FC2ブログ

せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

自然観察園におけるモリアオガエル産卵記録(2020年6月)

覚書です。
年々増えてるモリアオガエルの卵塊ですが、今シーズンは次のような結果になりました。

初見6月11日トンボ池に2卵塊。

6月13日になるとトンボ池には8卵塊、アサザ池の柳の木には4卵塊観察しました。

年々増えています。

ふれあいロードを走っていると、黒渕の田んぼのほとりの木にも卵塊を見つけました。
  1. 2020/07/25(土) 16:28:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒョウボラ(ヒョウモンモドキボランティア体験)を募集しています

hyoubora20200405.jpg

↑ヒョウボラの皆さん 2020年4月5日(日)

陽気に誘われヒョウモンモドキの幼虫が活動を始めました。これからエサの準備など、幼虫のお世話が必要になります。
そこで、ヒョウモンモドキをお世話していただく“ヒョウボラ”を募集します。
軽作業で、子どもから大人まで、どなたでもできる内容です。気軽に参加してください。
・日時: 2020年4月11日(土)10:00~12:00(☂小雨決行)
・場所:せら夢公園自然観察園(管理センター集合)
・定員10名程度
・その他:ヒョウモンモドキ保護の会といっしょに作業します・
・お申込み:℡0847-25-4400
 申込みフォーム(リンク)では24時間受け付けています。


  1. 2020/04/08(水) 12:04:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里山セミナー「サギソウの湿地を整備しよう」(2019年12月8日)

seibi20191208kansatsuen-5.jpg

↑整備に参加して下さったサポーターズと福山大学海洋生物学科阪本研究室のみなさん
 
12月恒例の貧栄養湿地の整備を行いました。
(春からフェイスブックの投稿だけで済ませていましたが、投稿を再開します)

 
seibi20191208kansatsuen-1.jpg
↑サギソウが好きな貧栄養状態を保つためには、草刈りと刈草を湿地の外へ持ち出すことが欠かせません。
 
参加していただいたのは、サポーターズクラブと福山大学海洋生物学科の皆さんを合わせた総勢22名です。
 
seibi20191208kansatsuen-6.jpg
↑整備中の林内から刈った木を持ち出していきます。福大のみんなありがとう!
 
いつもの湿地の草刈りに加え、今回は春から進めている林内の整備行いました。
鬱蒼とした林を、昔のような林床まで日の光が届く明るい森に戻すことが目標です。
福山大学阪本研究室の阪本先生と同研究室の4年生の皆さんに協力してもらい、刈り払って林内に集めておいた木々を外に持ち出す作業を行いました。
 
akisanshouuo20191208kansatsuen_20191214094336f37.jpg
↑見つかったアキサンショウウオ。最近の研究でカスミサンショウウオは9つの種に分類されることになりました。この日整備作業に参加していただいた福山大学阪本研究室が行ったDNA解析の結果、自然観察園に生息しているのはアキサンショウウオであることが分かりました。
 
作業は2時間ほど行い、そのあとはカスミではなくなったアキサンショウウオを林内で探しました。
探したポイントはサンショウウオが産卵場所としていつも利用している水辺の近くです。
結果、成体3頭、今年生まれの未成熟の個体1頭を見つけることができました。
 
seibi20191208kansatsuen-4.jpg
↑最上級の猪肉をたっぷり入れたトマト鍋。キノコとトマトの水煮いがいは肉も野菜も全部世羅産
 
seibi20191208kansatsuen-3.jpg
↑猪肉のバーベキューも堪能しました。
 
tomatonabe20191207.jpg
↑トマト鍋の材料。右下の赤いのが猪肉
 
整備作業の後はランチタイム。
猟友会の堀川隊長にご提供いただいたイノシシ肉を使ったバーベキューとトマト鍋です。
数日前に捕獲したという猪肉はとびきり上等の味で、あっという間に6キロ近くの肉がみんなの胃袋に収まりました。
 
次回のセミナーは2020年2月2日(日)。
「エヒメアヤメの里山を整備しよう」です。
ひろしま森づくり安全技術・技能講習推進協議会「ひろ森自あん」との共催で、チーェンソウを使った安全な里山整備について学びます。
子どもたちには生き物探しや森の遊びで楽しんでもらう予定です。(現時点での予定です。詳細は12月末までに確定します)
1.日時:2020年2月2日(日)9:00~12:00
2.場所:せら夢公園自然観察園
3.内容:
①チェーンソウを使った安全な伐倒、里山整備についての実習
②森遊び、自然観察(子どもたちには生き物探しや森の遊びで楽しんでもらいます)
4.対象:
①チェーンソウを普段使っている方、薪ストーブユーザーなど
②森で遊ぶ方はどなたでも
5.申込み・参加費:近日中にアップします。

  1. 2019/12/14(土) 09:41:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の撮影会

noibara20180909kansatsuen.jpg
↑雨の日だからこそできる水の玉

雨の中、広島市内からカルチャーセンターの写真講座の皆さんが来園されました。

satsueikai20180908kansatsuen2.jpg
↑総勢20名

あいにくの雨でしたが、「雨だからこそ撮れる写真がある」とは講師の先生の弁。

皆さん、雨も忘れて撮影されていました。

皆さんも、雨の観察園に来てみませんか?

mamakona20180908kansatsuen.jpg
↑皆さんは湿地のサワギキョウを狙ってましたが、林縁ではママコナが咲いてました。
  1. 2018/09/09(日) 17:29:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然観察園の整備作業

shicchi-seibi20180217kansatsuen.jpg
↑サギソウが咲く湿地の枯れ草刈り

2月17日(土)、自然観察園は久しぶりに大勢の人出でにぎわいました。

この日集まったのは、せら夢公園サポーターズ、ヒョウモンモドキ保護の会、NPO法人広島世羅マルベリークラブ、それと世羅町シルバー人材センターのみなさんの総勢16名。

それぞれ、サギソウの咲く湿地の枯草の草刈り、ヒョウモンモドキ飼育ハウスの修繕、3月3日(土)に予定している”せら里山楽校”で使用する茅刈を行いました。

お昼は、作業日定番のうどんランチ、作業は大勢でやると楽しいイベントになりますね。

次回は3月4日(日)に行うヒョウモンモドキ飼育ハウスの修繕、3月18日(日)は自然観察園内の草刈りです。

次回のランチは世羅産イノシシ肉入りのミネストローネ(具だくさんのトマトスープ)の予定です。

みんな来てね!

kaya20180217kansatsuen.jpg
↑刈った茅は、3月4日のせら里山楽校で行う茅葺の竪穴式住居づくりに使用します。

kaya20180217kansatsuen2.jpg
↑刈って束ねた茅の一部。

lunch20180217kansatsuen.jpg
↑作業日のランチの定番、煮込みうどん

lunchi20180217kansatsuen2.jpg
↑お天気が良かったのでソトメシも楽しみました。

lunch20180217kansatsuen3.jpg
↑頼もしい助っ人、世羅シルバー人材センターのみなさんとボランティアスタッフ


  1. 2018/02/24(土) 14:03:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロケットストーブで焼いた安納芋の石焼き芋

sweetpotato20180212kouen.jpg  
↑冬に管理事務所脇に設置しているロケットストーブで焼いた安納芋の石焼き芋

今日も雪です。

こんな日は、暖かいものを食べたくなりますね。

というわけで、石焼き芋ができる特製ロケットストーブで安納芋を焼いてみました。

rocket stove20180212kouen
上の蓋を取ると石が入れてあって焼き芋ができる構造になってます。

サツマイモは掘ってすぐよりも、時間をおいたほうが甘く美味しくなるので、今が焼頃。

2時間ほど焼くと、黄金色に輝く安納芋の石焼き芋ができあがりました。

rocket stove20180212kouen2
↑ロケットストーブ上部につくられた石焼き芋装置の様子

来週2月18日(日)は恒例の”夢とんど”を開催します。

この日も焼き芋焼こうかな?

yumetondo20180212kouen.jpg
↑今朝の夢とんど
  1. 2018/02/12(月) 11:54:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初雪

yukikuma20180103kouen2.jpg
初雪が降りました。

今日は朝から風もあって、昨日と比べると気温が低い一日でした。

午前中、ほんの少し雪がちらついていたかと思ううと、一時過ぎに夕立のように急にあられが降り出しました。

公園の人気者、アメリカクロクマの背中もあっという間に白くなりました。

yukikuma20180103kouen.jpg

10分ほどするとあられは牡丹雪に変わりました。

とはいいながら、雲の切れ間に青空が見えているので、積もるほどは降らないかもしれません。

yuki20180103kouen2.jpg

明日も開園していますが、ご来園される際は冬用タイヤの装着をお忘れなく。
 

  1. 2018/01/03(水) 13:14:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の活動

↑ 

10月28日(土)は今年のゆめ農業講座の最終日でした。


この日の内容ももりだくさんで、以下の内容で行いました。

第10講座「野良仕事がつくる”田の虫サイコウ!”」
第11講座「”田の虫サイコウ!”のための”田の草サイコウ!”」
最終講座「私の”田の虫サイコウ!”」

集合場所は、キキョウやオミナエシなど、今では消えつつある草花が数多く残っている世羅町黒川地区で、草花が自生する畦畔管理、ため池の堤の管理などについて、農業法人くろがわ上谷の重津組合長と、同地区のため池や農業用水路の保全に取り組む黒川上谷夢クラブの年宗代表からお話を聞きました。

黒川地区には昔の姿を残した古い農業用のため池が数多く残っており、池の堤の法面は年1回程度の粗放的な草刈りが多様な植物を守っていることを学びました。

10月下旬にもかかわらず、草刈りが遅かった場所ではキキョウが紫色の花を咲かせていました。

見学のあとは農業法人の事務所に場所を移し、30年以上にわたる松沢さんの有機農業についてご紹介いただきました。

松沢さんは




少し大きい文字 続きを読む
  1. 2017/11/30(木) 16:19:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来訪者

オオイヌノフグリの花に訪れる虫

ビロウドツリアブ

早春に見られる
ビロウドツリアブでしょうか。


花から花へと忙しく訪問していました。




広島ブログ
  1. 2015/04/03(金) 18:19:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

里山整備を行いました

昨日は、せら夢公園サポーターズクラブの
里山整備活動を行いました。

前回のつづき、
メダカ池近くの天然湿地エリアの伐採です。

作業前


里山整備


作業後

里山整備


作業中

里山整備


大きくなったソヨゴの木などを伐り出し
里山整備ができました。

水がしみ出して来ている筋の奥には、
湿地が顔を出してきました。


里山整備

整備して日光が当たるようになると、
湿地の植生が復活してくるのではないかと
期待しています。




広島ブログ
  1. 2015/03/23(月) 17:45:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ