せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

夢とんど

yumetondo20170219kouen.jpg 
▲”夢とんど”とご来園者

2月19日は夢とんど。

天気は晴れ、公園はうっすらと雪化粧をした朝を迎えました。

ashiato20170219kouen.jpg
▲雪に残された獣の足跡

水たまりには氷も張っていました。

と、頭上からヒバリ(雲雀)と思われるさえずりが聞こえてきました。

”揚げ雲雀”とも呼ばれる、雄の縄張り宣言です。

agehibari20170219kouen.jpg
▲写真中央、青空を背景にした黒い小さな影がヒバリ

まだまだ寒い世羅台地ですが、一雨ごとに暖かくなっていることを感じます。

アカガエル達の産卵といい、揚げ雲雀といい、確実に春に向かって季節は移ろっています。

yumetondo-mamemochi20170219kouen.jpg
▲自然観察園で育てたもち米でついた豆餅をふるまいました。後方のテントではせらワイナリーがホットワインを販売。










  1. 2017/02/20(月) 13:37:03|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第14回せら里山楽校「茅葺の竪穴式(風)住居をつくろう!」


satoyamagakkou20160304.jpg
第14回『竪穴式住居をつくろう!』

里山のおもしろさ、楽しみ方を提案してきた“脱温暖化プロジェクトせら”
今回は、早春の生きもの観察と、
自然観察園で刈り取ったカヤを材料にして茅葺の竪穴式(風)住居作りに挑戦します。
みんなで楽しみながら作りましょう♪

竪穴式(風)住居づくり体験終了後(15:00~16:00)、”カスミサンショウウオの話”を行います。講師は内藤 順一さん NPO法人西中国自然史研究会副理事長)。カスミサンショウウオをはじめとする県内の両生類についてお話をしていただきます。(場所:せらワイナリー足湯館)


※2月22日(水)9:00~12:00に、竪穴式(風)住居の材料を確保するため自然観察園のススキを刈ります。
参加できる方は、せら夢公園管理センター(延安)までご連絡ください。
なお、軍手など作業のできる服装でお越しください。

日 時:平成29年3月4日(土)9:30 ~ 14:30
場 所: せら夢公園 管理棟前 集合
講 師:内藤 順一さん(NPO法人西中国山地自然史研究会副理事長)
              兼丸 一美さん(世羅農芸)
              延安 勇 (せら夢公園 自然観察園主任)
内 容:開校式
    1時間目 理 科:自然観察(カスミサンショウウオやアオガエルの卵を見つ けよう)
    2時間目 実 習:竪穴式(風)住居づくり<前半>
    3時間目 給 食:世羅の恵みご飯(薪炊飯)
    4時間目 実 習:竪穴式住居づくり<後半> 
         体 育:憩いの広場の巨大岩やワイヤーロープで遊ぶ
    放課後  理 科:広島県内のカスミサンショウウオ・両生類について
            (会場:せらワイナリー足湯館会議室)
 
持参物:野外活動のできる服装、長ぐつ、帽子、軍手、タオル、水とう、
    マイはし、マイカップ など
参加費:小学生1人500円、中学生以上1人1,000円(昼食代・保険料など)
定 員:40人(先着順) ※ 小学4年生以下の方は保護者同伴でお願いします。
お申込み締切り:平成29年2月28日(火)まで
お問合せ・お申込み:世羅町役場環境整備課0847-22-4513
          TEL 0847-22-4513 担当携帯 090-2905-2879(村瀬)

  1. 2017/02/12(日) 11:43:13|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマアカガエル(山赤蛙)の産卵

 yamaakagaeru-pair20170206kansatsuen2.jpg
▲田んぼとして利用している湿地で見つけたヤマアカガエル(山赤蛙)のカップル

昨日は朝から雨。

この時期の雨の日は、アカガエルたちの産卵日和です。

今朝の夢公園は、雪がちらつく寒い朝になりましたが、自然観察園の湿地を見回ってみました。

すると、案の定、卵塊が増えていました。

湿地の中をよく見てみれば、卵塊だけでなくヤマアカガエルのカップルの姿もあります。

 yamaakagaeru-pair20170206kansatsuen.jpg
▲背中に乗っているのがオス。下のメスは体長約8cm。

近くには、オスのヤマアカガエルも見つかりました。

耳を澄ませば、鳴き声も聞こえます。

これから一雨ごとに、春が近づき、アカガエルたちの卵塊も増えていきます。

yamaakagaeru-osu20170206kansatsuen.jpg
▲オスのヤマアカガエル

ちなみに、ニホンアカガエルとヤマアカガエルを合わせた卵塊数は以下の通りです。

1月30日  1個
2月2日   3個
2月6日  14個
合計    18個


  1. 2017/02/06(月) 15:56:31|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢とんど

yume-tondo20170219kouen3.jpg

2月19日(日)、せら夢公園のとんど”夢とんど”を開催します。

皆さん、ぜひお越しください。

夢とんども出来上がり、準備万端です。

あとは、当日まで風や雪で倒れないことを祈るだけです。

yume-tondo20170203kouen.jpg 
▲せら夢公園の駐車場に姿を現した”夢とんど”

  1. 2017/02/03(金) 17:40:06|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初卵

 nihonakagaeru-tamago20170130kansatsuen2.jpg
▲ニホンアカガエル(日本赤蛙)の生んだものと思われる卵塊

一週間前と打って変わって、昨日の日曜日は雨、気温も高めでした。

ということは、そろそろアカガエルたちの恋の季節到来か?と思っていたら、案の定、午前中、自然観察園の湿地からヤマアカガエル(山赤蛙)と思われる鳴き声が聞こえてきました。

予想的中です。

卵は水を張りっぱなしの園内の田んぼで見つけることができました。

tanbo-sanranbasho20170130kansatsuen.jpg
▲卵塊を見つけた自然観察園の田んぼ

卵塊を手に取ってみると、粒粒がはっきりして、しっかりとした感じです。

おそらく、ニホンアカガエルの卵塊だと思われます。

nihonakagaeru-tamago20170130kansatsuen.jpg
▲ニホンアカガエルのものと思われる卵塊

これから、一雨ごとにアカガエルの仲間の卵が見つかることでしょう。

産卵を終えたカエルたちはというと、再び冬眠して春を待ちます。
  1. 2017/01/30(月) 16:54:22|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ