せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

田んぼの生き物観察会


tanomushikansatu20160823otani2.jpg
▲ビオターニで田の虫を探す少年

8月23日(火)、世羅町小谷で田んぼの生き物観察会が開催され、管理人も参加させていただきました。
主催は、ダルマガエルやギフチョウの保全に取り組んでいる伊尾小谷たえクラブです。

あいにく、他の行事とかさなったためか、参加者は少なめでスタート。

とはいっても、あれよあれよと言う間に、いろんなものが集まりました。

tanomushikansatu20160823otani.jpg
▲大人の方が多かった観察会でした。

ミズカマキリ(水蟷螂)、オオコオイムシ(大子負虫)、マツモムシ(松藻虫)、ガムシ(牙虫)、ヒメガムシ(姫牙虫)、クロゲンゴロウ(黒源五郎)、コシマゲンゴロウ(小縞源五郎)、ヒメゲンゴロウ(姫源五郎)、ゲンゴロウの仲間の幼虫、ヤンマのヤゴ、イモリ(井守)の幼体、ダルマガエル(達磨蛙)の成体とオタマジャクシ、ツチガエル(土蛙)の成体とオタマジャクシ、アマガエル(雨蛙)の成体とオタマジャクシ、トノサマガエル(殿様蛙)、ヒル(蛭)、イナゴ(蝗)など、いろんな生き物がたくさんとれました。

akane20160823otani.jpg
▲稲穂が出始めた田んぼでみつけたナツアカネ(夏茜)とおぼしきカップル(ピントが合ってなくてすみません。稲穂には合ってますね)

ナツアカネとおぼしき赤トンボのカップルが、穂を出し始めた稲の上で産卵をしているような様子も観察出来ました。

アキアカネは暑い夏の間は山へ避暑に行ってしまい、今の時期は見かけることはありません。

一方、避暑に行かないナツアカネは、夏でも林縁や池の周辺などの人里で過ごします。名前も、夏にも見ることができる赤トンボということに由来するともいわれています。

そうはいっても、管理人の印象では、産卵はもう少し稲が色づいた頃なので、少々驚きました。

日中はまだまだ暑い日が続いていますが、朝晩は随分と涼しくなりました。

田んぼの稲も好天が続いたせいか熟れていくのが幾分早い気もします。

世羅町では早くも稲刈りも始まりました。

ナツアカネの産卵が早い気がするのも、そんな季節の進み具合が影響しているのでしょうか?



  1. 2016/08/25(木) 15:22:29|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キセルアザミ(煙管薊)が生えた農業用水路


kiseruazami20160820kurobuchi3.jpg
▲ヒョウモンモドキ(擬豹紋)の食草となるキセルアザミ(煙管薊)が茂る農業用水路(世羅町内)

自然観察園の草刈り人のもう一つの目標は、絶滅の恐れのある蝶・ヒョウモンモドキが生息できる環境を園内に再現することです。

具体的には、園内の水路や湿地の畦ぎわなどにヒョウモンモドキの食草であるキセルアザミが自生し、林縁や散策路のほとり、湿地の畦道の法面などにヒョウモンモドキの蜜源となるノアザミ(野薊)が咲き誇っている姿です。

そのお手本となる場所が近くにありました。

圃場整備(正確には「基盤整備」といいます)が行われ、農業用水路はU字溝でできていますが、水路の両側にはキセルアザミが茂っています。

昔を知る人から、「ヒョウモンモドキは田んぼのまわりで飛んでいた」という話を聞いたことがあります。

圃場整備が行われる前までは、多くの水路は土水路で、山間の水路にはキセルアザミがたくさん茂っていたことでしょう。

そんな時代は牛や人が農作業の主役で、草は資源として利用されていました。草刈りのために草を刈るのではなく、牛小屋の敷草や餌として、あるいは焼いた灰を肥料にするために草を刈っていました。

その結果、農家が意識することなく、秋の七草、ノアザミ、キセルアザミが生育する風景が広がり、その中で、人の営みに寄り添うようにヒョウモンモドキは命をつないでいたことでしょう。

今では牛もいなくなり、有機農業に取り組む一部の農家を除いて肥料は購入する農家が大半で、草刈りはただ草を刈るためだけで何も生み出さないただの作業になってしまいました。

どうせやらなくてはならないことなのですから、美しい景観をつくり、絶えそうな生き物の命を蘇らせる草刈り仕事をなんとか復活させなければなりません。

現在、ヒョウモンモドキの生息地の管理で最も重要な作業の一つは、ノアザミやキセルアザミが自生する場所の草刈りです。

草刈りをしないでおくと、ノアザミやキセルアザミは他の草に負けてしまうからです。

ですが、自然観察園全体の管理を行いながら、「ノアザミとキセルアザミのためだけの草刈りに時間を割くのは難しい」、というのが新米管理人の実感です。

というわけで、余計な手間をかけずにニ種類のアザミを増やすためには、普段から草刈りが必要な場所で、なおかつ生育に適したところを選択しようと思っています。

nippon-no-satoyama20160716nhk8_201608201628059ac.jpg
▲NHKBSの番組「ニッポンの里山」で紹介されたノアザミを残すこだわりの草刈り(田打)

ノアザミであれば遊歩道の脇や溜池の堤の法面、キセルアザミであれば、湿地に沿うように配置されている水路の脇、水がしみ出ている林縁や畦の法面です。

冒頭紹介したキセルアザミがたくさん茂っている田んぼの脇の水路は、まさに自然観察園が目指すべき場所でした。

こんな場所が世羅台地にある田んぼの周辺のいたるところで復活すれば、ヒョウモンモドキの危機的な状況も少しは良くなっていくのではないかと感じています。
  1. 2016/08/20(土) 17:08:24|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草刈り人の目標


kurogawa20160819ike.jpg
▲自然観察園が目標にしている溜池の堤

今日は草刈りをお休みして黒川の溜池に行ってみました。

この場所は過去のブログでも紹介されていて、管理人も10年ほど前から知っている大好きな場所です。

田んぼの稲は穂を垂れ色づき始めていました。

目指す溜池には、昔と変わらず、たくさんの花が咲いていました。

この池は江戸時代には既に造られていた古いものですが、今では水は貯まらず、溜池としては利用されていません。

しかし、今では希少となったキキョウやオミナエシが、ワレモコウ(吾亦紅)やハギ(萩)、ススキ(芒)などとともに池の堤を覆っていました。

かつては池の底で、今では湿地となってる場所には、サギソウ(鷺草)やホザキノミミカキグサ(穂咲きの耳掻草)、サワギキョウ(沢桔梗)を見ることが出来ます。

kurogawa20160819ike2.jpg
▲ワレモコウの向こうにはサギソウが咲く湿地が広がっている。

使われなくなった溜池とはいえ、草刈りが行われているからこそ、秋の草花も絶えずに残っています。

この池より更に上部ある溜池は昭和になって造られた物のようですが、堤にはキキョウ、オミナエシ、ワレモコウ、ハギなどがたくさん咲いていました。

こちらの池の堤も年に数回草刈りが行われているようです。

kurogawa20160819ike3.jpg
▲現役の溜池の堤にもキキョウ、オミナエシ、ハギ、ワレモコウが普通に咲いている。

また、別の池には、これまた希少なヤマトミクリ(大和実栗)が自生しています。

yamatomikuri20160819kurogawa.jpg
▲溜池に自生するヤマトミクリ。

一方、田んぼの畦はというと、こちらは丁寧に草が刈られていて、大部分がチガヤ(茅萱)で覆われています。

kurogawa20160819tanbo.jpg
▲田んぼの畦はチガヤの草原

池の堤と比較すればよくわかりますが、秋の七草などを増やそうと思うと、草刈りの頻度はかなり少なくする必要があります。

まだまだ草刈りが続く自然観察園ですが、闇雲に刈るのではなく、今日訪れた黒川の溜池の堤のような状態を早く実現したいと思っています。





  1. 2016/08/19(金) 17:01:53|
  2. 公園管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オミナエシ(女郎花)


ominaeshi20160817kansatsuen.jpg
▲自然観察園のオミナエシ(女郎花)

多くはないのですが自然観察園にはオミナエシが咲きます。

言わずと知れた秋の七草のひとつですが、キキョウ(桔梗)同様、自然のものはなかなかお目にかかりません。

あるところにはあるのですが、それは草刈りをする人が意識的に残したものであることが多いようです。

ということは、草刈り人が花だけではなくて葉や茎の形も知っているということ。

世羅を車で走っていると、そんな草刈り人の仕事に出会うとがあって、嬉しい気持ちになります。

kikyou20160818kurobuchi.jpg
▲公園近くの道端で見つけたキキョウ

つい昨日も、公園近くで初めて通る道のほとりに、キキョウとオミナエシが咲いている場所を見かけました。

草花を愛でる草刈り人の仕事です。

というわけで、管理人は今日も朝から草刈りに精を出しました。

tonboike20160818kansatsuen.jpg
▲ウッドデッキまで刈り終えました。(昨日の写真と比べて見るとよくわかります)

トンボ池の法面にも手をつけ、結果、池のほとりの東屋からの眺めも良くなりました。

azumaya20160818kansatsuen2.jpg
▲眺めの良くなった東屋

ちなみに、オミナエシの名の由来を調べて見ると、語源は「女飯(オミナメシ)」。
小さな花を飯粒になぞらえ、綺麗な黄色い花を女性に見立ててつけられたといわれています。
一般的な漢字表記である女郎花の女郎は女性の意味だそうです。

標準和名:オミナエシ(女郎花)
分類:マツムシソウ目 オミナエシ科 オミナエシ属

  1. 2016/08/18(木) 17:15:07|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草刈りとカヤネズミの巣


kayanezumi-su20160817kansatsuen.jpg
▲草刈りの最中、ススキ(芒)の株で見つけたカヤネズミ(萱鼠)の巣

今朝も午前中は草刈りに精を出しました。

草を刈るといろんなものが見えてきます。

そのひとつがカマキリ(蟷螂)です。

うじゃうじゃカマキリが湧いて出てきます。

ときおり、ニホンアカガエルも飛び出します。

kusakari20160817kansatsuen.jpg
▲草刈りを終えたトンボ池の堤の斜面。画面左奥に見えるススキの株にカヤネズミの巣を発見。

結果、昨日からとりかかったトンボ池の堤の法面のセイタカアワダチソウ(背高泡立草)を午前中にほぼ刈り終えることができました。

と、ススキ(芒)の株にカヤネズミ(萱鼠)の巣を発見。

どうやら、春の子育てに使われた巣のようです。

カヤネズミは秋にも子育てをしますから、園内には場所を決めてススキを残しています。

子育てが終わった頃に、ススキの株を調べようと思います。

この後の草刈りはというと、トンボ池の周りの斜面をやる予定です。

傾斜がきつい斜面もある上に、セイタカアワダチソウの他、クズ(葛)もはびこっていますから、けっこう難儀しそうです。

今度は何が見つかるんでしょうか?

tonboike20160817kansatsuen.jpg
▲クズやセイタカアワダチソウのはびこるトンボ池
  1. 2016/08/17(水) 17:06:43|
  2. 哺乳類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ