せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

”せら里山楽校”を晩秋の里山を満喫


satoyamagakkou20161126satoyama.jpg
▲ワイナリーの裏山にある巨石で岩登り(ボルダリング)。岩の上からは世羅ユリ園、玄武岩ドームの高山(左)早山ヶ城(右)が見えます。

朝は大霜でしたが、雲ひとつない好天に恵まれた”せら里山楽校”。

管理人は初めての参加でしたが、大方の方は常連の方々。

開校式のあと、大人クラス、子どもクラスにわかれて晩秋の里山を満喫しました。

管理人は子どもクラスを受け持ちました。

子どもクラスの午前中の授業は秋の里山散策です。

管理人の予定していたルートは、メイン会場となるワイナリーの裏山からいったんワイナリーにもどり、車道わきの歩道を歩いて公園管理センターを経て夢見山を登り、ここから自然観察園に抜ける林内の散策路を歩くというものでした。

が、校長先生の勧めで、ワイナリーには戻らず、山道伝いで直接夢見山へ向かうことになりました。

この道を歩くのは管理人にとっては初めてでしたが、校長先生は歩いたことがあるそうなので安心して出発しました。

が、校長先生が歩いたのは何年も前の話で、当時とは様子がずいぶん変わっていました。

道は途中ワイナリーの浄水場を囲むフェンスにつきあたり、やむなくルートは変更。

里山散策は道なき道を進む里山探検といった趣に変わりました。

こどもたちは大喜びですが、ついてくるお母さんたちは少々困惑気味。

それでもなんとか自然観察園にとたどりつき、メイン会場へもどることができました。

昼食は野外料理とは思えない豪華版です。

osinagaki20161126serasotoyamagakkou.jpg
▲せら里山楽校の豪華給食のお品書き

シェフは楽校の主催者であるせらマルベリークラブのSさん。

shimo20161126serasatoyamagakkou.jpg
▲おにぎりを握るシェフ

ダッチオーブンを使ったチーズたっぷりのポテトグラタンなんてのもありました。

午後は山に登ってブランコや岩登りを楽しんだり、椎茸の植菌をして楽しく過ごしまし
た。

buranko20161126serasatoyamagakkou.jpg
▲天空のブランコ

satoyamagakkou20161126satoyama2.jpg
▲椎茸の植菌。トントン種駒を打つのが楽しい。キノコが出るのは夏を二度越してから

satoyamagakkou20161126satoyama3.jpg
▲山口県周南市の安藤公門さんの(写真中央白い帽子の方)「糞は資源だ!里山生活とトイレの話」も聞くことができました。後方ではシェフがデザートの焼きリンゴを製作中。左後方ではマシュマロを焼くための火をおこしています。


次回は2月、トンドが行われる予定です。




  1. 2016/12/01(木) 12:13:15|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湿地の管理を学ぶために岡山へ出張

shicchi-kenshu20161123okayamaken-shizenhogo-center.jpg
▲岡山県自然保護センターの西本さん(右端)から貧栄養湿地の管理について説明を受ける

11月23日(水)、サポーターズクラブの中島さん、せら夢公園の同僚である竹内さん、広島市植物園の井上さんと岡山県自然保護センター(岡山県和気町)重井薬用植物園(倉敷市)へ、湿地の管理を学ぶために訪問しました。

自然観察園は開園して9年目を迎えていますが、貧栄養湿地では一番の見どころであるサギソウやトキソウの生育の邪魔するチゴザサやイグサが目立ってきました。

これも自然のなりゆきとして経過を見守る手もあるのですが、毎年サギソウを楽しみに多くの方に公園を訪れていただいていますから、できればサギソウの咲き誇る湿地を維持しなくてはと考えています。

そのためには、湿地に足を踏み入れ雑草を抜き取らなければなりません。

ですが、湿地には守らなくてはならないサギソウの株がたくさんがたくさんあり、除草のためにサギソウを踏みつぶしては元も子もありません。

というわけで、自然観察園の湿地を造成する際のお手本にさせていただいている場所で湿地の管理を学ぶことにしました。

そのひとつが岡山県自然保護センターです。ここでは、1991年に貧栄養湿地とやや富栄養な二つの湿地が造成されています。

mokei20161123okayamaken-shizenhogo-center.jpg
▲センター棟に展示された公園の模型。青く見えるところはセンター内のため池で、赤線で囲んだ場所が人工的に造成された湿地のエリア

ここで、植物の研究者で湿地の管理と調査を担当されている西本さんから、いろいろと教えていただくことができました。

主な点は以下のとおりです。(間違っていたらごめんなさい)

・目指すべき湿地の姿を明確にする

湿地は遷移する、変わり続けるものなので、それを観察できる湿地にしてあまり手を加えないという管理もある。不自然かもしれないが、サギソウやモウセンゴケなどの貧栄養湿地特有の植物が優先する湿地を目指すのであれば、これらの植物の生育の妨げとなる植物は常に除去すればよい。

・除草について

サギソウは球根が損傷を受けなければ再生する。踏みつぶすことがあっても球根へのダメージは少ない。
天然の湿地はイノシシの泥浴びなどの攪乱を受けることで状態を維持している。除草の際の足跡や除草に伴う表土の持ち出しは適度な攪乱になり、表土が持ち出された場所も年とともに植生が再生される。
高茎草本はミズゴケの好む日陰をつくりミズゴケが増える。ミズゴケが旺盛になると高茎草本は枯れ、やがてミズゴケも減っていく。ミズゴケを増やさないためには高茎草本を除去することが必要。ただし、アカマツ、イヌツゲ、レンゲツツジなどは湿地の木本科植物なのでセンターでは除去していない。ハンノキは増えるので根ごと抜き取っている。
除草せずに遷移に任せた場合、10年経過すると絶滅する種が生じてくる。センターでは湿地を6つのエリアに分け、一ヶ所は手を入れない場所とし、残りのエリアを5年ごとに除草している。これにより除草後の5年間の移り変わりを一度に観察することができる。

・貧栄養湿地を維持するには水を富栄養化させない
水に溶け込む栄養分の供給源となる広葉樹はできるだけ取り除き、アカマツとツツジが優先する森をつくる。ただし、裸地になるようでは蒸散量が増し湿地への集水量が不足する。

ushigaeru-ami20161123okayamakenshizenhogo-center.jpg
▲ため池のウシガエルを捕獲するためのモンドリ(地獄網)

もうひとつの訪問場所・重井薬用植物園では、園長の片岡さんより園内を案内していただきながら湿地の管理について教えていただきました。

・湿地の管理
毎年冬に除草し、刈り草は全て湿地の外へ持ち出している。

・木道を設置する際の留意点
木道は水の流れに対して直角になるように設置する。日陰になる木道の下は植物が生えにくいため、木道を水の流れと並行に設置すると木道の直下に水路ができて湿地全体に水が行き渡りにくくなる。

kenshu20161123sigeiyakuyoushokubutuen.jpg
▲刈った木は虫の棲み処にする。こんな感じで積んでおくと転がしておくより見た目がいい





  1. 2016/12/01(木) 11:04:36|
  2. 公園管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマス飾り、ミニ門松をつくろう!

satoyamacraft2016winter.jpg


12月のイベントご案内です。

詳細はこちらをダウンロードしてください。↓

クリスマス飾りをつくろう
12月4日(日)13:00~15:00
参加費 100円

ミニ門松をつくろう
12月17日(土)10:00~12:00
参加費300円

皆さんのお越しをお待ちしています。

  1. 2016/11/25(金) 18:13:42|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほだ木づくり

konara20161122kansatsuen.jpg
▲ほだ木にしたコナラ(小楢)。直径20cm弱で樹齢30年ほど

11月26日に開校する”せら里山楽校”のキノコ作り室で使うコナラのほだ木に植菌用の穴をドリルであけました。

用意できたほだ木は50本。

直径20cm弱のコナラの年輪を数えると樹齢は約30年でした。

ご存知のようにコナラは植えかえなくても切り株からはひこばえが芽吹き再び成長しますから、30年後にはまたほだ木や薪として利用できることでしょう

50本ど穴をあけ、残りは当日参加者に開けてもらうことにしました。

oozoumushi20161122kansatsuen.jpg
▲オオゾウムシ(大像虫)と比較のために写したボールペンの先

作業を終えて倉庫へ帰ると大きなゾウムシを発見。

オオゾウムシです。

口の先から尾までの長さは2cm強。

管理人の家の近くでもたまに見かけます。

ゾウムシの作りがよくわかって、なかなか見ごたえがあります。

kishitsutsuji20161122kansatsuen.jpg
▲椎茸のほだ木作りをしたログハウス近くに咲くキシツツジ(岸躑躅)

  1. 2016/11/22(火) 17:43:40|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WOOD JOB!! The eazy life in KUROBUCHI.

hodagi20161120kansatsuen.jpg
▲今日は”WOOD JOB"。園内の山林で椎茸のほだ木をつくりました。

金曜日までは”草刈りの人”として過ごしておりましたが、今日からしばらくは木こりになります。

というのも、11月26日(土)に開校する”せら里山楽校”の子ども教室で椎茸の植菌体験をやることになり、自然観察園の山で椎茸の原木用のコナラ(小楢)を伐ることにしたからです。

椎茸菌を植えるほだ木はホームセンターでも売っていますが、自然観察園の散策路沿いの山林には椎茸のほだ木に適したコナラがたくさんありますから、これを利用しない手はありません。

端材は薪にすることもできます。

数日前、根元の径が20cmほどのコナラを4本ほど伐っていたので、今日はこれを1mほどの長さに切り分ける作業を行いました。

結果、3時間ほどかけて約30本のほだ木が準備できました。

明日は、ドリルでほだ木に駒菌(たばこのフィルターサイズに成形したコナラに椎茸の菌を植え付けたもの)を埋め込む穴を開ける予定です。

当日は、ほだ木に駒菌を埋め込む作業や、ほだ木にドリルで穴をあける作業を体験してもらいます。

他にも楽しい体験メニューを用意しています。

みなさん、是非お越しください。

ishigame20161120kansatsuen.jpg
▲自然観察園の散策路を歩くイシガメ(日本石亀)を発見。左前方の茂みの向こうにあるトンボ池を目指しているのか?

【作業】
11月20日(日)椎茸のほだ木づくり(3時間)
  1. 2016/11/20(日) 17:33:47|
  2. 公園管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ