿地からヤマアカガエル(山赤蛙)と思われる鳴き声が聞こえてきました。

予想的中です。

卵は水を張りっぱなしの園内の田んぼで見つけることができました。

tanbo-sanranbasho20170130kansatsuen.jpg
▲卵塊を見つけた自然観察園の田んぼ

卵塊を手に取ってみると、粒粒がはっきりして、しっかりとした感じです。

おそらく、ニホンアカガエルの卵塊だと思われます。

nihonakagaeru-tamago20170130kansatsuen.jpg
▲ニホンアカガエルのものと思われる卵塊

これから、一雨ごとにアカガエルの仲間の卵が見つかることでしょう。

産卵を終えたカエルたちはというと、再び冬眠して春を待ちます。
  1. 2017/01/30(月) 16:54:22|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニホンヒキガエル(日本蟇蛙)


hikigaeru20160923kansatsuen.jpg  
▲草刈り中にみつけたニホンヒキガエル(日本蟇蛙)

自然観察園の入り口近く、トンボ池へと続く道の法面の草刈りをしていると草むらの中にヒキガエル(蟇蛙)を見つけました。

実物を見たのはかれこれ10年数年ぶりと言ってもいいほどのご無沙汰でした。

普通の蛙と違ってピョンピョン跳ねないのですぐに捕まえることができました。

hikigaeru20160923kansatsuen2.jpg
▲手のひらサイズよりも小さい

サイズはわりと小柄で、掌にすっぽり収まる程度の大きさです。

ちなみに、ヒキガエルはブフォトキシンという毒を持っています。

身を守る為に鼓膜の後ろにある耳腺や背中のイボから白い毒液を出します。

毒の名は”ブフォトキシン”というそうです。

”ブフォトキシン”の”ブフォ”はヒキガエルの属名”Bufo属”、”トキシン”は毒を意味します。

滅多なことでは毒を出さないようですが、皮膚につくと炎症を起こし、口にすると神経系・循環器系に重大な障害を生じ、幻覚・嘔吐・下痢・心臓発作などが引き起こされ、最悪の場合は死に至るとされています。

いやいや、ヒキガエル恐るべしです。

幸い草刈り中だったの手袋をしていましたから、いろいろと触ってみましたが、毒は出しませんでした。

もし、素手で触るようなことがあれば、必ず手洗いをしたほうがよさそうです。

ちなみに、自然観察園では毎年2月から3月にかけてトンボ池でヒキガエルが産卵しています。

ヒキガエルの蛙合戦、今から楽しみにしています。


  1. 2016/09/25(日) 15:47:51|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然観察園の両生類 モリアオガエル(森青蛙)、カスミサンショウウオ(霞山椒魚)


moriaogaeru-rankai20160619kansatsuen.jpg
▲去年と同じ気に産みつけられたモリアオガエル(森青蛙)の卵塊

午前中に自然観察と田植えを予定していましたが、あいにくの雨で参加者もなく事務所に詰めていました。
午後、雨も上がり、自然観察園を訪れる方もちらほら、と、モリアオガエルが去年と同じ木に卵を産んでいました。
カエルも見たかったんですが、姿もなく、鳴き声も聞こえません。
でも良かった。

moriaogaeru-rankai20160619kansatsuen2
▲卵が産みつけられた木

田植えを予定していた田んぼ(湿地)を覗くと、カスミサンショウウオの幼体をたくさん発見。

明日は、世羅西中学校の生徒さんが世羅の自然探究学習のために来園されるので、いろいろ紹介できそうです。

kasumisanshouo20160619kansatsuen.jpg
▲田植えを予定していた田んぼのカスミサンショウウオ(霞山椒魚)

kasumisanshouo20160619kansatsuen2.jpg  
▲手にとるとこんな感じ

  1. 2016/06/19(日) 17:47:23|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トノサマガエル(殿様蛙)

tonosamagaeru-tamago20160424.jpg
▲湿地に産みつけられたトノサマガエル(殿様蛙)の卵塊(らんかい)

観察園の湿地を歩いているとカエルの卵を見つけました。
大きさは20cm~25cm、既に発生が進んでいて、ゼリー状の卵塊のなかの卵はオタマジャクシの形に変わりつつありました。
さて、この卵は一体どのカエルが産んだものでしょうか?

湿地では既に体長2cm~3cmほどになったニホンアカガエル(日本赤蛙)やヤマアカガエル(山赤蛙)のオタマジャクシが泳いでいます。

そういえば、つい一週間ほど前、トノサマガエルが良く鳴いている日がありました。
「グッグッグッ、ゴッゴッゴッ」と、たくさんのオスのトノサマガエルがメスを呼んでいました。

tonosamagaeru20160419.jpg
▲トンボ池のほとりにたたずむメスのトノサマガエル

おそらく、卵はトノサマガエルのものでしょう。
それにしても、管理人の住んでいる尾道市御調町よりもかなり早い産卵です。

管理人も50aほどの田んぼでお米を作っていますが、うちの田んぼでもたくさんのトノサマガエルが産卵します。
でも、それは1ヶ月先の話。
今、田んぼではレンゲ(蓮華)が満開で、蜜や花粉を集めるたくさんのハチで賑わっています。

renge20160426.jpg
▲レンゲ(蓮華)が満開の管理人の田んぼ

mitsubachi20160426.jpg
▲レンゲの蜜を吸うセイヨウミツバチ(西洋蜜蜂)

田んぼに水を入れるのは1ヶ月後。
トノサマガエルは、水の無いレンゲの田んぼでその時を待っています。
カヤネズミ(萱鼠)も、レンゲの田んぼで子育ての準備をしているかもしれません。

カエルに限らず、田んぼを住み家とする多くの生き物は、人の営みと深くかかわりながら命をつないでいます。
  1. 2016/04/28(木) 11:31:03|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒキガエルのオタマジャクシ

hikigaeruotamajakushi20160415.jpg
 
コバノミツバツツジが満開のトンボ池では今年もヒキガエルのオタマジャクシが育っています。
 
hikigaeruotamajakushi20160415b.jpg
 
理由はあるんでしょうが、ヒキガエルのオタマジャクシは群れて行動するようです。
大勢で水草の茎にむしゃぶりついています。
茎に付いた藻類なんんかを食べてるんですね。
池の岸辺近くにいるので、容易に観察できます。
湿地の方にはアカガエルのオタマジャクシがたくさん育っています。
シュレーゲルアオガエルやトノサマガエルも鳴いてます。
この週末は、自然観察園でカエル観察というのはどうでしょう。

なお、管理人は明日はお休みをいただきます。
明後日、日曜日は出勤しますので、公園管理センターへお気軽にお声かけ下さい。
ご案内致します。

  1. 2016/04/15(金) 16:35:17|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モリアオガエル卵塊

昨日観察会
自然観察園のため池で
モリアオガエルの卵塊が見つかりました!


モリアオガエル卵塊


1卵塊だけですが、
自然観察園で見つかったのは
今年が初めて。

先週、見学に来られた方が、
モリアオガエルの卵塊を見たと言っておられたのですが、
今回、確認することができました。

春には公園内で成体も見つけていますし、
これからモリアオガエルが定着、増えてくるものと予想されます。


世羅台地の里山が“森”へと変わってきている、
そんな自然のサインの1つなのかもしれませんね。





広島ブログ
  1. 2015/06/21(日) 18:17:37|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ